植物油を使ったクッキー

幼児とともにするクッキー作りは、体温で溶けてくるバター使用のものよりも、植物油使用の方が適していると耳にしたので、cookpadの人気レシピで作ってみているが、なかなか難しい也。

Cpicon サラダ油で作る基本のクッキー(プレーン) by みにまめ
手始めに作ったのはこちら。か、か、かたい・・・。生地をまとめる際/型抜きの際にこねてしまったのかもしれないが、とにかく堅い。
 卵1個
 砂糖   30g
 サラダ油 30g → オリーブオイル使用
 塩ひとつまみ
 薄力粉  200g


Cpicon たまごサブレ by みにまめ
お次はこちら。薄力粉の割合が少ないだけあって、前回のものよりは柔らか。かなり甘目。
 卵黄2個(正味38g)
 砂糖40g
 塩ふたつまみ
 サラダ油20g → オリーブオイル使用
 薄力粉120g


Cpicon ハロウィンにも☆簡単かぼちゃクッキー。 by ゆぅゅぅ
薄力粉が多いから堅いんだろうから、薄力粉の少ないものを作ってみようと思い、試してみたのがこちら。かぼちゃが甘かったので砂糖入れず。今度は、油が多い・・・・。砂糖を入れなかったので粉類が減ったからバランス崩れたか? にしては、揚げたみたいに油ギトギトであった。。。
 かぼちゃ(正味)40g
 砂糖20g
 サラダ油20g → 菜種油使用
 薄力粉50g


3つ目のをベースに試行錯誤してみるのがいいのかなと思案中。
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2014-10-29 19:51 | クッキング

39th TCS Amsterdam Marathon

自己ベストを出した勝田マラソン以来3年9か月ぶりに、フルマラソンに出場、5時間8分で完走しました。初フルから10年目、人生6回目にして初めて、予定のペース配分の通りに走りきることができ、タイムはよくないけれど満足のレースとなりました。

ほぼ平坦なコースで景色もよく、給水等のサポート体制も万全、1km毎の距離表示でペース確認もしやすく、素晴らしい大会。スタート&フィニッシュはオリンピックスタジアムなので、観客席にいる大勢の応援者に囲まれ、なかなか得難い体験でした。

・コース図
b0123441_1825182.jpg

・レース前
練習での最長距離は16km強&2時間だったので、フルを走り切れるか体力に不安が。そのため、体力温存すべく慣らし走りはゼロ。スタート会場までの一部を自転車で5分程走ってスタート20分前に到着。ここでトイレ1回、スタジアムに入場してストレッチ、スタートの号砲後に再びトイレ1回、号砲20分後にスタートラインを踏みました。気温14-15度なるも、大勢の人がいるので寒くならず。
今回は復帰戦ということもあり、タイムより完走を目指し、普段の自分のペースの8割=時速8km(7.5分/km)で30km~40km走って最後ゴールラインを元気に踏むというプラン。

・レース報告
スタート直後、元気に飛び出していく周りのランナーを尻目に、ゆっくり走り始める。練習でも7.5分/kmにキープできたことがないので、とにかくゆっくりゆっくり我慢、と言い聞かせて、1km毎の距離表示でペースを確認しながら進む。前夜の睡眠の質が悪かったためか、3kmの地点で既に両膝から下を重く感じ、前途多難と思ったが、10kmまでは、7.5分弱/kmで競歩っぽく歩いているオジサマ3人組の後をついていく。いいペースメーカーになって頂いたが、10km毎のストレッチをするべく離脱。その後は身体で覚えたペースで一人で7.5分弱/kmをキープ。足の重みも取れてきて(慣れてきて?)ストレッチ込で10kmを75分で走れたので、20km越えてから7分/kmに上げてみたが、28km辺りから失速、30km過ぎから風も強まり景色も単調で7.5分強/kmまで落ちた。しかし、身体の調子は悪くなさそうということで、35kmから自分のペースで好きに走ろうとギアチェンジ。ハムストリングスを使う走りに変えたところ、それまで使っていた膝下への負荷も減り、却って体が軽くなり、強風の中でもほぼ6分強/kmで走れ、気持ちがよい。40km過ぎでストレッチで止まるのも悔しいし、といって最後失速するのも嫌だったので、早めの38kmで最後のストレッチ。ラスト1kmは6分弱/kmで楽しく走りゴール♪

5km 35:37 (35:37)
10km 1:11:13 (35:36)
15km 1:48:57 (37:44) → 含、10km直後のストレッチ2分半
20km 2:25:46 (36:49)
Half marathon2:36:43
25km 3:05:05 (39:19) → 含、20km直後のストレッチとトイレ休憩 計4分
30km 3:42:34 (37:29)
35km 4:22:07 (39:33) → 含、30km直後のストレッチ2分半
40km 4:55:04 (32:57) → 含、38km地点のストレッチ2分
Full marathon 5:08:09 <13:05>

スタミナ切れを起こすと足が動かなくなるのは体験済なので、エネルギー補給を多めにしました。起床直後バナナ1本、朝食、5kmでみかん、10kmでミニ羊羹1本、15kmでミニ羊羹1本とバナナ小1本、20/25/30/35kmでそれぞれバナナ小1本、5km毎の給水ではスポーツドリンクとお水を必ず飲みました。

・レース後
メダルとともに身体にかけるビニールをもらえたので保温しつつ、スタジアム内でストレッチ。ミニ羊羹と、配られたスポーツドリンク、オレンジを食べ、自転車で帰宅。ぬるめのシャワー後ストレッチ、就寝前に家族に指圧をしてもらう。食べ過ぎ感があるほどレース中に食べたおかげか、レース後も全く眠くなく元気いっぱい、普通に家事をして11時頃就寝。翌朝以降の筋肉痛も疲労もあまりなく快適です。

・今後に向けて
完走を目標とした今回のレースは、歩くことなく、予定通りの補食とストレッチで、目標を達成しました。タイムとしては2回目のフルマラソンとほぼ同じですが、当時は後半失速しての5時間10分なので、レース内容としては今回が格段によいと自己満足。やはり半分以上はスピードを押えて我慢するのが私レベルの体力で完「走」する秘訣と思うので、次は6.5分/kmで30-35km走り、残りを6分/kmで走るのを目標にしたいと思います(これで約4時間半)。スピード練習はその次の段階かなぁ。それから、自己ベスト出した時より3kg重いので、減量も頑張ります。
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2014-10-21 19:14 | スポーツ

久しぶりにお菓子作り♪

最近お誕生日にスポンジケーキを焼くことはあれど、基本的にはお菓子作りから遠のいていましたが、来客に備え、季節のものを使ったスイーツということで、作ってみました。以下、自分用メモです。


Cpicon ふわふわかぼちゃのスフレケーキ by aimama (半量でパウンド型1本分弱)
メレンゲをかなり固めに作成したのが効いてか、焼いている最中はものすごく膨らむも冷ますとぺったんこ。パウンド型にクッキングシートを全面敷いたためか、腰が疲れちゃいましたみたいなへにゃっと感のある形に。シフォンケーキ的に作るべきだったのかも。要retry.

Cpicon 紅茶と洋梨の簡単パウンドケーキ by もも105 (パウンド型1本分)
粉類に卵やバターを混ぜ込むスタイルは初めての挑戦。粘り気が出てしまわないかなと心配しながら作成、やはり仕上がりはBPで無理やり膨らませた感が否めない膨らみで固め。お味もBP独特の苦みが気になった。上に乗せる洋梨は厚さ1-2mmに切ったものであれば沈まず。ケーキ本体の甘さはとても控えめなので、洋梨シロップはしっかりかけた方がよい。
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2014-10-07 23:01 | クッキング

ルクルーゼで栗おこわ

米国生活以来、ルクルーゼでお米を炊く我が家。ちょうどもち米があったので、季節の栗おこわでも、と思ったが、意外と、ルクルーゼで「炊く」おこわレシピが見当たらなかったので、諸々いいとこ取りして作ってみたレシピをメモメモ♪ ミョウバンを使わなかったので栗の色は悪いけれど、美味しかった~☆

材料(5人分)
もち米    1.5合
お水     250cc
塩      小さじ1/4
栗      すきなだけ

作り方
A.栗をやわらかくする
1.軽く洗い、たっぷりのお水に半日以上浸ける。
2.お水を替えて、皮をよく洗う。
3.栗がしっかり浸かるのに十分なお水を入れる(ここで、量をチェック)。
4.上の3.で加えたお水1リットルあたり小さじ1/2強を入れて混ぜ、中火にかける。
5.10分くらいで沸騰したら、落し蓋をして弱火で40分ほどゆでる。
6.火を止め、粗熱がとれるまで冷ます。
7.鬼皮をむき、渋皮を取る。

B.炊く
1.もち米を洗い、たっぷりの水(分量外)に10分浸水させる。
2.ざるにあげて、水をきる。
3.ルクルーゼに2.のもち米、お水、塩を入れてよく混ぜ、栗を好きなだけ乗せる。
4.蓋をして点火、沸騰したら弱火で10分。 <お米を炊く時よりもお水が少なめなので、沸騰したかどうかのチェックは要注意>
5.火を止め、熱源からおろして10分蒸らす。
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2013-10-05 08:27 | クッキング

WHITE WINE PARELLADA CARLES ANDREU

我が家でのホームパーティーの際に、友人が持ってきてくれた白ワイン。
フランス在住の妹さんのお土産とか。

http://www.cavandreu.com/en/prodcaves09_en.html より以下抜粋。

"Tasting notes: It presents a pale yellow colour with lemon skin tone. Complex aroma with recall to white fruit maceration. Evokes pineapple, banana and apple. Good balance between sweets and acidity, strong in structure and persistance with some fruity touch.

Elaboration:
Variety of grape: Parellada 100 %
Elaboration: Selected hand picked grapes from 30 years old. Terrace wines. (l'Era del Sanahuja). Carbonic maceration with whole bunch o grapes. "

少し深みのある、ふくよかさも備えたワイン。クリーミーなチーズが合いそう。
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2012-09-29 23:11 | グルメ

ホテルで朝食を! ①パークホテル東京:ザ・ラウンジ

敬老の日のおかげで、普段の週末プラス一日のご褒美。生活リズムを崩したくないので、朝はいつも通り起きるけれど、いつもと同じに過ごすのもなんだかもったいない、ということで、ホテルの朝食比べをしてみようと思い立ち、そこそこ評判のよいパークホテル東京に行ってみた。

お味 ♪
洋食と和食が半々くらいのイメージ。私は洋食を頂いたが、おいしいけど、普通というか可もなく不可もなく。外れはないので、安心できるが、特にホテルでなくても・・・・、と思ってしまった。が、パン系はおいしくて、クロワッサン、デニッシュ、ハードなパンいずれも◎。とくに全粒粉の小さ目のハードパンがよかった。

メニューはこちら

どうでもよいが、後記の通り若い人が多かったのだが、バナナを食べている率が非常に高かった(しかも、皮がついたままおいてある・・・)。

雰囲気 ♪
高層ビルの25階のロビーにあり、32階? 34階?まで吹き抜けで、天井からサンサンと陽がさす構造。声が響きそうなつくりであるが、今日の客層のおかげか、とても静か。内装は、写真(HPより借用)の通り、モダンテイスト。ちなみに、客層は、ホテル宿泊客とわれる人がほとんどで、20代30代の若い女性3人組やカップルが多かった。結構意外に思ったが、一休.comを見ると、キャンペーンが行われているので、都心で便利でリーズナブル、という位置づけなのかも。

座席は、ラウンジのほか、ラウンジを囲むように窓側に位置しているレストランも解放されている模様。眺めはそちらの方が断然よいが、まだ陽がさして暑いかも。

応対 ♪
スマートそして親切。

お値段 $$
2,200円にサービス料・消費税がかかり、計2,541円。

ひとこと
悪くはないけど、わざわざ出かけるほどでもないなぁ、というのが正直な感想。おいしいんですけどね。

パークホテル東京:ザ・ラウンジ
住所: 〒105-7227 東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー
電話: 03-6252-1111
営業時間: 7am - 11pm (朝食は10:30amまで)
URL: http://www.parkhoteltokyo.com/restaurant/the_lounge.php
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2012-09-17 11:52 | グルメ

お洗濯の知恵 あれこれ

最近、お洗濯について、いろいろ調べています。環境への影響を考えて、合成洗剤ではなく、Ecoverや石鹸を使うようにはしているものの、そもそも、石鹸がどのように汚れを落とすのか、等に興味が出てきました。 私の化学の勉強は中学で止まっていて、高校化学をほとんど勉強していないので、未知の世界。

煮洗い
おばあちゃんの知恵袋的に、キッチンのふきんは最後石鹸で煮洗いするときれいになるよ、というのを聞いたことがあるが、私の実家で煮洗いという言葉は聞いたことはないので、おそらく母は煮洗いをしていないはず。
科学的な根拠があるものなのか、調べたところ、「あり」ということが判明。そこで黒ずんでしまったタオルで試したところ、とってもきれいに真っ白になって感激! ちょっと最近、煮洗いにはまっていますが、熱をかけることで繊維をいためるので、やり過ぎないことと、モノを選ぶことに気をつけるべし。

(方法)
水1Lあたり、小さじ2杯の粉石けんを入れてよく溶かし、煮洗いするものを入れて、弱火で20-30分。
ステンレスやホーロー鍋で。
参考 → 石鹸百科「煮洗いの方法


クエン酸でふわっ
石鹸でのお洗濯は、衣類をアルカリ性に寄せてしまうので、ちょっとごわごわすることがある。これを中性にするために、すすぎの最後の方でクエン酸をちょこっと混ぜる。石鹸百科的には、3gほど、とあるが、洗濯物の量にも寄ると思うので、ただいま試行錯誤中。
それにしても、アルカリ性を中和するために酸を混ぜるって、結構原始的だけど、効果てきめん。面白い!
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2012-02-02 10:41 | 美容・健康

河内晩柑からお茶受けできました

b0123441_16471158.jpg生協のフルーツサポート(生産量が注文量を上回ってあまってしまったフルーツを買い取るもの。予めフルーツの種類の指定はできないし、余りがなければ返金される)で頂いた河内晩柑。見た目もお味も、和製グレープフルーツ。ザボンの一種。

自分で選んで購入したことはないものだったので、できるだけ楽しもうとネットサーフィンしていて見つけた、お茶受けレシピ。ちょっと甘すぎたので、私仕様にアレンジして、作ってみました。苦&甘でおいしぃ~。おからケーキとか、ソーダブレッドに入れてもおいしそう♪

材料(河内晩柑1個)
晩柑の皮の白いところ   1個
砂糖              皮の白い所を煮た分量と半量

作り方
1.河内晩柑の皮の黄色い部分を皮むきで取り除き白皮の状態にする。
2.白皮を剥き果実と皮とに分ける。
3.剥いた白皮を1センチ幅の短冊状に切る。
4.鍋に水を入れその中にカットした白皮を入れて約5分程度煮込む(あまり煮込みすぎると苦味がなくなってしまう)。
5.皮をざるに移し水を切り、計量する。
6.鍋に、皮を戻し、皮の半量の砂糖を入れ、強火でゆっくりかき混ぜる。
7.ぶくぶくしてきたら、弱火にし、ゆっくりかき混ぜながら水分が無くなるまで煮込む。


グラニュー糖でお化粧をした方が、「っぽい」のですが、十分甘いのと、私は苦味も結構楽しみたい方なので、お化粧はしません。するなら、煮るときの砂糖は3分の1くらいがいいかも。
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2012-01-29 16:48 | クッキング

人生訓

1月28日(土) 日本経済新聞夕刊 シニア記者がつくるこころのページ
吉村作治氏

・イスラム教lは宗教というよりも、毎日の生活に欠かせない「人生訓」なんです。・・・(略)・・・(コーランには)信徒の細かな行動規範やトラブルの解決方法が書かれています。
・イスラム教徒は「若者は年配者を敬い、年配者は若者を大事に」と論されます。
・首都回路ではバスにお年寄りが乗ってくると、若者が普通二隻を譲ります。逆に若者が乗り込むと、年配者はつめて席を空けます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

なるほど。人生訓とは。
若者と年配者の関係については、互いをリスペクトしましょう、ということなのかなぁと理解。リスペクトという言葉のニュアンスは、尊敬とも違うと私は理解しているのだが、現代日本人には他人をリスペクトするという概念が希薄なような気がする。
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2012-01-28 22:49 | まじめなお話

恐怖心 → 盤石な、危機への備え

日本経済新聞 1月21日(土)夕刊 シニア記者がつくるこころのページ より

アイリスオーヤマ社長 大山健太郎氏

・「選択と集中によって効率を上げようとかは考えません。真逆の生き方を選んできました。」
・恐怖心があるので、危機への備えを怠らない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

逆張りの発想かでもある。

恐怖心があってただ怖がっているだけでは、経営はできないし、縮小均衡に陥り、リスクが高まる。恐怖心をどう前進に生かすのかを考えるのが経営であって、おそらくこれは、人生をどう設計するのかと同じ話ではないかと思う。

私はすごく怖がりであると同時に、ピンポイントですごく大胆なところがあって、そういうピンポイント分野においてなんとかなるさ精神でやってきた感がある。が、そういうリスクテイカー的な行動は、文字通り体力を要するので、そろそろ転換せねばならないというのは数年前から思っていたが、怖がりなところをどう自分の人生の設計や選択に生かしていくか、という視点を、この記事から頂いた気がした。
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2012-01-21 20:35 | まじめなお話

リサイクル・寄付情報あれこれ (2)

先月から始めたお片づけ

文房具、レターセットの発送を終え、たまたま見つけた「編み物プロジェクト」宛に、私が赤ちゃんの頃に母が使っていて引き継いだものの、全然使っていなかった編み棒やら、小物類やらを、お送りしました。

今日は衣類のお片づけを実行。冬物、夏物問わず、全部出してみて、1つ1つ確認。品質のよい生地のものは、布として再利用しようとか、こんまりさんのコンセプトからはずいぶん外れる方法も多かったですが、もうさよならする衣料もたくさん出ました。これを捨ててしまっていいものか、という私の悪い癖が出てきたものの、私の住む区では古布リサイクル対応はなされていない一方、歩いてすぐの隣の区では対応していて、且つ今月から歩いて5分の図書館で週末も含め回収している、との情報を得て、さよならする衣料を持っていきました。区のHPによれば、「中古衣類としてリユース(再使用)したり、工業用ぞうきんとしてリサイクル(再生利用)しています。」とのこと。お役に立つといいなぁ。
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2011-12-04 19:53 | まじめなお話

リサイクル・寄付情報あれこれ

「ものを捨てられない」「ためこむ」「もったいないお化け」 ・・・・全部私に当てはまります。そもそも、飽きるということがあまりなく、且つ物欲もあまりないので、お買い物はあまりしないのですが、それでもやはり年齢とともに使わなくなるものや、いまこれお安くなってて将来使いそうだから、とか言って買ってしまって使わずに数年(下手すると10年以上)経っているものが、たくさん。 なので、いつも同じようなものを身に着け使っている割に、引越し荷物はとってもとっても多い私。

b0123441_8295680.jpg2006年の東京→LA、LA→NY、2007年のNY→LA、2009年のLA→東京の移動を共にした荷物達は、かなり大量で、引越し準備、開墾、収納とかなり手間がかかる割りに、「あ~、そういえば、こんなのあったなぁ」みたいな荷物ちゃん達がたくさん。 その私、1年以内に引越しをすることになるかも、ということもあって、物を減らさなきゃと思い立ち、まずは、家にあった、こんまりさんこと近藤麻理恵さん著『人生がときめく片づけの魔法』を読み、大反省。

片付けは一気に、という彼女の著書の趣旨には反しますが、
 ・ときめきを感じるか否かで、持つか捨てるかを決める
 ・物ごとに置き場を決める
 ・畳んで収納
 ・必要な個数・枚数以外は捨てる
とまぁ、当たり前にできてる人(例えばわが主人・・・)からすると、いまさら何?ということではありますが、ちょこっと取り入れつつ物を取捨選択しつつあります。

ところが、ここで頭をもたげるのが、「捨てられない」という呪縛。もうこれは幼少の頃からのもので仕方がないことと思うのですが、まだ使えるものを捨てる、食べられるものを捨てるということが、どうしてもどうしてもできない私。それを作るためにどれだけの人が関わり、どれだけの思いがあるのか、それを手にした私には大事にする義務がある、というのが頭と心が離れず、よほど心を鬼にしないと捨てられず、そしてその行為でぐったりしてしまう。

でもそんなんじゃダメだ、というわけで、まだ使えるものについては、リサイクルや寄付をしています。

で、長くなりましたが、リサイクル・寄付先のメモを以下に。

★はがき、レターセット、切手類 → ふんばろう東日本支援プロジェクト 『おたよりプロジェクト』 はがき・レターセットを送ろう
早稲田大学大学院専任講師の西條 剛央氏が主催している、ふんばろう東日本支援プロジェクトの、数あるプロジェクトのうちの1つ。
被災地に暮らす方が気持ちや近況を伝えるために簡便に使えるよう、ハガキやレターセットを被災地の方にお贈りする活動で、官製ハガキや絵葉書、レターセット、切手などを受け付けているもの。
いまは、クリスマスカードも募集中とのことです。

お問い合わせに対する反応もスピーディーおよび丁寧で、きちんと使って頂けそうな感触です。

・送料自己負担
・使いかけ可



★文房具類 → NGO時遊人
一般財団法人 NGO時遊人では、文房具や中古本等の寄付を受け付け、ベトナムやカンボジアの子供たちに直接手渡しするという活動を行っています。

1つ1つ、使えるものか確認をした上で、事前に寄付対象物の明細と写真を事務局に送り、且つ500円以上の寄付もマスト、という仕組みで、単に「不用品受付係」にならないような工夫をしているあたり、まじめさが伝わってきます。

・送料自己負担
・中古品可 もちろん新品も可
・寄付500円以上要


★古タオル →  NPO法人犬と猫のためのライフボート

千葉県柏市郊外にアニマルシェルター(飼育保護施設)を持つライフボートにて、古タオルを受け付けています。捨て猫・捨て犬を防ぐため、Website上では送り先は公開されていませんので、個別に問い合わせる必要があります。
随時必要な物資につい更新され、更新頻度も高いので、きちんと使って頂けるような安心感があります。

・送料自己負担
・中古品可
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2011-11-23 19:30 | まじめなお話

*東京/飯田橋* イタリア料理 "Cento Luci(チェント・ルーチ)"

飯田橋西口と東口の間の、東京大神宮のあたりをぶらぶらしていて、たまたま見つけたイタリアン。店内がウッディーな感じを気に入って入ってみました。

お料理 ♪♪
- 前菜
低温ローストのハム、ひよこまめ・きのこのマリネ、さつまいも・にんじん・サラダのプレート。ハムはおいしかったのですが、ちょっと筋っていて残念。筋をやわらかくする工程を加えた方がよいかと。にんじんは少しローストしてあるようで、いい甘みが引き出されていておいしかった。

- 帆立のクリームトマトペンネ
初めて頂くお味。クリームは控えめで、帆立のスライスと水菜を具に、酸味の強いトマトを使ったさっぱりソース。ペンネのアルデンテ加減もちょうどよく、おいしく頂きました。
ペンネの量は、若干多目なので、かなりお腹一杯になります。

- コーヒー
ちょっと薄め。

雰囲気 ♪
テーブルと椅子がダークブラウンの無骨な感じの木製のもので、なんだかスキー場のペンションのダイニングとかそんな感じ。席間は狭いですが、配置を工夫してあるので、気になりません。
そして無骨な感じでありながら、店内はがやがやしていなくて落ち着いていて、なかなかの居心地。

サーブ ♪
ふつうです。

お値段 $$
上記3点で1800円

ひとこと
バランスの取れたコースで、落ち着いた雰囲気でなかなかよかったですが、お値段設定は周りのお店に比べて強気かな、と思いました。絶対額としては納得感ありなのですが。

Cento Luci(チェント・ルーチ)
住所: 千代田区富士見2-3-1 信幸ビル1F   (飯田橋駅西口から徒歩3分)
電話: 03-3221-1023
営業時間: 11:20am - 2:30pm、6pm - 11pm 日曜休
URL: http://www.centoluci.com/
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2011-11-19 16:46 | グルメ

ビジネスパーソンとして成功するための7つの極意

先日、会社のDiversity Eventの一環で参加した、Royanne K. Doi氏による講演のメモ。

同氏はハワイで日系4世として生まれ育ち、UCLAでJD学位取得後、弁護士として活躍。日本にて金融機関のインハウスカウンセルとして20年近くお仕事をする傍ら、各種講演活動もなさっている、パワフルウーマンです。

Seven Secrets to a Corporate Success
1. Run your career like you would a company
2. Don't hide your good results.
3. Give/get feedback.
4. Network for career longevity.
5. Surpass your mentors.
6. Trying to add to much value.
7. Climbing the ladder of assumption

このうち1.~5.がbasic、6.~7.はmid-managersが犯しがちなmistakeに係るものです。


メモ
1. → 会社のBSよろしく、自分についてもstrengthを資産とし、weeknessを負債としてBSを作ってみるという視点は、金融関係者には感覚としてしっくりくるものがある。 Perform beyond expectation と Deliver results on time or ahead of time といわれたが、まぁこの両立がなかなか難しいんですが、やはり大事です。

2. → 日本人に多いのは、チームが助けてくれたから、という謙遜が多いが、それはよくないと。 これは日系企業では難しいですし、外資系金融機関でも日本色の強いところではなかなか難しい気がする。 aggressive過ぎるという評が立つのも、管理部門系の人間にとってはあまり好ましいことではないと思うので。

3. → 調査によると、Without feedback, in two years you will be under-performing compared to your peers.とのこと。そして褒めることしかせずに改善点のフィードバックをしないのは、マネージャーの怠慢であるとはっきり明言され、すっきり。上司に対しては、「自分はもっともっと改善していきたい / ○○をしたいので、improveすべきところを教えてくれ」とはっきり聞くべし、とのこと。 それでも逃げる管理職は、世の中にごまんといるわけですが、、、ね。

4. → とくに忙しい人はネットワーキングに時間を使うくらいだったら仕事を片付けたいと考えがちだけど、Networking is for career longevity and career guaranty. Networking is for find people who help you professional. さらには、 Exclusion from informal networks is one of the top barriers to success.とのこと。 終身雇用制が崩れつつある今だから、ということに限らず、違う業界の違う目線の人とビジネスパーソンとして会話をできる環境というのは、そりゃ確かに必要だと思いますが、なかなか真に突っ込んだというか核心を突いた意見を交換できる間柄を幅広く作るのはハードルが高い気がしています(日本人ゆえか?)。 私なりには、友人つながりでの集まりで知り合いを増やして、何回かお会いできる環境を作る、というのを努力目標にしていますが、なかなか最近は顔を出せておらず。 時間がないというのは言い訳であって、時間は作るものなので、ここは要改善。

5. → You should achieve beyond your own mentorsと。なぜなら、彼らが経験を踏まえたアドバイスをくれるのだから、同じ失敗はしないで済むから。 そして、別にコピーになろうする必要はなくて、メンター毎に、この人からはこの側面、あの人からはあの側面、とつまみ食いするもんだと。  メンターという言葉を知ったのは2004年頃だったと記憶しているが、思い返すと、ありがたいことに私にとっては大学生の時から、メンター的な存在の方が男女問わず年齢問わず複数いらっしゃったなぁと思う。 じゃぁ、私が誰かのメンターに慣れているんだろうか、というのは疑問だが。  そう、そしてメンターは与えられるものではなく、自分で開拓していくものだ、との言。 ちょっとお話をお伺いしたいので時間を頂きたい、と言われて断る人はそんなにいないから、この人と話したいと思ったら勇気を出して声をかける、そういう努力が必要とも。

6.&7. → 中間管理職にありがちな失敗の2つ。特に7.については勝手に仮定するんじゃなくて、1つ1つconfirmしていくべし、と。


参考図書
"Play Like a Man, Win Like a Woman -- What Men Know about Success That Women Need to Learn" by Gail Evans

"By Your Own Mentor -- Strategies from Top Women on the Secrets of Success" by Sheila Wellington and Catalyst

"Talking from 9 to 5: Women and MEn at Work" at Deborah Tannen

"What Got You Here Won't Get You There" by Marshall Goldsmith

"The Power of Full Engagement: Managing Energy, Not Time, is the Key to High Performance and Personal Renewal" by Jim Loehr and Tony Schwartz

"The Wisdom of Crowds" by James Surowiecki
 
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2011-11-13 11:09 | まじめなお話

Tips for work

会社主催のDiversity Eventの一環、異業種の女性の先輩達を囲んでお話を伺おう!というお食事会に参加してきました。

テーブルは3つ、各テーブル毎に10人ほどで、うち2-3人が先輩。我々世代は殆どがチームリーダーの立場にいるということで、部下との関係等に係るQ&Aが多く、部下のいない私はちょっと距離を置いて聞いていたが参考になった。その他働くことに対する姿勢等も含め、参考になったことをいくつかメモ。

・仕事は楽しく! でないと続かない
・リフレッシュは大切。 ヨガでもワインでも。毎朝リフレッシュした頭で望む
・発想は大胆に、行動は慎重に
・軸はぶれないこと、でも対応は柔軟に
・上司としては話過ぎない。部下にまず話させる。
・コミュニケーションは凄く大事。方法につき定石はない。常に試行錯誤するしかない。
・人間としての好き嫌いの感情を排除することを身につけないと、マネージャーとして限界ある
[PR]

# by smthng-new-evrydy | 2011-11-09 20:41 | まじめなお話