<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of April 30 to May 6
b0123441_3161544.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-30 23:15

面接官

今日は朝から晩まで、新卒採用者の面接官の役を仰せつかり、11人の大学4年生を面接してきた。これまで学生さんとお会いしてお話することは数え切れないほど経験してきたが、本物の面接官のお仕事は初めて。

いろいろな大学のいろいろな学生さんとお会いしたが、みなそれぞれ個性があっていい学生さんばかり。でも全員を採用できるわけではないから、選考をしなければならない。たった数十分でそれを判断するって、とても勇気の要ること。

就職は縁、というのはよくいうが、まさにその側面はあると思う。

学生さんみなが、ハッピーな就職をできますように☆
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-26 23:02 | まじめなお話

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of April 23 to April 29
b0123441_3144734.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-23 23:13

今度こそ。

昨年12月に、旅立ったはずだったのだけど、意気込みだけで終わってしまった私。

今度こそ旅立つぞ、と意を新たにした本日。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-20 23:43 | まじめなお話

*東京/飯田橋* インド料理 "想いの木"

先日、神楽坂通りをお散歩していて、「本場最高級ホテル出身シェフが調理する上質なインドレストラン」という木の立て甲板を発見。お店は2階にあり、入り口はこの写真のような感じで、なんだか不思議な感じで気になっていたお店。不定期にやってくる私のカレーブームの今日、ランチに行ってきました。
(写真は店主のブログから拝借)

お料理 ♪♪
辛さは3段階。今日は全て真ん中の辛さを選択。 ハーフカレー2種を2人で頼み、計4種類を堪能。
- マトンカレー:  スパイスが独特。マトンの臭みが殆どないですが、少し残してもよかったかも。

- 野菜カレー:  かぼちゃをはじめお野菜ゴロゴロのカレー。店主のお父様が作る減農薬野菜の甘みが生きていておいしい!

- ほうれん草カレー:  ミルクたっぷり。そしてしょうがもたっぷり。ほうれん草の甘みと苦味、ミルクとしょうがの絶妙なバランスで、つい二口目に進んでしまう。

- シーフードカレー:  小さいえびとホタテがいっぱいの、ココナツミルクで仕上げたカレー。こちらもしょうがたっぷり。ミルクとしょうがって意外と合うのね。

- ナン:  バターも多すぎず、カリッと感とふわっと感のバランスもよく、おいしい。

- サフランライス:  サフランをたっぷり使ったライス。しょうがの強いカレーにもぴったり。

雰囲気 ♪
和の内装。木を多用し、照明も暗め、落ち着いた空間です。BGMはクラシック。
テーブル感覚が狭くて、整然と並んでいるので、学校の教室っぽい感じがしてしまう。ディナー時はもう少し人口密度を低くしたほうがいいのでは?

サーブ ♪
ふつう

お値段 $$
ハーフカレー2種、ハーフライスとハーフナン、サラダのセットで1100円(税込)。

ひとこと
2004年9月から築地でCaliCariを経営していた店主が、昨年12月末に築地のお店を閉め、ここ神楽坂に2月1日にオープンしたのがこのお店。キッチンには3人のシェフがいて、なかなか丁寧にお仕事をしている感じでした。
男女問わず、1人でふらっと訪れる人も多く、既になかなかの人気店のようです。

行き方
神楽坂通りの神楽坂上の交差点から少し東西線神楽坂駅方面(北側)に進んだところの左手。

想いの木
住所: 東京都新宿区神楽坂5-22 2F
電話: 03-3235-4277
営業時間: 11:30am - 3:30pm、5:30pm - 10:30pm、無休
URL: http://omoinoki.com/
店主のブログ: http://curry.omoinoki.com/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-18 13:49 | グルメ

かに殻の利用法

年末に通販で購入した生かにの冷凍4肩分。
スチームにしたかにが一番好きなのですが、冷凍カニのボイル・スチームは難しいそうで、下手すると身がスカスカになってしまうということなので、お魚屋さんのお勧めに従って、フライパンで焼いていただきました。

そして、大量に残るかに殻。

風味がたくさん残っている、このまま捨てずに何か再利用できないか、とネット検索。いろいろ見た物の中から、私が採用したものはこちら。

1.殻で出汁をとる。
カニ殻を軽く洗い、水気を拭いた後、200度のオーブンで20分~25分焼いて香ばしさを引き出す。

お水を適量入れたル・クルーゼに焼いたカニ殻をいれ、30分程煮込む。


2.粉末に。
出汁をとった後の殻を盆ざるに広げてカラカラに感想させ、ミキサー(*)で粉々にして、冷蔵庫で保管。
お味噌汁にちょっと振り掛けたり、おにぎりにまぶしたりすると、風味が出ておいしいです。

最後は、畑にすきこむと、土壌改善になるそうです。 我が家にはお庭がないので、今度実家に帰る際に渡そうかな。

(*)フードプロセッサーでは、粉々になりませんでした。 ミキサーで粉にした後、FPにかけてもそれほど粒子が細かくならなかったので、ミキサーonlyで足りると思います。

しかし、やっぱり生の蟹の方がおいしいなぁ。。。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-17 23:56 | クッキング

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of April 16 to April 22
b0123441_14265690.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-16 23:24

ちょっと久しぶりな休日出勤

2009年度の期末は、びっくりするほど忙しくなかったので、休日出勤する必要もなく、平日勤務だけでこなせる量でした。

が、ちょっと平日だけでは終わらない、本の執筆という仕事を引き受けてしまい、月曜朝にとりあえずの〆切りなので、今日はこれから出勤します。

多くの会社で分担して書く本で、わが社はある章につき3万字書けばよいところ、4人で担当していてなぜか私が1万5千字分。まぁ一番の下っ端なので仕方ないし、筆を入れる担当よりは、精神的にラク(先輩が書いた文章に筆を入れるのは精神的に耐えられない。。。みなさん、論客でプライド高いので・・・)なのですが。

というわけでいってきまーす。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-10 08:44 | わたしについて

「相手の大事にしているものを自分も尊重する」

日本経済新聞 4月6日(火)夕刊 スポーツ欄から

「相手の大事にしているものを自分も尊重する。やはりそれが基本。」

アフリカでの体験から出た言葉だそうだが、これは大きい意味での異文化交流の場面だけではなく、自分と他人という小さい異文化の衝突の場面においても、大事な視点。 

自分が大事にしているものを相手に尊重されたとき、ひとは自分が受け入れられ、認められ、対等な立場でリスペクトされた、と思うからではないかな。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-06 23:43 | まじめなお話

「自分の時間は自分で管理するんだ」

2010年4月2日(金)付 日本経済新聞 生活・ひと欄から

「自分の時間は自分で管理するんだ」
ハンガリー出身の数学者、ピーター・フランクル氏が高校1年生のときに理数科クラスの担任の先生から教わったこと、という。

「ホテル生活も多いのですが、大道芸の練習も1日に1時間以上しています。自分の時間をしっかりと管理すれば、色々なことができ、人生の価値を高めることができるのです。」

自分の時間を管理すること。これがいかに大事で、いかに単純なことでいかに難しいことか。ちまたで言われる数々の時間管理術の中でも、私には佐々木かをり氏の「アクションプランナー」の使い方に関するアイディアが、自分にとってのいいヒントになっているのだが、ヒントになっているだけでまだまだ活用しきれていない感が多い。

自分の時間を管理することとは、起きている時間を常に忙しく過ごすることとは全く違う。人間、ぼぉっとしたり、友達や家族とたわいのない会話をしたりする時間も、必要だと私は思うから。ただ、そういうことをするにも、今はそのための時間だ、と意識してするのと、気がついたら週末終わってしまってたわ、というのとは、全然意味合いが違う。前者こそが、まさに自分の時間を管理する、コントロールする、マネージするということだと思う。

最近、自分の時間を大切に管理するという意識が薄れてきているのかも、ということを気がつかせてくれた、大切な、日経新聞のコラムでした。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-04-04 14:51 | まじめなお話