人気ブログランキング |

LA Metro乗車記 -電車編- (5・完) Purple Line

LA Metro -電車編-の最終回として、Purple Lineに乗ってきました。
b0123441_2245959.jpg
(http://www.metro.net/より転載)

概要
Purple Lineは1993年1月30日に運行を開始。現在は、ダウンタウンの中心駅Union Station駅からコリアンタウンにあるWilsher/Western駅までの全8駅を約13分で結んでおり、Red Lineと同様、全線地下鉄となっています。なお、Union Stationから5駅目のWilshire/Vermont 駅までRed Lineとホーム・線路を共有しています。

車内の雰囲気
b0123441_517594.jpg使用されている車両はRed Lineと同一で、照明の暗さも同じ。Wilshire/Vermont 駅以西は乗客がとても少ないようです。

ひとこと
ロサンゼルス郡交通局(Los Angeles County Metropolitan Tranportation Authority)ことMetroが運営する5つの電車(Purpleのほか、GoldBlueGreenRed)に、これで全て乗車したことになります。これまでの乗車記に書いた通りそれぞれに車内の雰囲気、車窓、乗客に特徴がありとても興味深かったです。

Metroはバスも運営している(というより、バスの方がメイン)のですが、LA在住期間の長い方に聞くところによれば、バスよりも電車の方が安全とのこと。

日本人の乗客を見かけたのは、Gold LineとRed Lineのみ。公共交通機関は危ないのではないか、という漠然とした不安があるからだと思いますが、日中については、少なくとも現時点では問題はないように思います。かつては、公共交通機関に乗るのは車を買うだけの経済的余裕のない人達だったよう(*)で、もちろん現在でも乗客の一部はそうした層ですが、ガソリンの高騰やカリフォルニア州全般における環境問題への高い関心を背景に、私が実際に見たLAでは、車を持っているけれど敢えて電車に乗ることを選ぶ人という乗客層が増えてきているのでは、と思います。

(*)これは、都市によっては現在でも当てはまると思います。例えばアトランタは2007年2月現在ではそうでした。

なお、これまでの乗車記は、特に「平日」との明記の無い限り、休日の日中に関するものです。平日の昼間に急激に危険度が上がることは想像しづらいですが、平日休日を問わず、夜間女性だけで乗車することは、乗車中に限らず乗車前後を含め、どの都市であっても危険度が増すと思われますので、避けられることをお勧めします。

by smthng-new-evrydy | 2008-03-23 18:23 | Los Angeles(上記以外)