タグ:Nature ( 9 ) タグの人気記事

秩父御岳山に登ってきました!

GW企画第1弾は、久しぶりの山登りを、ということで、比較的近場で空いていそうな山をチョイス。秩父御岳山に行ってきました。

秩父御岳山
・標高    1081m
・アクセス  秩父鉄道 三峰口駅
・木曽御嶽山の王滝口を開いた普寛上人が開山。普寛上人は、落合が生誕の地であり、登山口の近くにある普寛神社に祀られている。秩父御岳山の名前はこれに因む。

登山開始まで
b0123441_226961.jpg
(路線図は、西武鉄道株式会社のHPより拝借)
池袋駅から朝7時前の西武鉄道特急(レッドアロー号)に乗るつもりでいたが、なんと特急は満席。急遽、急行に乗ることに。飛び乗った急行は、秩父鉄道に乗り入れていていたので、西武秩父駅での乗換えをせずに、秩父鉄道の終点、三峰口(路線図の左下の方。)まで一本で行けることに。秩父はちょうど芝桜のシーズンゆえ、西武線が混雑していた模様で、急行も大繁盛であった。

池袋から終点近くまで、ボーイスカウトの6人組と席が近かった。20kgはゆうに越えるであろう荷物を持った彼ら。いまどきまだこういう子たちがいるんだなぁ、と嬉しくなる。声がわり前の子供のあどけなさの色濃い少年達だったが、会話の内容からどうやら中学1年生かそれ以上のようだった。キャンプを経て、たくましくなってくれよ、と電車を降りた彼らの後ろ姿を見ながら応援。

と、すぐに、三峰口駅に到着。奥秩父観光の起点になっているこの駅で降りる乗客も多いが、大半はバスに直行。山登り客はそれほど多くないらしい。よし、思惑通り。


登山
登山道はいろいろあるのだが、今回は駅から登って、落合へ降りるという、右の図の逆流のコースを取った。

9:50に駅出発。登山道までは、約10分弱の車道歩き。登山道そばで地元のおじ様に「サルが出るかもよ」と声をかけられる。登りの傾斜は結構きついが、リズムよくポンポン登っていった。視界が開けるところはあまりないが、今日のように晴天だと、杉林に囲まれた山道の方が涼しくていい。すれ違うひともまばら、追い越した人たちも20人もいないくらいの人口密度。きつい傾斜の山道が5分以上続いてもうダメーっと言いたくなったときに、タツミチに到着。妙に早い。頂上についたのは、11:10。 手元の本だと3時間かかるとあったが、半分弱の時間で着いてしまった。どうやら飛ばしすぎたようだが、脚にもどこにも異常がないから、よしとする。
(http://yamachizu.mapple.net/yamadetail.asp?mid=99-0099より拝借)

b0123441_12462697.jpg

山頂の神社にお参り。そして写真のような景色を楽しみ、お弁当タイム! 昔はお弁当もそれなりに作ったものだが、最近は手抜き満載。梅干多めのおにぎりと、頂き物のどら焼きとお水のみ。 カップ麺も持ってきていたが、お湯を沸かすのに適当な平らな場所を確保できなかったので、省略。トレイルランをしているカップルを発見。あの急坂を走るとは、脱帽・・・。

11:55に頂上を出発。落合への道は、さらに急勾配。頂上近くは鎖場・ロープがちらほら。そういや、落合から登ってきたおば様が、「急なのぼりばっかりだったわっ」と若干切れかけていたっけ。5分ほどすると、ひたすら急坂を下る道。伐採された杉の枝や、切り倒された杉が山道を邪魔するので、障害物競走の様相。だんだんと太もも前面が張ってくる。ところどころでストレッチするも、あまり効かない。いきおい、口数が少なくなる。

大分おりてくると、山道は沢沿いを歩き、ところどころで沢を渡る。水の音に涼しさを感じ、癒されながら、太ももの疲労を感じつつスピードタウン。1:25、落合到着。下りの所要時間は、手元の本とちょうど同じ1時間半。

落合の近くには温泉があるのだが、本数の少ないバスが1:39に来る(次は2時間後・・・)ので、温泉をスキップしてバスに乗車。20分ほど揺られて三峰口到着。


帰路
秩父鉄道で御花畑駅まで睡魔と闘うこと20分、3分ほど歩いて西武鉄道の西武秩父駅へ。池袋駅行き電車でホームで大勢の人々とともに並ぶこと30分、幸い座席をゲットし、2時間ほど電車にゆられて池袋到着。

じゃんがらラーメンを食べ、本日の山行き終了!


つぶやき
久しぶりにしては、なかなか快適に楽しめた山行きでした。暑すぎず寒すぎず、気候もちょうどよかったです。それでも1リットル近くはお水を消費したので、これ以上暑くなるとお水はもっと必要=重いなぁ。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-02 23:27 | 日本(上記以外)

近所の公園でBBQ!

夏のように気持ちよく晴れ渡った日曜日。
通勤時に通る道から見えて、気になっていた近所の公園、Ernest Debs Regional Parkにて、BBQができるということで、行って来ました。 LAに住み始めて1年半もたつのに、公園でBBQって初めて。

b0123441_12104960.jpgこちらの人はたいてい、グリルで直接お肉を焼いていますが、ずっと外にあるグリルだし、洗ってあるわけでもなさそうなので、私は、お菓子を焼く用の使い捨ての型に穴を開けて使いました。これで充分焼けるし、お野菜が下に落ちることもない。

いやぁ、それにしてもアウトドアの食事っておいしい! 食事の後は木陰でお昼寝。その後、少し公園内をお散歩。

お隣の机には、スーパーから直接やってきた風の家族4人。子供2人は遊んで待っていて、両親がテーブルをキッチンさながらに使ってサラダを料理しながら、BBQでとうもろこしを焼き、お肉を焼き、別途持参した卓上用コンロでトルティーヤを焼き、楽しそうにランチしていました。

この公園、入場料も駐車料金も利用料もかかりません。コストゼロです。こういうのを手軽に味わえるって、贅沢な楽しみだなぁと思いました。


ERNEST E. DEBS REGIONAL PARK
b0123441_12111825.jpg住所: 4235 Monterey Road, Los Angeles, CA 90032
電話: (213) 847-3989
開園時間: 日の出から日没まで
URL: http://www.laparks.org/dos/parks/facility/debsEERegionalPk.htm
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-04-05 20:46 | Los Angeles(上記以外)

セコイア国立公園(Sequoia National Park)旅行 2日目ドライブ

b0123441_15302122.gifトレッキングの後は、右の地図の赤線を北西方向にドライブ。

まっすぐ帰るには時間が早かったので、Overlookというキングスキャニオン方面の眺めがよいポイントを過ぎて1マイル弱で右側に現れる横道(地図でいうと、赤線がGrant Grove Village近くで真横になっているあたりで北上し黒線にぶつかるまでの細い道)を入ることに。

右手前方にキングズキャニオン国立公園の山々を見ながら、ゆっくりドライブ。

しばらく進むと、Hume Lakeという湖に到着。
ここはキャンプ場、ガソリンスタンド等があり家族連れで大賑わいでした。この濃い水の色、北の方の秋の湖という感じです。全然風景が違うのではありますが、十数年前に修学旅行で行った十和田湖を思い出してしまいました。
b0123441_440347.jpgb0123441_4374873.jpg

Hume Lakeを過ぎてさらに北上し、地図でいう黒線にぶつかったところで、左折して帰路へ。Grant Grove Villageを通過し、CA-180に入り、公園を後にします。

帰りは、CA-180をひたすら西進し、Fresnoに向かいCA-99に入り南下しましたが、CA-99は北西から南東方面に伸びており、CA-180にて西進+CA-99で南下よりも、CA-180の途中でCA-63を南下してVisalia市に向かった方が距離的には短かったのではないかと思います(三角形の2辺と1辺の比較、みたいなイメージです)。


トレイル巡りもドライブも、ともに大好きな山に囲まれ、何千年も生きている巨大なセコイアに包み込まれ、とても清々しい気持ちになったセコイア国立公園旅行でした!
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-12 23:18 | 旅行(米国内)

セコイア国立公園(Sequoia National Park)旅行 2日目トレッキング

普段はお寝坊さんな私、そして旅行中もその傾向の強い私でも、1泊2日の旅行ときたらそうは言っていられない。
ということで、朝ご飯前のトレッキングからスタート。

1.General Sherman Treeへ
b0123441_493648.jpg世界で最も体積の大きい樹木といわれるGeneral Sherman Tree。このセコイアは駐車場からも比較的近くアクセスがいいので、人が多くなる前の時間に行こう、と朝7時にロッジを出発。

ロッジからGenerals Highwayを南下し、Lodgepole Visitor Centerを過ぎて2マイル弱で現れるWalverton方面への道を左折。0.5マイル程進むと右側にSherman Tree方面への道が見えるので右折。7時半頃、駐車場に一番乗りで到着。

General Sherman Treeまでは全て舗装されており、階段と下り坂でどんどん下に下りる。高さ84m、地面の幹の周囲33m、樹齢2200年の木は、さすがに威風堂々としていました。


b0123441_417047.jpg2.Congress Trail
General Sherman Treeから南側に伸びるトレイル。これも途中までは舗装されているなだらかな登り。1マイル弱歩くと、かつての大統領の名前のついたセコイアや上院、下院といったセコイアが並び、とてもかわいらしい地帯です。

一周した後、再びGeneral Sherman Treeを経由して駐車場に戻りました。計2時間弱。

3.朝食を済ませ、Little Baldyへ
b0123441_4221235.jpg10時までというロッジの朝食にぎりぎり駆け込んで、ベーグルやジュース、ヨーグルトを頂き、チェックアウトを済ませた後、Generals Highwayを4マイルほど北上。車3-4台分程度の小さな駐車場しかないトレイル口を見つけ、停車。一路、Little Baldy(標高8044ft / 2452m)へ。ガイドブック等には載っておらず、地図だけを頼りに登りましたが、これはあたりでした!

登りはじめは、そこそこの斜面ですが、針葉樹に囲まれた道は山登り気分。15分ほどすると途中から石ころ道に変わります。さらに20分ほどすると一旦平らな道になり、木もまばらで太陽の光が気持ちのいいお散歩道。そんな道を6-7分ほど歩くと最後のちょっとした登り。ここで一気に視界が開ける! 頂上に大きな石があるので、勿論そこに上って景色を眺めながら日向ほっこ。

とそこで、シカのカップルを発見、角の感じからして、まだ生まれて1年か2年しか経っていないかな、と思われるシカさん。いずれも写真中央に写っています(左側の写真が彼女、右側が彼氏です)。
こちらを警戒しつつも、マイペースに草を食みながら、私達の前を通過していきました。b0123441_4222667.jpgb0123441_4223696.jpg
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-12 23:06 | 旅行(米国内)

セコイア国立公園(Sequoia National Park)旅行 Wuksachi Lodge

本日のお宿は、セコイア国立公園内にある唯一のロッジ、Wuksachi Lodge

b0123441_4542787.jpg写真に写っているのはWuksachi Lodgeのダイニングとチェックイン・チェックアウトをするところで、実際に泊まるのはここから歩いて3分ほどのところにある3棟のロッジ。駐車場はこの写真のすぐそばとロッジのそばの両方にあります。ロッジはそれぞれ2階建で全102室。

お部屋のタイプはスタンダード、デラックス、スーペリアの3種。私はスタンダードにしましたが、クイーンサイズのベッドが2つ、小さい丸机にいす2つ、テレビ、冷蔵庫完備。とっても広いです。水周り、暖房、ベッドともに◎です。もっと山小屋っぽいところを想像していたので、拍子抜けしました(部屋に戻るなりバタンキューだったため、お部屋やロッジの写真がありません・・・)。

予約サイトでは、AAA会員用の割引価格が用意されていて、5~10ドル割引となります。なおチェックイン時にAAA会員証の呈示が必要となるので忘れずに!。

まわりにレストラン等はないので、お食事はLodgepole Visiter CenterかStony Creek Villageのスーパーマーケットで調達するかこちらのダイニングで頂くかのいずれか。私達は、こちらでディナーを頂きました。

お料理 ♪♪
私はPrime Rib、相方はPork Chopの炭火焼を頂きましたが、いずれもソース等で味をごまかすことなく、お肉のお味をしっかり生かして、普通においしかった!山小屋としては出来過ぎなくらい。

雰囲気 ♪♪
ダイニングの天井は高く、奥に石造りの大きな暖炉があって、スキー場のロッジのおしゃれ目レストランという感じ。ご年配のご夫婦やご友人グループが半分くらい、子連れ家族が全体の3分の1といった感じ。全90席。

サーブ ♪
人数の割りにスタッフが少ないためか、予約の時間に行ってもなかなか気付いてもらえなかったり、パンを置くお皿が濡れていたり、取替えをお願いしたらついぞ替えのお皿が出てこなかったり、とサーブはいまいち。しかし、なぜか男女とも美系揃いだったなぁ。。

お値段 $$
2人で、本日のスープLargeサイズ、メインを上記2品、ビール小瓶1本、グラスワイン1杯を頂き、約85ドル(税チップ込)。

Wuksachi Lodge
営業時間: 7:30am - 10am、11:30am - 2:30pm、6pm - 10pm(予約制)
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-11 23:01 | 旅行(米国内)

セコイア国立公園(Sequoia National Park)旅行 1日目トレッキング

お昼前にGiant Forest Museum(標高6409ft / 1954m)に到着。ランチを持参していなかったことに気が付き、4マイル先のLodgepole Visiter Centerへ。ホットドッグで腹ごしらえし、併設されたスーパーマーケットでエネルギーバーを買い込んで、再びMuseumへ戻り、いざトレッキングに出発! この日は7マイル弱、4時間。

1.Moro Rock Trail
Museumから南側に1.4マイル伸びるトレイル。とても緩やかで、セコイアに囲まれた山の中を歩きます。山火事のためか、片面が黒こげになっている木、倒木等も多く、下草も殆ど枯れているため、風景は限りなく茶系。小さなリスが自分の頭と同じくらいの大きさの木の実を必死にくわえて全力疾走しているのを見ながら、のんびり歩を進めます。

トレイルの上方には、並行して道路も走っていて、1.4マイルの終点は駐車場。ここから300段程の石段を登り、つい先ほどドライブしながら眺めていた不思議な形をした石、Moro Rock(標高6,725ft / 2,050m)に登ります。なんとこの階段、1910年代に木造の階段が作られ、その後石段を作ったとか。Moro Rockは写真のような景色が見られる程高いところ。そんな時代に階段を作った先人の好奇心と勇気に脱帽です。
(左側の写真は、Moro Rockの西側、ドライブで通ってきたところ。右側の写真はMoro Rock東側遠方にあるお城みたいに見えるCastle Rocks。)
b0123441_102830100.jpgb0123441_10291421.jpg

b0123441_1450753.jpgMoro Rockに登ることだけに興味があれば、トレイル歩きを省略して、車で駐車場まで行き、そこから300段の石段を登るというのも一案。
でも! トレイルの途中で、Roosevelt Treeという名のついたセコイアを見るため、往復0.2マイルの寄り道をした時、大人のクマさんに遭遇。のんびり草を食んでいるのか探し物をしているのか、のっそのっそしていて、こちらには気が付いていない様子でしたが、かなり大きなクマでした。こういう動物との出会いを期待するなら、トレイルを歩くことをお薦めします♪

2.Sugar Pine Trailを歩きBobcat Pointへ
300段の石段を下りた後、まだまだ時間も体力も余裕があったので、Museumにそのまま戻るのではなく、東方面に向かいぐるっと反時計回りにMuseumに戻ることに。

b0123441_1029225.jpgそこでMoro Rockの駐車場脇から始まるSugar Pine Trailを東進。川に向かってどんどん高度を下げ、川をわたってからは徐々に登ること計1マイル弱。川が近いため湿度が比較的高いのか、暖かいのか、このトレイルは緑の下草が生え、木々にもコケが生えていて、緑な風景。山火事による黒こげも見かけません。

再び川を渡ってからの0.2マイルは、山の頂上付近よろしく、一気に駆け上がり、壮大な眺めのBobcat Pointに到着。この写真は西側の風景で、右上に少し移っているのがMoro Rockです。

ここで少しのんびりしていたら、午後3時をまわっていたこともあり、雲が増え風も出てきました。


3.Crescent Meadow
b0123441_1435103.jpgb0123441_10293324.jpgSuger Pine Trailをくだると、Crescent Meadowという、左の写真のようなちょっとした草原が南北方向に伸びています。草原の周りを囲むようにトレイルが整備されているのですが、今回は東側を北上するルート(約1マイル)を選択。

というのは、落雷で焼け焦げ、真ん中が突き抜けて煙突状になっているChimney Treeを見るため。右の写真は、Chimney Treeの中から撮った写真です。もっと早い時間に来ていたら、青空をバックに素敵な風景だろうと想像しますが、夕方のこの感じも水墨画っぽくてなかなか渋く趣がありました。

4.Huckleberry Trail、Alta Trailを経てMuseumへ
Chimney Treeのあたりで雪がちらほらら舞い始め、雲の量も増えてきたので、残るMuseumまでの2.5マイル弱を怒涛の勢いで歩きました。アップダウンは緩やか。

最後の方で、トレイル近くにいたらしき小熊ちゃんが、話しながら歩いている私達に遠くから気がついてそそくさと山に帰っていく後ろ姿を見かけました。

※クマは、至近距離で人間に対峙するとびっくりして立ち向かってくるが、ある程度の距離で人間を察知すると自ら逃げるそうです。
 なお、クマ生息地帯に出入りする際には食料を持たないことが基本です。どうしても持つ場合には何重にもZip Lockに入れてに空腹のクマさんににおいを察知されないようにする必要があります。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-11 22:50 | 旅行(米国内)

セコイア国立公園(Sequoia National Park)旅行 -1泊2日-

この週末は、1泊2日で、セコイアsequoiaというスギ科の大木が多数自生しているという、カリフォルニア州中部にある国立公園に行き、トレイル歩きと壮大な眺めを楽しんできました。山派の私にはピッタリの国立公園でした♪

セコイア国立公園とはb0123441_333256.jpg
日本で有名なヨセミテ国立公園より南側、デスバレー国立公園の西側に位置する米国で2番目に作られた国立公園(1890年)。現在は、北側に隣接するキングズキャニオン国立公園(Kings Canyon National Park)と一体となって管理されています。公園所在地は、セコイアの生息に最適な気候となっており、多くの大木が自生しています。

また、公園にはクマを含む野生動物が多数生息していて、visiter centerやlodge等で、野生動物に近づくな”Keep wildlife wild”との表示が掲載されています。実際、私も、リス、クマシカに遭遇しました!

公園内では、セコイアの大木や各種ビューポイントにつながるトレッキング、キャンプ、ドライブ等が楽しめますが、現在、Crystal Caveという幻想的な洞窟は雷による山火事のため閉鎖中で、来年5月にオープンの予定です(こちらご参照)。

公園内 概観
b0123441_3401574.gifセコイア国立公園はざっくり言ってひし形をしており、道路(右の地図の赤線)は、左半分の角の付近を縦に走っています。短期滞在の場合、道路を発着するように伸びているいくつものトレイルを巡るのがよいようです(右の地図の紫線がトレイル。ただし、ここに表示されているのはごく一部で実際には無数にあります)。今回は1泊2日と短期滞在なので、これらのトレイルをトレッキングしてきました(1日目はこちら、2日目はこちら)。
(地図は国立公園局のウェブサイト http://www.nps.gov/seki/planyourvisit/placestogo.htm より借用)

時間がある場合には、ひし形の下半分に位置する幻想的なMineral King(右の地図の下の方で横に伸びている紫線)や、右半分に位置する、アラスカ以南では米国最高峰という標高4,421mのMt.Whitney(西側からトライすると数日!!かかる)に行くというのも楽しそう。


ロサンゼルス近郊からの行き方、園内の道路事情
Freeway I-5を北上し、Bakersfield/State Hwy 99 Nの表示のところでCA-99に入り、約100マイルひたすら北上。Visalia Cityに入ってしばらくして現れるExit 96にてCA-198 Eに入り約40マイル東進すると、セコイア国立公園の入り口Ash Mountain Entrance(*)に到着。入園料(1週間有効で$20)を支払うと、そのままGenerals Highwayという名の道路が一本道で続きます。
(*)住所: 47050 Generals Hwy, Three Rivers, CA 93271

b0123441_1032591.jpg公園内に入って1マイルほどでFootfills Visitor Centerに到着(標高1700ft / 518m)。ここでトレッキング用の詳しい地図を購入(3.5ドル)。早速、トレイルを目指してドライブを開始。一本道でどんどん山を上っては下りを繰り返す道すがら、右の写真の不思議な形をした石を頂上にいだく山にどんどん近づきます。この山、妙に魅力的、と思いながらドライブしましたが、数時間後にこの石のてっぺんに登っているとは思ってもみませんでした・・・。
入り口から4マイルほど走った後は、ひたすらくねくね道が3マイル近く続きます。ようやくくねくね道が終わったところで多くのトレイルの発着点となっているGiant Forest Museum(標高6409ft / 1954m)に到着。標高が高いのでかなり気温は低いです。

Giant Forest Museum以北の道路は殆どくねくね道はないので、運転しやすいですが、松ぼっくりが落ちていたり、リスが突然道路を横切ったりするので、要注意です。

園内のガソリンスタンド、食料事情
Ash Mountain Entranceから園内に入ると、ガソリンスタンドはありません。食料を取り扱った場所は、Giant Forest Museumを越えてさらに4マイルほど北に位置するLodgepole Visiter Centerのみです。ここには、ハンバーガーやホットドッグ、フレンチフライ等のいわゆるファストフード店と、スーパーマーケット(サンドイッチ、パン、お菓子、エネルギーバー、缶詰、お土産Tシャツ、ドリンク等)があります。

Lodgepoleから10マイルほど北に進み、セコイア国立公園を出てすぐのStony Creek Villageには、ガソリンスタンド、スーパーマーケット、セルフサービスのホットドッグがあります。

お泊り
セコイア国立公園内のロッジはWuksachi Lodgeのみ。キャンプ場は複数あります。私達は気温も低い時期ということでこのロッジに泊まりました(詳細はこちら)。Ash Mountain Entranceの外にもいくつかロッジがありましたが、セコイア国立公園の入り口からメインの見所までは、上記の通りくねくね道を何マイルも走ることになるので、公園外に泊まると毎日の行き来が少し大変だと思います。

なお、北隣のキングスキャニオン国立公園内にはロッジが2つあります。詳細はこちら

~トレイル情報等 続く~
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-11 22:31 | 旅行(米国内)

Carbon Canyon Regional Park

ロサンゼルス郡の南側のお隣にあるオレンジ郡まで足を伸ばし、124エーカーからなるCarbon Canyon Regional Parkというところで、のんびりしてきました。

b0123441_10315797.jpgb0123441_1033785.jpg
b0123441_10323353.jpgb0123441_10322257.jpg

Carbon Canyon Regional Park
住所: 4442 Carbon Canyon Road, Brea, CA 92823
電話: (714)973-3160 or (714)973-3162
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-05 22:33 | Los Angeles(上記以外)

お散歩: Millard Canyon Fall

お手軽に森林浴ができて、小川があって、マイナスイオン(←古い?)たっぷり浴びられる所。
b0123441_14344115.jpgb0123441_14345663.jpgそんなところがここLos Angelesからとても近いところにあります。その名はMillard Canyon Fall。

小さなキャンプ場のすぐそばを流れる小さな小さな小川に沿って上流へ。こんな感じ(→)のところを25分も歩けくと・・・・

b0123441_143516100.jpg岩場に囲まれたかわいらしい滝が登場!
3歳児でも充分歩ける距離・難易度だそうで、幼稚園前の小さな家族連れも何組かいました。

天使のようにかわいい子供たちと、大きな包容力を醸し出す山、そして清らかさを感じる水に囲まれて、リフレッシュ♪ 
またお仕事がんばるどー。

(行き方)
1. FWY I-210のLincoln Av.という出口を降り、Linvoln Av.を北上(山がある方)。
2. 山に向かってまっすぐ 約2マイルすすみ、Loma Alta Dr.を右折(東へ)。
3. Loma Alta Dr. を 約0.6マイル進みChaney Tr.を左折し山へ向かう。
4. Chaney Tr.を上って下ると、Millard Canyon Campgroundの駐車場があるので、そこに車を駐車。
5. 駐車場の脇に流れる小川に沿って上流へ。Campgroundの脇を通り、約25分ほど歩くと滝に到着。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-09-21 20:40 | Los Angeles(上記以外)