カテゴリ:未分類( 50 )

"パイレーツ・ロック / The Boat That Rocked" (2009)

目黒シネマ2本建てのもう1本は、パイレーツ・ロック。 1960年代に実際に存在した、イギリス沿岸から3miles沖に停泊した船にあったラジオ局を舞台にしたストーリー。反骨の精神ロック、ということで、ハチャメチャ。とりわけシニカルで、ハチャメチャで、斜に構えていて・・・、という「いかにもイギリス人」的なムード満載の映画です。



流れるロックがとってもよく、サントラが欲しいなぁと思える映画。1960年代なのに、新しい。だから、新しい、のかな。

今日見た映画は、いずれもPG12でした。これって何かと思ったら、映倫が付けている年齢制限の1つだとか。
 G: 誰でも観賞可
 PG12: 12歳未満の年少者には保護者の助言・指導が必要。PG=parental guidance
 R15+: 15歳以上は観賞可。 R=restricted
 R18+: 18歳以上は観賞可。

2本とも、小学生にはちょっと早いんじゃないの?っていう気がする内容でしたが、 いまどきの小学生はおませさんなんだろうか。「助言・指導」って一体どんなの?っていうつっこみもあるしなぁ。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-06-12 23:40

"(500)日のサマー((500) Days of Summer)" (2009)

目黒シネマの今週の2本建てのうちの1つ、ラブコメの(500) Days of Summerを見てきました。

ヒロインのSummer演じるZooey Deschanelも、Tomを演じるJoseph Gordon-Levittも、英語学習用CDよろしくの聞き取りやすい英語で、英語のお勉強にもなりました~。
ここでも彼らの対談を聞くことができます)

ラブコメなので、考えさせられる話とかはないわけですが、運命destinyを信じるか、単なる偶然Coincidenceと考えるのか、なんて永遠のテーマも背後にあったりして。私は素直じゃないので、正面から運命を信じるわけではないけれど、偶然があまりに重なるというのは運命なんだろうな、って思ったりする。相方には「わかりにくすぎる」と反論されましたが。

ロサンゼルスが舞台となっているので、懐かしい光景がたくさんありました。Tomお気に入りの公園、そこからのビルの眺め、地下鉄、バス、アムトラック(電車)の車内・食堂車、オフィスの風景 etc etc。LAを離れて1年弱が経ち、ちょっとでもいいから戻りたいモードにある私には、タイムリーな映画。あんまり懐かしくて、気がついたら涙が出てたけれど。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-06-12 23:29

大哺乳類展 陸のなかまたち


今年の3月から上野の国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展 陸のなかまたち」。 週末はとても混雑していると噂を聞いていたので、平日にお休みを取って行くしかない!と思っている間に、残り1週間を切ってしまいまいました。たまたま案件繰りの関係で今日の午前中だけならお休みできそう、ということで、急遽行って参りました!

剥製や骨の見本がたくさんある、と聞いてはいましたが、本当~にたくさん。いろいろなお勉強をしてきました。

・ 有蹄類(=蹄を有する哺乳類)は、主に偶蹄目(ウシ目)、奇蹄類(ウマ目)、長鼻目(ゾウ目)から成る。ウシ目(ウシやシカ等の祖先)は陸上の殆どの環境に進出し今も繁栄しているのに対し、ウマ目(ウマやサイ等の祖先。)はかつて繁栄したが今は絶滅の危機にある。

・ ウシ科の角は洞角といわれ、枝分かれせず1本、ツルツルしている。一方、シカ科の角は枝角で、枝分かれするし、毛の生えた皮膚で覆われている(時期が来ると皮膚が取れる)。
b0123441_164055100.jpgb0123441_16411997.jpg

b0123441_1645311.jpg・ ホッキョクグマは、早く泳げるように、身体全体が流線型になっている。頭が小さい! 右の写真の左手前に移っているのはツキノワグマ。ちっちゃいです。

この展覧会は、特にダメといわれていないところ以外は自由に写真撮影ができるので、メモをせずにiPhoneでいろいろ撮れて楽しかったです。平日の午前中のお客さん層は、修学旅行生とリタイア後のご夫婦、それに大学生らしきカップルが殆どで、私みたいに午後から会社行きます~みたいなビジネススーツ来た人は皆無でした・・・。そりゃそうだ。


平日の休暇について
仕事を始めた直後は、典型的日本人的感覚の私は、学校の授業はよほどのことがない限り休まないのと同じで、会社というところも、1週間休暇の旅行や病気といったどうしても、という用事がない限り、休暇を取るべきではない、と当たり前のように思っていた。それは学生気分だったということのほかに、団塊の世代のど真ん中にいる父親がサラリーマンとして働いていた時代はそれが当たり前だったから、かもしれない。

でも、同期の女性で、仕事以外の自分の時間のために有給休暇を利用している子がいて、彼女はお仕事もきちんとこなし、自分の世界も充実。そんな彼女を見ていて、「そっか。有給休暇って権利だもの。学校を休むときのような理由がなくたって、休暇使ったっていいんじゃん。」ということに気がついた。

米国で暮らして、ますます「個」を意識し、組織との距離感を保ちたいという意識を持った私は、仕事が許す限り自分のために時間を使うことは、引け目を感じるのではなく、むしろ奨励すべきことだと思うようになった。とはいうものの、周りの人々は、上司を含め、言動から察するに「体調が悪いとか、家族のためとか、健診に行くとか、そういう理由以外で休暇を取る」ことに違和感を覚える人が多いので、今回の午前休も単に「用事があります」といって取得。「用事」ですから! (とはいえ、権利を行使するのに、なぜ理由を言わなければならないのか、よくわかりませんが。)

午後に会社に行くと、午前中にこなさねばならない仕事は予定通り発生しておらず。精神的に満足すると、こんなにも仕事がサクサク進むものか、と嬉しいびっくりを実感した午後でした。

(2010年6月13日記)
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-06-08 13:16

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of May 21 to June 3
b0123441_20562164.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-21 20:56

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of May 14 to May 20
b0123441_23515920.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-14 23:51

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of May 7 to May 13
b0123441_2351667.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-07 23:47

"The Blind Side"(2009) 「しあわせの隠れ場所」

2009年のNFLドラフト1巡目でボルチモア・レイブンズに指名されて入団したマイケル・オアー(Michael Oher)の実話。彼の後見人(legal guardian)となった夫人役のサンドラ・ブロックは、ゴールデングローブ賞を受賞。

あらすじ等は公式サイトに譲るとして。

米国社会のいろいろな闇、矛盾をシニカルに描きつつ、そんな中でもこういう成功ストーリーが現実にあるのよ、という、いわゆるアメリカン・ドリーム的なストーリー。
・根強く残る、Colorによる差別、社会的地位の違い、住み分け
・貧困と薬物中毒
・家族の離散
・フラッシュバック
・けんか
・銃
・粗悪品 (エアバッグのくだり)
・公務員の怠惰っぷり

サンドラ・ブロック演じるリー・アンの勇気ある強い女性っぷりは小気味良くかっこよく、オアー選手と家族の交流は心温まるし、名役者揃いで音楽もよく、映画作品としてはとっても素晴らしい。でもだからこそ却って、米国が抱える上記の各問題が浮き出て見えたし、これを見る白人は、黒人の有能な若者のためにいいことをした白人を誇りに思い酔いしれるのだろうか、という気もした。これを見た南部の黒人は何を思うのだろうか、と複雑な気にもなった。

と同時に、人種云々は別として、子供の才能を見出し、伸ばす場を提供し、挑戦する機会を確保することは、その子の親や周囲にいる大人たちの責務であることを改めて実感。

原題のThe Blind Sideというのは、アメリカンフットボールのクオーターバックの左側にできがちな死角を射す、と解説されているが、その意味のほかに、マイケル少年がリー・アンと出会う前にいた世界や、米国社会の闇の部分等、かなり多義的に使われているように思う。だから、邦題はちょっと作りすぎなんでは、と思った。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-04 23:40

映画2本だて @ 目黒シネマ

GW企画第2弾は、見逃しちゃった映画を見よう~、ということで、名画座である目黒シネマさんに行ってきました。

5月1日からの2週間は、以下の2つのスポーツ系の映画2本立て。ここの映画館は、2本で1500円という設定。
- インビクタス/負けざる者たち 原題:INVICTUS  → 感想
- しあわせの隠れ場所 原題:THE BLIND SIDE  → 感想

座席数は100席程度の小さいシネマです。古いシネマですが、椅子のクッションもよく、2本立てで計4時間半近く座っていましたが快適!
映画のチョイスもなかなかいい感じなので、また来たい感じです。

目黒シネマ
住所: 品川区上大崎2-24-15 目黒西口ビル地下1階   目黒駅西口から徒歩4分ほど
TEL: 03-3491-2557
URL: http://www.okura-movie.co.jp/meguro_cinema/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-04 23:27

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of April 30 to May 6
b0123441_3161544.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-30 23:15

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of April 23 to April 29
b0123441_3144734.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-23 23:13