人気ブログランキング |

タグ:お宿 ( 6 ) タグの人気記事

*福井/勝山* ホテルハーヴェスト 勝山


スキージャム勝山というスキー場併設のホテル。今年で10周年だとか。
(写真はホテルのHPより拝借)

お部屋 ♪
最大で4人まで泊まれるお部屋で、小さいシングルベッドが2つと、ソファーベッドが2つ。洗面台・バス・トイレ付。別途、ホテルには大浴場もあります。マットレスは可もなく不可もなく、です。
ここのテレビもBSが入っていたが、NHK総合の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で移植外科医の加藤友明ドクターが出ていて、思わず見入ってしまった(これについては後日書きます)。

お食事 ♪♪
朝食、夕食ともバイキング(バフェ)で、お惣菜(きんぴら、ひじき等)、おそば、お寿司、サラダ、デザートと和洋ともそろっていて、おいしかったです。ソフトドリンクやコーヒー紅茶は料金内。アルコールは追加料金。
レストランは天井が高く(4-5階分くらいありそう)、席数はざっと300席くらいかな。でもゆったりしています。

サービス ♪
バイキング時にお皿をさげるタイミングが妙に早かったのが気になりますが、放置されるよりはこの方がいいかな。

お湯: 法恩寺温泉 
泉質は、中性等張性温泉(含硫黄-ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉)。透明で匂いはありません。
ホテルの宿泊客に加え、スキーのみで泊まらない人の利用も見こんでいるため、かなり大きい、温泉大浴場。ジャグジー、寝湯、立ち湯、露天風呂とあります。シャワー数はざっと50はありそう。

前日が、かけ流しのいいお湯だったのでギャップがあったが、大きいお風呂で手足を伸ばせた、ということでよしとします。

お値段 $$$$
たまたま、ここに来た日は、特割スキープランの適用対象日だったこともあって、1泊2食・リフト1日券(4,500円相当)付で、15,750円!

ひとこと
スキー場併設だと、板を持って歩かなくてよく、滑りたいなと思ったらすぐに滑れるのでいいですね。

行き方
えちぜん鉄道勝山駅から、ホテルの送迎バスで20分くらい。 福井駅からの送迎もあります。 いずれも1日3便のみ、要予約。

ホテルハーヴェスト 勝山
住所: 〒911-0000  福井県勝山市170-70
電話: 0779-87-0109
URL: http://www.harvestclub.com/Un/Hotel/Jk/

(2010年1月23日記)

by smthng-new-evrydy | 2010-01-18 23:45 | 旅行(上記以外)

*福井/越前海岸* かけ流しのお湯が自慢  国民宿舎 鷹巣荘

2泊目は、100%源泉かけ流しのお湯が自慢の国民宿舎 鷹巣荘(たかすそう)にお宿を頂きました。国民宿舎に泊まるのは初めてなので、興味津々。

国民宿舎とは
日本国民の誰もが低廉で快適に利用できることを目的として1956年に制度化されたもので、自然環境に優れた休養地に建てられた宿泊施設・休憩施設。設置運営主体は大きく2種類あり、1つは地方公共団体(公営)、もう1つは一般旅館等で財団法人国立公園協会が指定したもの(民営)。現在、公営は140施設。
今回お世話になった鷹巣荘は福井市が運営する公営のもの。
- 公営国民宿舎  http://www.kokumin-shukusha.or.jp/
- 民営国民宿舎  http://www.minkoku.com/
(写真は鷹巣荘のHPより拝借)


お部屋 ♪
6畳くらいのお部屋で、海側である北西を向いています(宿舎は海沿いに立地)。晴れの日だと美しい夕焼けを見られそう。お部屋には洗面台あり、お手洗い・シャワーなし。なぜかテレビは薄型テレビで、BSが入ってました。我が家にはテレビがないので、なんだか新鮮。
お布団の上げ下ろしは各自。
お部屋ではお茶を頂いて睡眠をとる、というコンセプトからすれば、過不足ない設備。

お食事 ♪♪
- 夕食: ビジネスコース 刺身膳
海老の入ったお味噌汁、お刺身、焼き鯖とお魚づくしの刺身膳。白いご飯はおかわり自由。
お刺身がとても脂が乗っていて、おいしかった。冬の醍醐味ですな。

- 朝食
焼き鯖再び登場。これがとても美味しいのだ。白いご飯は、夕食時と同様、おかわり自由。ご飯のお味も◎。

サービス ♪♪
食堂につくや、スタッフのおばさま達がテキパキと明るくご対応くださる。そうこうするうちに支配人がご挨拶にお見えになり、お湯のことやお宿自慢等、さらっとお話になる。私の親世代であろう支配人、とてもフットワークが軽く、目立たぬように館内を回り目を行き届かせていらっしゃるようにお見受けした。ほのぼのとした中にもきちっとした雰囲気があるのは、あの支配人のお仕事の結果だなぁと思いました。

お湯 ♪♪
アルカリ性単純温泉(PH9もあるそうです)。透明で匂いはありません。既述の通り、100%源泉かけ流し。地下150m位のところにある源泉からお湯を引いてきて、加温・加水ともになし。
(写真は公営国民宿舎のHPより拝借)

少し低めのお湯、高温のお湯、露天の3つからなります。高温の方は42℃以上はありそうで、私には無理でした・・・。お肌がツルツルになりますし、お湯をあがってからのポカポカ感の持続が長いです。お湯だけ頂きに通う方もいらっしゃる、というのがうなづけます。

支配人から、飲用も可(胃腸を強くする効果あり)と伺ったので、100%かけ流しだから大丈夫かな、と思い、少しだけ飲んでみました。私の胃には少し刺激が強かったのか、飲用後30分ほど違和感がありましたが、なんだか効いてそうな気がします。

お値段 $$$
お料理によって値段は異なりますが、6,480円(ビジネスコース)~約3万円(蟹のフルコース)。
私は前泊で蟹をたくさん頂いたので、ここではシンプルにビジネスコースにしました。チェックアウト時に2人分の精算のお値段を見て、1人分かと思うほどでびっくり。

ひとこと
鷹巣荘はお湯自慢の国民宿舎なのでお湯がいいのはもちろんなのですが、その他お食事やお部屋も、旅行中のお宿の設備に基本的には豪華さを求めない私の指向からすれば、とても満足のいくものでした。普段はベッド生活なので、お布団の上げ下ろしすら非日常で、学生時代の部活の合宿を思い出して楽しかったりするし。
旅の目的に合わせて、上手に国民宿舎を活用するのは賢いぞ、と思った次第。

行き方
福井駅から徒歩5分ほどの所にあるバス乗り場の4番乗り場から出る15番のバスにて、約50分のみの浦にて下車。下車後、バス通りと垂直に海の方に向かう道を下ること約5分。

国民宿舎 鷹巣荘
住所: 福井県福井市蓑町3-11-1
電話: 0776-86-1111
URL: http://www.takasusou.jp/

(2010年1月23日記)

by smthng-new-evrydy | 2010-01-17 23:41 | 旅行(上記以外)

*京都/網野* "羽衣荘"

活松葉蟹のお宿、羽衣荘。お宿のご主人によれば、丹後で、今でも唯一の活松葉蟹料理専門店。「冷凍ズワイガニを足一本でも使用していればお代は一切いただきません」と言い切っているのも羽衣荘だけ。

女将さん曰く、お宿は40年ほど前にいまのご主人のお父様が始め、16年前から今のご主人が活松葉蟹の提供を始めた、とのこと。旅館の入り口左側には水槽があり、そこでご主人が選んだ松葉蟹くんたちが泳いで?!います。

お部屋 ♪
10畳くらいのお部屋に、簡単な洗面台とお手洗い付。食事は全てお部屋食。お風呂は共同の温泉のみで、お部屋にはシャワーは付いていません。お部屋は広めですが、その他はこじんまりしていて、全体的にとてもこぎれいです。
お部屋からは、琴引浜がすぐそばに見え、日本海の波を間近に見ることができます。

豪華な設備は全くありませんが、その分のパワーや資金を全てお料理につぎ込んでいらっしゃるのは、お食事でわかります。旅の目的が、贅沢豪華な設備を楽しみたい、という場合には不向きですが、蟹を食べたい、という目的ならばっちりです。

お食事 ♪♪♪
ディナーの活松葉蟹は、こちら
b0123441_111924100.jpg写真は、朝食です。いやぁ、これもまたおいしいのですわ。夜に大量に頂いて夢に突入しただけであまり消費していないはずなのに、ついついお箸が進んでしまう。前回御邪魔した際は、前日に食べ切れなかった蟹を使って朝食に一品加えてくださいました。

サービス ♪♪♪
網野駅までの送迎は、お嬢さんのご主人らしき方が担当してくださいます。
お食事のサーブも手際よく、お布団もあっという間に引いてくださる。とても居心地のいいお宿です。

お湯 ♪♪
アルカリ性単純温泉。透明で匂いはありません。
鉱石の強い温泉だそうで、肩こりや神経痛に効果があるとのこと。心なしか、肩が軽くなった気がします。
女性の方はシャワーが4つ。湯舟もちょうどいい大きさ。私は貸切状態で、のんびりできました。

お値段 $$$
潮騒コース付の1泊2食にて、27,300円(平日)or 29,400円(土曜)


羽衣荘
住所: 京都府京丹後市網野町掛野琴引浜
電話: 0772-72-0624
URL: http://hagoromoso.jp/j/

(2010年1月22日記)

by smthng-new-evrydy | 2010-01-16 23:57 | 旅行(上記以外)

The Lucerne New York

かつてミッドタウンのホテルに泊まった際に、二重窓にも拘らず夜中のゴミ収集車のあまりのうるささに閉口した経験と、留学中に住んでいたアッパーウエストに戻りたいとの希望から、出張中の滞在ホテルは79丁目&Amsterdamの交差点にあるホテル、The Lucerne New Yorkにしました。

お部屋
b0123441_832273.jpgベッドの大きさ、数等により8種類のお部屋があります。チェックイン時に、どのビューを見たいか、と聞かれ、西(ハドソンリバー方面)か北、と答えたら、どうも空き部屋があったようで、追加料金無しでアップグレードして頂けました。予約したのは一番狭いSuperior Queen Roomでしたが、おそらくDeluxe Double Roomに泊まれた模様。マットレスは私好みの固めで、且つ表面は少し柔らかく身体を包み込んでくれるので、あっという間にぐっすりでした。

1階ロビーとお部屋の内装は茶系でシックにまとめていて、私の好みだったのですが、各階のエレベータを降りてから部屋までの廊下の感じが、ちょっと残念。グリーンを基調としているのですが、ちょっと安っぽいのです・・・。


サービス
お部屋には、無線LAN、コーヒー自由、CDプレーヤー、大きいテレビがあり、新聞は、New York TimesかUSA Todayのいずれかほしい方を頂けます。ホテル内には、ジム(6am-10pm)、ビジネスセンター(24h)、スパがあります。

朝食は、1階にあるNice Matinの15% OFFチケットを頂けます。オープンカフェで、明るくていい感じ。


【お薦めポイント】
- 地下鉄1番の79th street駅から徒歩2分。短めの1ブロック。
- River Side Parkまで3ブロック、Central Parkまで4ブロック(79thで一直線には行けません。)。
- 付近にはレストラン等が多く、お向かいにDuane Readeがあり、お水等の調達にも便利。1階のNice Matinも感じがいいです。
- ミッドタウンの比にならない静かさ。
- H&H BagleやZabersまでも2ブロック。

The Lucerne New York
住所: 201 West 79th Street New York, NY 10024
電話: (212)875-1000 or (800)492-8122
URL: http://www.thelucernehotel.com/

by smthng-new-evrydy | 2009-06-25 22:30 | New York(上記以外)

Blue Lantern Inn

Dana Pointには数多くのホテルがありますが、どちらかというとこじんまりとしたかわいらしいB&Bが好きな私達は、ちょっとお高いけれどRitz等よりはお手ごろな、Blue Lantern Innに2泊しました。

お部屋
b0123441_16102476.jpgお部屋は広さや海側か街側か等によって4種類に分かれますが、私はPacific Edge Guestroomをチョイス。このお部屋の特徴としては、なんと言ってもプライベートパティオ(写真の上半分に少し写っています)と大きなジェットバスです。浴槽は、身長162cmの私が首まで寝そべることができるくらい大きくて、お湯を張って、備え付けのバスソルトを入れて、ジェットを楽しめます。

サービス
各お部屋には、暖炉、冷蔵庫、ソーダ・コーヒー自由、バスローブ、DVDプレーヤーがあり、DVDは借り放題、自転車無料レンタル、朝食、午後のワインサービス等あり。滞在型でゆっくりするのにぴったりのお宿。

私は体験しませんでしたが、ここはスパがあり、ボディマッサージやフェイシャルがあります。また、スパだけほかのホテルに行くというのもありです。

【お薦めポイント】
- とにかく景色が抜群 (海側のお部屋は必須!)。
- Harbourは徒歩でもアクセス可能。自転車を借りて行くのも楽しい!
- 朝食、午後のワインともおいしい。
- 近所の各レストランのメニューがホテルにおいてあるので、事前に見られる。
- お部屋がキュート。女性向けかな?
- 気候が穏やか。夏の気温は15℃~24℃、冬は7℃~18℃
(http://www.danapoint.org/index.aspx?page=51より)

ロサンゼルス国際空港から車で1時間~1時間半で到着できる、別世界。東京からなら、3泊5日の休暇で、日本からでも来たいな、と思える、そんな素敵なリゾートです。写真は、↓のホテルのサイトからどうぞ。

Blue Lantern Inn
住所: 34343 Street of the Blue Lantern, Dana Point, CA 92629
電話: (800) 950-1236
URL: http://www.bluelanterninn.com/

by smthng-new-evrydy | 2009-05-27 23:17 | 旅行(米国内)

Pacific Life Open

カリフォルニア州Indian Wellsで開催中のPacific Life Openにテニス観戦に行ってきました。会場へは、LAからFreeway/I-10を約120マイル(約190km)東進すること2時間弱で到着。

チケット購入時点ではどのコートで誰の試合が行われるかわからないのですが、せっかく生の試合を見るのだから選手を近くで見たい、ということで、期間中通しで買う人以外はかなりコートから遠い席しか買えないメインスタジアムではなく、スタジアム2のコートから近い席のチケットを購入。この判断は「あたり!」で、目の前で繰り出されるサーブやため息の出るプレイに感動!

私はスポーツ写真の撮影に(フラッシュは禁止ですが撮影自体はOKでした)、テニスを愛する同行者はプロ選手のプレイ一つ一つに、それぞれ集中。とても勉強になりました。

チケット
スタジアム2 エンドラインの真横、前から2列目 (1列目はプロのカメラマン用の席のようです)
このチケットで、メインスタジアム以外のスタジアムの前から約10列目以後の席にも座れます。メインスタジアムには入れません。

観戦した試合
観戦した順に一口メモ。
- [11] A Murray (GBR) d J Melzer (AUT) 36 63 63 @Stadium 2b0123441_169550.jpg
マレー選手はまだ若いこともあってか、短気をおこしがちな試合でしたが、ミスが少なかったです。ただ、あまり攻めることなく、危なげない試合運びだったので、無難に勝ち進むとは思うものの、見ている側としてはもう少し攻めのプレイも見せてほしかったです。
メルツァー選手は、フォームが美しく、丁寧に試合を運びつつ攻めるという印象でした。ちなみに、彼は一部テニスファンから「メタボ」との指摘があるようですが、実際のところそんな感じではなかったです。






- [15] A Bondarenko (UKR) d [17] A Mauresmo (FRA) 61 62 @Stadium 2b0123441_16144765.jpg
今回見た、唯一の女子の試合。体格を見るとモレズノ選手の方が強そうなのですが、彼女は非常にミスが多かった(特にボレー)のに対し、ボンダレンコ選手はリターンが非常に正確、フォアハンドストロークもとても強力で、殆どミスなくポイントを重ねていた感じです。
この試合の数時間後に練習コートで練習している彼女を見ましたが、私が見ていた15分間、全く休みなく練習相手・コーチと打ち続けていました。これからどこまで世界ランキングを上げられるか、注目していきたい選手です。






- [WC] M Ancic (CRO) d [12] F Gonzalez (CHI) 75 36 63 @Stadium 2b0123441_1617387.jpg
アンチッチ選手は、195cmの長身と長い手足を生かしていましたが、今ひとつインパクトに欠ける試合運びだった気がします。
一方ゴンザレス選手は、劣勢の局面でも攻めのプレイを続け観客としては面白かったです。ちなみに、タイム中、彼の応援団がサッカーさながらに応援しており、これに慣れない観客がものめずらしそうに見ていました。

- M Fish (USA) d [31] I Andreev (RUS) 64 63 @Stadium 2
最初の方しか見ていませんが、ずっとストロークでつないでいて、前に出たりしないので、退屈してしまい、Stadium 3へ移動してしまいました。

- [23] I Ljubicic (CRO) d M Cilic (CRO) 76(7) 75 @Stadium 3
同胞同士の試合。この時点で既に午後9時を回っており、気温はおそらく摂氏10度以下。この試合の後に米国で人気のブライアン兄弟のダブルスが予定されていたこともあり、席取りのためにこの試合を見に来ている観客が多く、早くこの試合終わってくれと言わんばかりに、ルビチッチ選手がポイントを重ねる毎に大声援が送られていました。ルビチッチ選手もそれをわかっていたのか、試合終了後ボールにサインもせずそそくさと退場。米国の観客の容赦なさを垣間見た気がします。

- [1] B Bryan (USA) / M Bryan (USA) d M Baghdatis (CYP) / S Wawrinka (SUI) 46 63 11-9 @Stadium 3
今回見た唯一のダブルスの試合。実は私もブライアン兄弟目当てにこの試合を見たのですが、バグダティス・ウォリンカ組は、ダブルス専門ではないにも拘わらず(というより、後日、シングルスで対戦。ウォリンカ選手が勝利。)意思疎通がうまくとれていて、いい試合でした。彼らはフランス語で話していたので何を言っているのかわかりませんでしたが・・・。ウォリンカ選手の方はボレー(特にバックボレー)が絶妙で、彼のボレーでとったポイントが多かった気がします。

- [4] N Davydenko (RUS) d [WC] J Isner (USA) 62 76(3) @Stadium 2
ダビデンコ選手は修行僧のように、何ら声・音を発せず黙々と美しいフォームで彼のテニスを魅せてくれました。派手さはないですが、とくにサーブの美しいフォームに感動。

お泊まり
Renaissance Esmeralda Resort & Spa
44-400 Indian Wells Lane
Indian Wells CA 92210-8708
Phone: 760-773-4444
Fax: 760-346-9308

プール、テニスコート、ゴルフ場が完備され、SPAもあります。SPAのメニューにはスポーツマッサージもありました。

ちなみに、練習コートでの練習も見せて頂いたTsonga選手もこのホテルにお泊りでした♪
b0123441_16194468.jpg

by smthng-new-evrydy | 2008-03-16 22:38 | スポーツ