<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

地元の小学校の運動会

地元の小学校の運動会がありました。

都内なので、校庭は土ではなく、アスファルトの小さいお庭。私が学校のそばを通りかかったときは、全学年での大玉転がしの競技をしていましたが、全学年あわせても100人くらいの小さな学校。1年生と6年生では、赤ちゃんと大人くらいの違いがあって、一緒に競技するのは難しいのでは、とも思いましたが、上手に大きいお兄ちゃん・お姉ちゃん達がリードして、協力して大玉を転がしていました!

続く3年生、4年生の短距離走は、みんな足が早くてびっくり。それぞれ10人ちょっとの出場だったので、てっきり選抜選手かと思い込んでいたのですが、全学年の人数から推測するに、学年全員の出場だったみたい。いやぁ、それにしても足の遅い子がいなくて、特に4年生の足の速い子なんて、大人でも勝てないんじゃないか、というくらい、足の回転が速かった!

双方のおじいちゃま・おばあちゃまが見にいらしていたり、地元の商店街のおじちゃん・おばちゃんが応援していたり、と観客サイドの平均年齢がとっても高かったのが印象的。子供が少ないし、運動会の開催日も昔と違って学校によって違っているから、おじいちゃま・おばあちゃまも見にいらっしゃれるのでしょう。こうして大事に大事に育てられている次の世代を見ると、いまの日本の現状(国内・世界における位置づけ)がなんだか申し訳ない気持ちになるわ・・・。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-30 20:38 | 日本(上記以外)

学園祭

大学卒業以来、10年以上ぶりに学園祭に行ってみました。

今日が初日なので、模擬店の食べ物も、きっと各自初めて作るもの。 いやぁ、一生懸命作ってくれているのはわかるのですが、「????」というものでもありました。でも自分が学生の頃を思い出したり、きっとこの売り上げが彼らの打ち上げ資金になるのだ!と思ったりして、ほほえましく思いました。こういう気持ちを持ったり、大学生が中学生のように見えたりする自分は、完全に世代が違うんだなぁ、ということも実感。

焼きそばをクレープ様のもので包んだ大仏焼と、たい焼きを頂いたのですが、大仏焼ってネットで検索するとどうも私が食べたものとは随分違う。あれはナンだったんだろう? クレープが生焼けだったので、焼きそばだけの方がおいしかったなぁ(というより、焼きそばを作っているのを見て、焼きそばを売っているのだと思って注文したのでした・・・)。


今日のお目当ては、学生時代に私自身も取り組んだ企画、模擬裁判。とても練った内容で、舞台の使い方も上手で、すばらしかった。裏方を含め、とても多くの人が参加して作った舞台。私の時代とは違って、法曹に行きたい人は大学卒業後に法科大学院に行くので、最初から民間就職を考えていなければ大学3年生、4年生もこういう活動に力を入れられる人が増えているのではないか、と思います。我々の頃は、大学4年生の今時期なんて、民間就職の人は就職活動、試験の人は試験勉強で大変で、そういうのを押してなおこういう活動をしたい、という強い意思を持った人しか関わっていなかったから・・・。理系で大学院に行かない人の割合と、法学部で法科大学院に行かない人の割合がどうなのか、全くデータを持ち合わせていないが、4年生まで学生にしかできないことに時間を存分に使えるという状態は、私たちの世代の理系の学部生と法学部生は同じような感じかな、という気がして、うらやましく思いました。同時に、おカネのある人しか法曹になれない、法曹になっても昔のようには稼げないから借金が返せない、弁護過誤の発生、という問題が生じているのも事実なので、今の制度が100%成功、とは思いませんが。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-29 20:16 | まじめなお話

*東京/江戸川橋* 焼き鳥 ”焼とり みとみ”

以前から気になっていた江戸川橋の地蔵通り商店街の焼鳥屋さん、みとみ。11時過ぎにお夕飯を食べたくてうろうろしていたら、開いていたので、入ってみました~。

お料理 ♪♪
ちょっと一杯セット、みたいな名前のセットで、お小鉢、日本酒以外のお酒1杯、焼き鳥6本(ささみ、レバー、砂肝、胸、もも、皮)が1300円でいただける、というので、これをチョイス。

お小鉢は、なすの揚げ煮。もうなすの季節ね、と思いながら口に含むと、歯ごたえを残した、甘みの少ないおいしいお味。私の実家は、煮物を殆ど甘くしない(みりんは使わず、少しの砂糖で味付け)ので、私は甘めの煮物はあまり好きではないのですが、ここのはほんのりの甘さで、おいしかった!

焼き鳥は、塩で頂きます。とくに、ささみ・もものやわらかく仕上げた優しいお味がよかった。皮もカリカリではないですが、なかなかいけます。お店を出てもう一度看板を見たら、ブランド鶏だそうです。

雰囲気 ♪♪
ご夫婦で切り盛りしている、縦長のカウンターが中心のお店。カウンター10席くらい、テーブル4席くらいのこじんまりしたこぎれいなお店です。
禁煙ではないようですが、換気・空気清浄機がいい仕事をしていて、すぐに煙が消えます。

サーブ ♪♪
旦那さんが焼き、奥様がサーブ、というのが基本の役割分担のようですが、奥様が注文をとっているときには旦那さんが直接お持ちくださりました。とても温かい雰囲気のお2人で、サーブも、特に特徴はないけれど、ほんわかした気分になります。

お値段 $$
上記のセットで1300円(税込み)。

ひとこと
焼き鳥もおいしいし、雰囲気もいいし、夜遅くまえ開いているし、ちょっと行きつけになりそうです。
こういうお店のママって、実はあこがれだったりします。

行き方
有楽町線江戸川橋駅4番出口を出て、出口すぐ右の通りに入り、突き当りを右折し、1分ほど歩いた左側。
駅から徒歩2分。

焼とり みとみ
住所: 文京区関口1-2-8 地蔵通り商店街
電話: 03-5261-8981
営業時間: 5:30pm - 12am(last order at 11:30pm)、日曜と第3月曜はお休み、祝日は営業
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-27 23:35 | グルメ

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of May 21 to June 3
b0123441_20562164.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-21 20:56

9周年

もうあれから満9年も経ち、今日から10年目に入りました。

その間にいろいろな環境の変化があって、涙あり笑いありだったけれど、それを越えていまここにいると思うと、長いようで短い9年だなぁ、と思います。

9周年の当日は、私は会社で、相方は家で、明け方までお仕事で、私が帰宅する1時間ほど前に力尽きたという相方とは顔を合わせることなく10年目に突入してしまったけれど、今日は揃ってお休みを取って、のんびり過ごします。

10年目も、かっこつけることなく、自然体で、過ごしていきたいと思っています。

b0123441_2194015.jpg

この和菓子のように楚々とした、しっとりとした生き様にあこがれます・・・。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-21 10:00 | わたしについて

「小さなことを大きく悩まず、単純なことを複雑にしない」

本日の日本経済新聞夕刊
東芝メディカルシステムズ常務執行役員の鬼塚ひろみ氏のいう、ご本人のスタイル。

耳が痛い・・・
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-17 23:34 | まじめなお話

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of May 14 to May 20
b0123441_23515920.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-14 23:51

第30回記念鹿沼さつきマラソン

昨年11月のハーフ以来約半年ぶりにハーフマラソン、第30回記念鹿沼さつきマラソンに出場。場所は栃木県の鹿沼市。さつきと鹿沼牛の故郷です。

1月末のフルマラソン後、言い訳ばかりして、2月3月の総走行距離12km。4月に入り花粉も落ち着き走るのを再開したが、4月で41kmしか走れず。そして、GWは山登り後の筋肉痛で走るどころではない、というこれまた惨憺たる準備状況で本番に臨んだハーフ。

記録は、2時間9分0秒。11月の記録プラス10分強。11月もあまり練習せずに臨んだのでその点では同じ条件。今回の11月との違いは・・・
- 気温が高い! 15度近く違う。
- 1kg強太った
- 前半はほぼずっと緩やかな登り坂
- 睡眠不足(前日3時間ちょっと+行きの電車内で1時間ほど)
- 根性不足・・・
- 時計をしていなかった

5kmあたりで周りの人が、1km5分半弱のいいペースだねぇ、とおしゃべりしているのを聞いていたのですが、8kmあたりから暑さと登りとでバテ始めて失速。11kmあたりで折り返してからは快調で、脚の違和感も股関節や膝の痛みも一切なし。給水が豊富で水分補給とともに身体を冷やしながら走れたからかも。

参加賞でランニング用のデイバッグを頂いたので、これなら会社帰りのランニングもできそうかも。会社から皇居を一周してそのまま自宅に向かうと7-8km、2周したら12-13kmでちょうどいいランになりそう~。

気がついたことメモ
- 脚に違和感を感じ出す前から、給水の都度、脚に水をかけて冷やすのは、得策。
- レース中の飴もいい。 ハーフ後半で1つ口にするだけで、かなりの当分補給になる。
- やはり減量が大事。目標あと3kg。
- 筋トレ。これはゴルフ的にも必要性を感じているもの・・・。

つぶやき
9kmあたりからの数キロは田んぼの中の道路を走りました。田植えを済ませた田んぼはとても美しく、蛙さんが「ケケケケケっ!」と鳴いて応援してくれて、とてもほのぼのしました。実家の周りに畑はたくさんあったけれど田んぼはなかったので、こんなに田んぼに近づいたのは実は人生初! たまに通過する東武線は、「ポーっ」と鳴らしてくれて応援しているかのよう。地元の方の応援や給水、シャワー等も温かく、人気大会のゆえんがよくわかりました。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-09 23:46 | スポーツ

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of May 7 to May 13
b0123441_2351667.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-07 23:47

『はなのすきなうし』 ("The Story of Ferdinard")

昨日見たThe Blind Sideの中で、サンドラ・ブロック演じる母が子供達に読んであげる本の1つ、『はなのすきなうし』。ネットで検索してみたら、米国の子供達はみな、小さい頃に親御さんに読んでもらう絵本の1つだそうだ。日本でも「はなのすきなうし」という題に翻訳されている、とのこと。

私は映画を見るまでこの絵本を知らなかったのだが、このストーリーは、私を実に優しい優しい気持ちにしてくれた。この絵本を読んでもらった子供たちは、一体何を思い、何を感じるんだろう。子供と大人とでは感受性も違うし、気づきのポイントも違うから、きっとびっくりするような感想を口にするんじゃないかな。

子供のための絵本選びも、親御さんにとっての楽しいひとときなのかもしれない。

・アマゾン日本はこちら。なか見!検索もできます。
・アマゾンUSはこちら
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-05-05 21:39 | まじめなお話