人気ブログランキング |

*東京/神保町* 小料理 "嘉門"


あるプロジェクトの大きな山を無事越えた今日、メンバーで、初老の素敵な大将が一人で切り盛りしていらっしゃる、おいしい純米酒とそれに合う美味しいお料理を堪能できるお店に行ってきました。 気分最高なところに、美味しいお酒とお料理ときて、とてもいいお酒の席でした!

お料理 ♪♪
- たこブツ
いきなりおいしいたこブツ登場。やわらかく、でも歯ごたえのいいたこを、絶妙な酸味の酢で合えたもの。ビールが進みます。

- かつおの刺身 辛子と甘醤油で
お刺身の温度まで計算済という一皿。冷たすぎず、でも緩まず。脂の乗ったかつおを辛子をといた甘醤油で頂くと、口の中にかつおの脂と赤身独特のちょっとしたえぐみとお醤油の甘さが溶け合って、口がとろけそう。このあたりで結構ノックアウトされていた私。 これは日本酒を飲みたくなるお味。

- アナゴのてんぷら
一転、こちらはビールにぴったりのてんぷら。アナゴの一本物を、少し厚めの衣でサクッサクに揚げたてんぷらです。大将いわく、季節ごとにいいお魚のてんぷらを出すんだけど、いいものがなければアナゴにするんだとか。 このてんぷらは、一口の音もすばらしく、自分もおいしい、他人が食しているのを聞くのもおいしい、というもの。

- ほうれん草とまつたけ スダチを添えて
ちょっとしたお箸休めですが、スダチで合えるとは、粋ですね。

- 温泉卵とうに、コンソメのジュレ
これがまた、絶品。「ここはフレンチのお店?」と言いたくなるような。
(写真は、上の店内写真とも、食べログから拝借)

- 芋煮
里芋と牛肉、まいたけの芋煮。家庭料理っぽいお味で、ほっこり。

- ビール
- お酒
純米酒を、大将がお料理にあわせて選んでくださいます。青森から始まり、だんだん南下する模様。今の季節は、だいたい、ひやおろしのお酒でした。

雰囲気 ♪♪
細長い店内は木を中心とした内装。「いい味」出してます。

サーブ ♪♪
このお店の予約を取って下さった先輩は、「大将がお一人で、注文取り、調理、サーブをしていらっしゃるので、ペースがゆっくりだけど我慢してね」と言っていましたが、私はもともとペースが遅いので、ちょうどいい感じでした。
お料理も美味しさのポイントとかお話下さり、テーブルの様子もよく見てくださるのでとてもいいサーブだと思います。

お値段 $
お料理は4000円。純米酒は1合500円、ビールは800円。

ひとこと
喫煙可なので、隣に喫煙者がいると辛いかもしれません。が、私の同席者は一人喫煙者でしたが、入り口付近にいたので煙は店外に出ていき、全く気になりませんでした。
お料理の内容は随時変わるそうなので、季節毎に来たくなってしまう!

嘉門
住所: 千代田区神田神保町3丁目1-19
電話: 03-3288-3960
営業時間: 11:30am-なくなり次第終了、5pm-12am(月 - 金)、6pm - 10pm(土)、日祝お休み
(2010年9月26日記)

by smthng-new-evrydy | 2010-09-16 23:12 | グルメ