タグ:イタリア ( 11 ) タグの人気記事

*東京/飯田橋* イタリア料理 "Cento Luci(チェント・ルーチ)"

飯田橋西口と東口の間の、東京大神宮のあたりをぶらぶらしていて、たまたま見つけたイタリアン。店内がウッディーな感じを気に入って入ってみました。

お料理 ♪♪
- 前菜
低温ローストのハム、ひよこまめ・きのこのマリネ、さつまいも・にんじん・サラダのプレート。ハムはおいしかったのですが、ちょっと筋っていて残念。筋をやわらかくする工程を加えた方がよいかと。にんじんは少しローストしてあるようで、いい甘みが引き出されていておいしかった。

- 帆立のクリームトマトペンネ
初めて頂くお味。クリームは控えめで、帆立のスライスと水菜を具に、酸味の強いトマトを使ったさっぱりソース。ペンネのアルデンテ加減もちょうどよく、おいしく頂きました。
ペンネの量は、若干多目なので、かなりお腹一杯になります。

- コーヒー
ちょっと薄め。

雰囲気 ♪
テーブルと椅子がダークブラウンの無骨な感じの木製のもので、なんだかスキー場のペンションのダイニングとかそんな感じ。席間は狭いですが、配置を工夫してあるので、気になりません。
そして無骨な感じでありながら、店内はがやがやしていなくて落ち着いていて、なかなかの居心地。

サーブ ♪
ふつうです。

お値段 $$
上記3点で1800円

ひとこと
バランスの取れたコースで、落ち着いた雰囲気でなかなかよかったですが、お値段設定は周りのお店に比べて強気かな、と思いました。絶対額としては納得感ありなのですが。

Cento Luci(チェント・ルーチ)
住所: 千代田区富士見2-3-1 信幸ビル1F   (飯田橋駅西口から徒歩3分)
電話: 03-3221-1023
営業時間: 11:20am - 2:30pm、6pm - 11pm 日曜休
URL: http://www.centoluci.com/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2011-11-19 16:46 | グルメ | Comments(2)

*東京/東京駅* イタリア料理 "HIRO Primo"

東京駅北口の、八重洲側と丸の内側をつなぐ通路に、数年前にキッチンストリートというのができました。そこの限りなく八重洲側に近いところに、リストランテ・ヒロのアラカルトで頂けるお店、Hiro Primoがあります。
今日はどうしてもトマトソース系のパスタが食べたくて、ヒロといえばカッペリーニ、ということで、ランチに寄ってきました。

お味 ♪
- なすとトマトのスパ 溶かしたモッツァレラチーズをかけて
こちらのお店にはカッペリーニはありませんでしたが、トマトソース系のスパということでこちらを。
普通においしいです。でも、ヒロだったらもっとおいしくて欲しかったので、辛口評価。

- パンナコッタ
パスタにデザートかドリンク等をつけるランチセットにして、今日のデザート、パンナコッタを。ちょっと固め過ぎるのと、舌触りが繊細ではない気がして、これも辛口評価。
b0123441_1317776.jpgb0123441_13171162.jpg

雰囲気 ♪♪
ランチタイムも、バー風の照明で、1人でもとても落ち着きます。
静か過ぎず、うるさすぎず、大人の空間、といったところ。

応対 ♪
これも、悪くはないのですが、ヒロであればもう少し気が利いてもいいように思いました。ビジネス街のランチというのは、お味とともにスピードも大切なはず。でも、スタッフが少ないのか、オーダーを取りに来るまでも長く、オーダーからサーブまで15分はかかりました。

また、私のお隣に女性二人がパスタ単品をオーダーしていたのですが、食後もずっとおしゃべりをしていて、「コーヒーはつかないんですか?」とのお客さんの質問に対し、「パスタ単品なのでつきません」との回答。質問者も後で、「単品でのご注文いかがですか、って聞くのが普通だよねぇ?」とつぶやいていて、思わず笑ってしまった。そして、その後20分くらいしてから、「コーヒーか何かお持ちしましょうか?」と聞いていたが、「いえ、もう出るので結構です」とお客さんが答えた後、小声で「遅いよね~、そう聞くの」と言っていた。
こういう応対って、気を利かせるという範囲だと思うけれど、経営という観点からも、マニュアル化されていて当然(∵売り上げ上げるため)だと思うのだが、たまたまのか否かわからないが、全然なってない、と思ってしまいました。

お値段 $$
パスタにデザートがついて、1575円(税込み)。

ひとこと
ヒロだから、ということで期待が高すぎたのかもしれませんが、特に応対のところは、ファミレスだってもうちょっと気の利いた対応をすると思うので、かなりがっかりでした。
お味も、なんというか、普通な感じだったので、わざわざは再訪しないかなぁ。。。

HIRO Primob0123441_13171315.jpg
住所: 千代田区丸の内1-9-1 東京駅名店街 1F キッチンストリート
電話: 03-5219-5607
営業時間: ランチ 11am - 3pm    カフェ 3pm - 5pm    ディナー 5pm - 10pm(L.O)
URL: http://www.r-hiro.com/primo/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2011-07-11 13:14 | グルメ | Comments(0)

*東京/恵比寿* イタリア料理 "RISTORANTE MASSA"

留学時代の同期女性と、新年会&お祝いを兼ねて、ディナーをしてきました。
このレストランは、1997年に”鉄人”になられた、神戸シェフのレストラン。
知り合いから、ここでグルメなお客様のご接待をしてとてもご満足頂いた、と聞いて、以前からぜひ行きたいと思っていたところ。 こういうレストランでのご接待は、する方もされる方もいい気分だろうなぁ。

お料理 ♪♪
- アミューズ
パスタをクッキー状にカリッと焼いたものに、グリーンオリーブとリコッタチーズを詰め、ミントの小さい葉を乗せたもの。 とっても小さいのだが(小指の第1関節分くらいの大きさ)、パスタの存在感が強くて、この先のパスタが楽しみになりました。
オリーブの味がもう少し強めか、クリームチーズをもう少し少なめにした方がワインに合いそう。

- 冷たい前菜 ANTIPASTO FREDDO: 蝦夷鹿のマリネ ル レクチエ リンゴのソース
ル・レクチエとは西洋ナシの一種で、酸味が少なくて甘みが強いもの。12等分くらいにカットしたル・レクチエの上に、レアの蝦夷鹿をマリネしたものをのせ、周りにクリームチーズとリンゴを和えたソースを飾った前菜。
蝦夷鹿は初めて頂いたのだが、馬刺のような赤身のお肉でクセがなく滋養が深そう。しっかりとしたお味にル・レクチエの甘みと、ソースのリンゴの酸味が合う。チョイスした白ワインにぴったり。

- 温かい前菜 ANTIPASTO CALDO: 和牛トリッパ 白いんげん 蓮根のトマト煮
ニンニクを強めに利かせたトマトソースで煮込んだもの。レンコンと里芋、白いんげんのホコホコ感と、トリッパの柔らかむぎゅっと感、よい! チョイスした赤ワインにぴったり。ワイン選びはソムリエのアドバイスに従うのが正解だと強く思った瞬間。

- パスタ PRIMO PIATTO: キターラ 鱈の白子と葉ニンニクのソース カラスミ添え
直径5mm位のうどん状の手打ちパスタ。卵の練り込みはなさそうな感じ。キターラとは、ピアノ線を何本も張った道具のことで、ピアノ線の上にパスタ生地を伸ばしたものを乗せ押し付けることで麺状にするものだそう。そうして作られたパスタのこともキターラと言うそうな。断面が四角形になるのが特徴だとか。
パスタは塩味で葉ニンニクのソースで和え、大きいまま表面をかりっと焼いた白子と、カラスミのスライスをトッピングしてある。ソースもカラスミも塩気が強く、クリーミーな白子と合わせて頂くと中和されるが、それでも塩気強し・・・。5人でボトル3本とまではいけなかったのだが、グラスワインで重め赤を頂いたらよかったかな・・・。
パスタ自体はもう少し固めの方が好みだけど、充分おいしかった。

- メイン SECONDO PIATTO: 尾長鯛のソテー 牛蒡のソース

皮の部分をカリカリに、身はふわっとした鯛のソテーに、ごぼうをベースとしたソースと、ブロッコリー、ビーツを添えたもの。
こちらも鯛の塩気が強め。ごぼうのソースは期待通り、ごぼうの甘みを最大限生かしたおいしさ。

- デザート DOLCE: チョコレートのタルト w ココナッツアイス&フルーツ
フォンダンショコラのように、ナイフを入れるととろっとチョコレートが溶け出すスイーツ。

- ダブルエスプレッソ
- 小菓子: ココアをまぶしたアーモンド、メレンゲ、小さいクッキー

- 白ワイン il Pollenza Briano 2006, Marche , Italy

マルヴァジア、マチェラティーノ、ソーヴィニオン・ブラン、トレッビアーノのブレンド。イタリアのマルケ州というところの産。試飲のときから香り高く、柑橘系のさわやかなすっきりした香り。お味もきりっとしていて、後味はボリュームあり。
とても飲みやすく、冷たい前菜がサーブされる頃までに、5人でボトルを開けてしまいました。この白ワインとチーズ、フルーツだけで、かなりいけそう。パーティー等の食前酒にも良さそうです。

- 赤ワイン Nebbiolo Langhe 2008, Piemonte, Italy
バローロやバルバレスコを作るブドウの品種、ネッビオーロを使った赤ワイン。温かい前菜は、トリッパの人とホタテのソテーの人がいたので、軽めの赤を、とお願いしたところ、チョイスして頂いたもの。
比較的若いので酸味が強め、タンニンも程よくしっかりしてます。お色はバローロ的な濃い赤。それほど熟成していないので、グラスを伝うトロッと感は殆どなし。
トリッパはトマトで明るめに仕上げてあったので、とても合いました。蝦夷鹿の方もこれで行けそう。ただ、パスタの塩気には負けてしまった感あり。

雰囲気 ♪♪
木を中心とした内装で、天井が高い。ちょっとしたホールのような感じ。貸切で30名は入れるそうです。テーブル間が広いので、個室ではないけれど、個室感があります。ただ、木で声が反射するので、声が大きい人がいると、響きます。
照明は柔らかい光を使いながらも、明るめ。 しっとりとしたデートというよりは、健康的に明るくイタリアンを楽しみましょう!というデートや、今回の私達のようにグループでお食事するのに適した感じ。

サーブ ♪♪♪
スタッフが多く、気がつくと何かして下さっていて、常にattendedです。それでいて押し付けがましくない。
主張せず、気配を消しつつ、でも見守っているという接客、素晴らしいと思いました。

お値段 $$$
上記のお料理のコースは6300円。ワインは4000円台からウン万円代までありますが、私達は2本で1万円レベル。10%のサービス料込で、ひとり1万円でした。

ひとこと
食べログを見ると、ランチはいまいちという感想を書いている人がちらほらですが、ディナーは総合的に見てとてもよいと思います。お味の塩気の部分は、次回来る際には一言添えるか、重めの赤ワインを合わせてみるとか、で解決できる気がします。
最後に、シェフがお店の外でお見送りしてくださいました。飾らない、朴訥とした感じがまた、素敵でした。再訪したいと思えるレストランです。

RISTORANTE MASSA
住所: 東京都渋谷区恵比寿1-23-22
電話: 03-5793-3175
営業時間: 11:30am - 3pm、6pm - 11pm 水曜・第一火曜休み
URL: http://www.massa-ebisu.com/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-01-10 23:57 | グルメ | Comments(0)

*東京/八重洲* イタリア料理 "Kavach"

美女の会(→こちらの「ひとこと」欄ご参照・・・)のお姉さまと2人で、おいしいイタリアンで新年ランチしてきました!
彼女はとってもグルメなので、彼女が選ぶお店は必ずおいしいのですが、今回ももちろんおいしかったです! 丸の内からは少し距離があるけれど、早めにオフィスを出られる日にはぜひまた行きたいところ。

お料理 ♪♪
- 白菜とサーモンのパスタ 塩味
完璧なアルデンテのパスタに、コンソメスープでゆでたであろう白菜とサーモンを和えた塩味パスタ。白菜は味が濃い目ですが、パスタはさっぱりしているので、コンビネーションが絶妙で、いくらでも頂ける感じ。材料を考えるとまねできそうだけど、シンプルな料理ほど、ごまかしが効かずに難しいので、家ではこのお味は出ないだろうなぁ。

- フォカッチャ
カリふわがたまらないフォカッチャ。
パスタの量が結構あったので遠慮していたら、お姉さまに一口お食べなさい!と言われ、そのアドバイスに感謝。これを食べないのはもったいないわ!

- デザート
抹茶味のスポンジとクリームをあわせたものにラズベリーソースをかけたもの。感動は特になく、ふつう。

- コーヒー
ふつう。

- クッキー
さくっっっサクの、細長い7cmくらいのクッキー。
手で割って食べようとすると粉々になるから、直接かじった方がいいわよ、とはお姉さまの言。

雰囲気 ♪♪
地下1階で中は広いですが、比較的テーブル間が広いので、ゆったりしてます。照明はお昼でもかなり暗め。ランチ時は付近のサラリーマンが大勢ですが、ディナーはなかなかいい雰囲気なのでは、と期待できる感じ。

サーブ ♪
ふつう。

お値段 $$
パスタ単品なら1000円、デザートをつけると1250円です。

ひとこと
パスタとフォカッチャ、クッキーが感動的においしかった!
12時近くなると急に込みだします。11時45分にはお店に到着していたいところ。再訪するぞ~。

行き方
外堀通りを八重洲ブックセンターーとみずほ証券の間の道を入りスターバックスのある建物の地下1階

Kavach 八重洲店
住所: 中央区八重洲2-4-13 アーバンスクエア八重洲B1F
電話: 03-5205-2788
営業時間:
- ランチ  11am - 2:30pm(月 - 金)、11:30am - 3:30pm(土)
- ディナー 5:30pm - 10pm(月 - 金)、5:30pm - 9pm(土)
URL: http://www.kavach.jp/yaesu/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-01-06 22:08 | グルメ | Comments(0)

*東京/神楽坂* イタリア料理 "アルベラータ"

何にも予定のない土曜日。ランチの美味しいお店を探検しよう!ということで、神楽坂3丁目に移転してきたイタリア料理、アルベラータに行って来ました。


お料理 ♪♪
- 前菜: ジャガイモのペースト on チーズクラッカー
赤い皮のジャガイモを使ったペーストを、細長いチーズ風味クラッカーに乗せたもの。ペーストの方は少し生クリームを加えてしっとり目です。これは、お家おもてなしに真似できそう。

- 前菜: 魚介の盛り合わせ
①ジャガイモのジェノベーゼソース和え、②わかさぎのマリネ、③鯛のわさびクリーム和え、④生ハム、⑤トリッパの煮込み、⑥サーモンのレンズ豆和え、の6品の盛り合わせ。魚介以外もあるじゃん、という突っ込みはなしで。特に生ハムは塩気が強くなく肉独特の旨味が強く美味。

- パスタ: さつまいものスパッツレ 豚肉のソース
スパッツレというのは、ニョッキのようなものと説明を受けたが、ニョッキのようにもちもちしたものではなく、とても柔らかい食感で整形もアバウトな感じ。これの周りに7mm立方くらいの大きさの豚とトマトを使った濃厚なソースが添えられたもの。
ソースは豚肉の調理具合もばっちり(柔らかすぎない)、お味はこしょうを気持ち強めにした私好みの味付けで、柔らかくとろとろした食感でサツマイモの甘みがあるパスタとの相性抜群。
☆スパッツレの作り方、ビジュアルについては、例えばこちらご参照。簡単そうなので、作ってみようかな♪

- メイン: 真鱈のオーブン焼 キャロットソース
真鱈に細かいパン粉とバジルをオリーブオイルで和えたようなペーストを乗せてオーブンで焼いたもの。真鱈がほろほろで、オーブンでの焼きのパリッとした皮の部分と、身のほんわりした部分の組み合わせが良い感じ。ペーストの塩気が私には強すぎたのが難点。

- デザート: ブラッドオレンジのシャーベット、クレームブリュレ、リンゴのタルト
ブラッドオレンジのシャーベットは、米国で食べたレッドグレープフルーツのお味がして懐かしい。とてもクリーミーでした。 クレームブリュレは黄身を多く使った濃厚なもの。リンゴのタルトは普通。

- コーヒー
エスプレッソ?っと思うほど濃い目。ヨーロッパのコーヒーです。

雰囲気 ♪♪
入り口を入るとすぐ左手はキッチン。目の高さが縦20cmほどガラスになっていて、中の様子をうかがうことができます。すぐ傍に2-3人用のカウンター、奥には個室らしきものがありますが、メインルームは、左手に進み階段を5段ほど上ったところにあるお部屋。レモンイエローの壁に囲まれたお部屋、自然光もちょうどよく取り入れ、落ち着いた空間です。最大で20名くらいは入れそうなお部屋。

今日のランチは、お客さんの層が30代くらいのカップルと、60代・70代の方々だったので、とても落ち着いた雰囲気。

サーブ ♪
普通です。一部のレビューサイトでは接客が今いちとのコメントもありましたが、私自身はそういう印象はありませんが、特に素晴らしくもなく、普通です。

お値段 $$$
食前酒(山ぶどうジュースとスパークリングワインを和えたもの)と上記お料理で、1人約4000円。

ひとこと
優しい、ほんわかしたイタリアン。ここのところ、ずっとお仕事が忙しく、朝晩ともコンビにおにぎり、お昼は社食か菓子パン@デスク、という日が殆どだったので、なんだか身体に染み入る快さを感じました。お食事って大事ですね。

あと、お隣のご夫婦はEos Kissでお料理や店内を写真に収めていました。私自身はB級のお店以外ではあまり写真をとりたくないなぁ、と思っているものの、それは人それぞれなので写真を撮ることを否定はしないのですが、やはりある程度以上のレストランで、携帯等でそぉっと撮るのではなく一眼レフでバシバシ撮るのは、周りの空気も読んでからの方がいいのかなぁ、と思いました。

行き方
神楽坂通り沿いのお店、五十番を見たら、通りの反対側にある角を入って1分弱。突き当たる手前のビル。

アルベラータ(ALBERATA)
住所: 162-0825 東京都新宿区神楽坂3-6-1F
電話: 03-5225-3033
営業時間: 11:30am - 2:30pm、6pm - 11pm、月曜・第1火曜お休み
URL: http://www.aa.alles.or.jp/~alberata/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-12-19 18:48 | グルメ | Comments(0)

*Dana Point* イタリア料理 "Jack's Restaurant"

ホテルから歩いて5分ほどのところにある、イタリアン。ホテルにおいてあったメニューの装丁がモダン&クールで、パスタの写真がおいしそうだったので、行ってみました。

お料理 ♪♪
- Eggplant Parmesan
絶品!!
薄めにスライスしたナス、モッツァレラチーズ、さくさくふわっとした生地(パイ生地の超薄いのみたいな感じ)とMarinara Sauceを、ラザニアのように、層にして焼き上げたもの。
生地が、さくさくっとしつつ、少しソースを吸ってふくらんでふわっとしているのが、なんとも歯ざわり舌触りがよく、塩気の濃くないMarinara Sauceとの相性も抜群。これはおススメです。

- angel hair con pollo
塩コショウをきかせたチキンと、大きめブロッコリー、ドライトマト、ガーリックのオリーブオイルベースのパスタ。エンジェルヘアが完璧なアルデンテ! それ以外は、真似したい&真似できそうな一品

- turner mussels with spinach linguini
spinach linguini, turner mussels, garlic, olive oil, tomatoes and basil
ほうれん草を織り込んだリングイ二を、ムール貝、トマト、バジルとにんにくをきかせたクリームソースであえたもの。ちょっと塩気が濃いのが残念。

- Domaine Ste. Michelle Brut
素直に辛口のシャンパン。チキンのパスタにあう!

- Calina, Chile 2008
しっかりしたシャルドネで、musslesのパスタに良く合う。

雰囲気 ♪♪
お店は大きく2つにわかれ、バーカウンターがありテーブル・いすの高さの高いものが置いてあるエリアと、日本のファミレス状に、4人席のボックスが並んでいるエリアがあり、照明はかなり暗め。バーエリアからはテレビ観戦ができるようになっていて、私が行ったときはNBAの試合を放映していました。

こういうエリア配置とか、ファミレス状ボックス席とか、あんまりロマンチックじゃないんだけど、照明の暗さ、テーブルの深い色、お料理で、なんだかロマンチック。不思議な空間。

サーブ ♪
にこやかです。

お値段 $$
2人で上記を注文して、70ドル前後(税チップ込)。

ひとこと
おいしいパスタを食したい!という私の熱は、これにて満たされました♪

Jack's Restaurant
住所: 24462 Del Prado, Dana Point, CA 92629
電話: (949) 489-1903
営業時間: 5pmから (月 -日)
URL: http://www.jacksdp.com/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-05-26 23:26 | グルメ | Comments(0)

*Dana Point* ピザ "Beach Cities Pizza"

Dana Point旅行の最初のお食事は、Harbour内にあるカジュアルなピザ屋さん、Beach Cities Pizzaへ。

お料理 ♪♪
- BEACH CITIES WAIST WATCHER CHILI
見た目は赤茶色っぽくて味が濃そうだが、実際のお味はどちらかというと薄め。スープと呼ぶにふさわしい感じ。通常のチリスープよりも奥深い味がしており、魚介系の出汁を使っているのでは、と推測。

- FISH TACO
生のキャベツと、フライにしたお魚盛りだくさん。ヨーグルト&トマトのソースとの相性抜群!

- THE DEL MARのsmallサイズ(直径25cmくらい)
100% Pure Wisconsin Mozzarella Cheeseをベースに、具は、なす、赤玉ねぎ、カラーピーマン、マッシュルーム、トマト、オレガノのピザ。とくにトマトが生っぽく焼き上げていて、とてもフレッシュ。
生地はcrispyまではいかない、薄め生地で私の好み。そして、ソースもチーズも塩気が濃すぎず、素材のお味を生かしていて、あっという間に2人で半分頂いてしまいました。
残りは、自宅に持って帰り、トースターで温めて頂きましたが、丸2日経っても十分美味しかった。お見事!

- Red Hook (http://www.redhook.com/)
1981年にシアトルにて創業された会社が作るエールビール。チリスープと相性抜群でした。

- Stella Artois (http://www.stellaartois.com/)
ベルギーのラガービール。ピザにはこちらの方が合います。

雰囲気 ♪
食堂風です。店内に2つの大きなテレビがあり、2つで違う番組を流していたのが、ちょっと風変わり。
お持ち帰りの人も多いのですが、カウンターの下の壁には、お客さんの後姿の絵(必然的に腰から下)が書いてあるので、実際に待っている人がいてもいなくても、視界に入ってくるのはほぼ同じ風景。こういう遊び心も、このお店のいいところ。

サーブ ♪♪
ふつうににこやかです。

お値段 $$
2人で上記3つを頂いて、40ドルくらい(税・チップ込)。

ひとこと
ホテルのAfternoon wine, tea and hors d' oeuvresで、少しおつまみを食べ過ぎてしまったので、軽いお散歩程度ではあまりお腹が空かなかったこともあり、軽めにすませようと思ってふらっと入ったお店。本格派なピザのお味とチリスープのお味で、大満足。

b0123441_12343088.jpgBeach Cities Pizza
住所: 34473 Golden Lantern St, Dana Point, CA 92629
電話: (949) 496-0606
営業時間: 毎日24時間営業
URL: http://www.beachcitiespizza.com/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-05-25 22:47 | グルメ | Comments(0)

*LA/Old Pasadena* イタリア料理 "Mi Piace"

b0123441_11423635.jpg私の勤務先はVeterans Dayの今日はお休み。まだ火曜なので週末と違って朝から元気に活動開始。そして、お昼は、オールドパサデナでお仕事をしていることがつい最近わかった高校時代に同じ部活だった友人と、名店Mi Piaceでランチしてきました。

お料理 ♪♪
私はCappellini Primaveraをチョイス。LAではアルデンテのパスタにお目にかかれる機会の少ないのですが、ここなら、と期待。その期待に十分こたえてくれました!お味も、米国でありがちな塩気が濃いものでもなく、ちょうどいい! 
友人はPaninoをチョイス。パンの部分がかりっとしておいしかったとのこと。

デザート ♪♪
デザートは、一旦無しにしようかと思ったのですが、入り口にディスプレイされているとのことで見に行ったら、簡単に前言撤回。私はピスタチオ・クリーム、友人はティラミス。前者はドーム状にビターチョコレートコーティングされた中に、ピスタチオフレーバーのスポンジとクリームが入っているもので、チョコのビターとピスタチオの濃いながらもさわやかなお味が絶妙。後者も一口頂きましたが、チーズ部分がふわふわでかる~く頂けるもの。2つとも、スポンジ/ムース系で日本のスイーツみたいでした(米国のスイーツって、スポンジ/ムース系が少なく、バターケーキ系、濃厚クリーム系 --NYチーズケーキとか、オペラとか--)が多いのです。シフォンケーキが懐かしい・・・。)。

雰囲気 ♪♪
高い天井、道路に面したところはすべてガラス、対面の壁は鏡、内装は白を基調とし、一部黄色を使っているので、店内がとっても明るくてモダン。東京やNYにありそうなおしゃれカフェで、Tシャツ・ジーンズ・サンダルが似合うLAのよくあるカフェとは一線を画しています。夜も素敵だろうなぁ、と思わせる所。

サーブ ♪
とても感じがよいですが、テーブル数に比しスタッフが少ないのか、ちょっと対応は遅めかな。

お値段(ランチ) $$
メイン1品、デザート1品、レギュラーコーヒーで、1人25ドル位(税チップ込)。

ひとこと
高校卒業以来、10ウン年ぶりにお会いした彼女。大学時代、日本での社会人時代を経て今があって、苗字が変わってたり、お酒の話ができたりっていうのは当時とは全然違うんだけど、でもやっぱり昔のまんま。日本を離れるとこういう再会が実現することがとても多くて、嬉しいものです。住まいもご近所だし、これからが楽しみ☆

行き方
Metro Gold LineのMemorial Park駅で降り、2ブロック南下してColorado Blvd(一番賑やかな通り)に出たら、西に向かい、2ブロック目の真ん中右手。クレープのThe CrepeVine Bistroとご近所。

パサデナのColorado Blvdは、LAにしては珍しく夜遅くまで人通りのある賑やかな繁華街で治安もよいところ。電車で行けるので、ディナーで行っても気兼ねなくお酒も頂けます♪

Mi Piace
住所: 25 E Colorado Blvd, Pasadena, CA 91105
電話: (626) 795-3131
営業時間:
- ブレックファスト 7:30an - 11am(月 - 金)、8am-1:30pm(土日)
- ランチ  11am - 4pm(月 - 日)
- ディナー 4pm - 12:30am(月 - 木、日)、4pm - 1:30pa(金土)
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-11-11 18:38 | グルメ | Comments(0)

*東京/代官山* イタリアン "エノテカノリーオヴィオラ"

代官山にあるこじんまりとしたオーガニックイタリアン エノテカノリーオヴィオラ。2007年8月開業のこのレストランのシェフとお友達というグルメな友人に連れて行って頂きました。

お料理 ♪♪
- 千葉県産の無農薬野菜を沢山のせたバーニャカウダー
バーニャカウダーというのは、ここ1-2年で広まったのでしょうか。2年ぶりに帰国して何度目かにお目にかかりました。お野菜が甘くて美味しくて、そのままでもいいくらい。

- 地蛤と青唐辛子とカラスミのスパゲッティー
アルデンテの素晴らしさはもちろん、唐辛子とからすみのバランスも絶妙。白ワインにぴったり。

- パンチェッタと卵黄とトマトソースのカルボナーラ
スパゲッティが感動的に美味しかったのに比べたら、引け目をとってしまうのですが、充分おいしい。ランチにこれ単品で頂きたいかも。

- 佐賀産酵素ポーク肩ロースのグリル サルサヴェルデ
これが大絶品でした。一口目で、友人とそろってうなりました。ポークのお味が繊細で繊細で、それでいて鶏肉のようなさっぱり感ではなくコクがある。米国で口にしていた豚肉とは全く違い、セレブなポーク様です。塩気でコクを生かしていて、これは大正解。サルサヴェルデというのは、パセリベースのおソースですが、おソースをつけてもつけなくても、どちらでもおいしく頂けます。もう一度頂きたい!!

- 吉田牧場 モッツァレラチーズ
幻のチーズという言われている吉田牧場のモッツァレラチーズを、メニューにはないのですが、お出しくださいました。これは白ワインで頂きたかったー。イタリア人も認める素晴らしいチーズとのこと。米国でたまに食べていたのがイタリア人から見たらどうなのかわからないのですが、吉田牧場のは確かにコクが違うようにも思ったのですが、私にはネコに小判だったかも・・。

- ドルチェ盛り合わせ
- ハーブティー

雰囲気 ♪♪
薄い黄色を基調とした内装で明るく、イタリアン!にふさわしいのですが、とても落ち着いていてムードもあります。とても素敵な雰囲気なので、ぜひデートで来てみたいところ。

カウンターもあり、1人で来ても十分楽しめる感じ。今日の友人は、味を確かめに1人で来た時はカウンターだったとのこと。今回は久しぶりの再開だったので、落ち着けるテーブルにしましたが、2人でカウンターっていうのもオツだと思います。

サーブ ♪♪
若いお兄さんがサーブ。スマートでナイスです。ワインを選ぶときのアドバイス、ちょっと控えめすぎかなぁ、という感じはしますが、でもとてもお詳しいです。

お値段 $$$
上記のお料理と、食前酒、赤ワイン1本で、2人で2万5千円前後。

ひとこと
グルメな友達は多いけれど、シェフとお友達という友人は少ないので、貴重な機会でした。お味も雰囲気もサーブもよくてバランスも取れているので、ごひいきにしてしまいそうな予感。デートでも、女性同士でも大丈夫だし、年齢層も幅広くOKな雰囲気です。


エノテカノリーオヴィオラ
住所: 渋谷区代官山町11-12 日進ヒルズ代官山ビルB1
電話: 03-5428-4533
営業時間: 12:30pm - 3pm、6pm - 0am(日、火 - 土)、月休
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-07-09 23:35 | グルメ | Comments(0)

*NY* イタリアン "Arte Café"

かれこれ1ヶ月前の話になりますが、NY滞在中、高校時代の旧友と会いに、彼女のオフィスに近い、Arte Caféに行きました。有名なところなので、楽しみにしていたのですが・・・。

お味 ♪
雰囲気がいいだけに、あれ?っていう感じではあります。もうちょっと頑張ってくれっ。
パルタはアルデンテではなくて・・・。ふにゃふにゃまでは行かないんですけどね。

週末は、お昼からシャンパン飲み放題っていうのがあるそうです。明るい時からシャンパンでいい気分になるなんて、夜中に酔っ払うのより断然いい気分ですよね~。そのままセントラルパークをお散歩したり寝そべったりもできますし♪ 

雰囲気 ♪
反射的にテラス席で、と言ってしまったのが失敗。現在テラス席の上方で工事か何かをしているため、足場が組まれてまして、足場の合間を縫ってテーブルが置いてあります。工事の音はさすがにしないのですが、ちょっと雰囲気が出ません。

サーブ ♪
先日ロシアの首相になられたプーチンさんにそっくりなウェイターさんが担当して下さり、なぜか盛り上がってしまいました。

お値段 $
お値段はお料理対比、納得感あります(笑)。
うーん、でもB級グルメならこのお値段でもっと幸せ気分になれる気が・・・。

ひとこと
私の経験上、アルデンテに出会える確率は、東京→NY→LAの順に低くなります。。。そのため、LAでは、パスタを食べたい時は家で作るのが最も安心です。


Arte Café
住所: 106 West 73rd Street (bet. Columbus & Amsterdam Ave)
電話: (212) 501-7014
営業時間: 11am - 11pm(日~木)、11am - 12am(金土)
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-05-27 23:37 | グルメ | Comments(2)