<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

仕事をする上で大事なこと

わが部の担当をして下さっている常務は、4月1日付にて担当部署が変わる。これまでのお礼の会、ということで、今日は常務を囲んでの飲み会。
役員になれる人はほんの一握り。いろいろな批判はあれど、役員になる人というのは、ある面で秀でた人たち。今日の常務はご機嫌で、たくさんお飲みになり、同じ話を5回は伺ったが、中でも記憶に残ったご発言をメモ。

①5年日記を付けてる。 1日5行 書けること2つ
②face to face / heart to heart
③○○くんは、包容力とsomething newを持ってる。伸びるぞ。
④君は頭が良すぎるから、しんどいだろうね。
⑤米国でどんな本読んだ?
⑥海外勤務は恵まれてる。その分、120%働け・


こういう席で頭がいいと言われるのは、決してほめ言葉じゃない。頭でっかちって意味が半分以上。20代は血気盛んに正論を言っていて許されるけれど、30代はそれじゃぁ力不足。私の部の仕事は、筋を通すこと、正論を言うことが仕事の大事な軸だと信じているが、そうは言っても民間企業。学者じゃないので、プラクティカルであることが必要。だから、③にいう2つの特徴が大事。


それにしても、飲み会の席をご一緒するなんて、私も歳になったもんだ。

(2010年4月16日記)

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-03-30 23:08 | まじめなお話 | Comments(0)

*東京/神楽坂* リヨン料理 "ルグドゥノム・ブション・リヨネ"

ホテルソフィテル東京のフレンチレストランの評判を確実にしたシェフが、2007年9月にオープンした、リヨン料理のレストラン。とても評判がいい上に、神楽坂では珍しく、日曜も営業していると知って、ランチに行ってきました! フランス語が飛び交う店内、リピートしたいところです♪

お料理 ♪♪
前菜、スープ、チーズ、メイン、デザート、グラスワインが各1つずつ含まれるコースをチョイス。
- (前菜)エスカルゴ:  まずエスカルゴディッシュの窪みが深くて(2cmはある)びっくり。 下から、半分に切ったミニトマト、エスカルゴ、パセリやにんにく等のソース、そして小さいパン?の順に重なっていて、バターがたっぷり。熱々だから、1つずつ冷ましてから頂かないと火傷しそう。 でお味は、にんにくがかなり強めなのにトマトの酸味でマイルドになって、深い味。赤ワイン、カモ~ン。

- (前菜)鶏レバーのプティガトー 茸とトサカ添え トマトのクーリ:  相方チョイス。鶏レバーの温製ムースって感じ。上に、トマトをペースト状にして裏ごししたソースがかかっている。オレンジ色なのと、とっても甘みがあるので、オレンジのパプリカのソースかと思ったくらい。レバーの臭みはもちろんなく、でも独特の苦味というか主張はしっかり活かした、上品なお味。

- フランス産さやいんげんのポタージュ: 
 表面はエスプレッソのようにふわふわ。お味の方はシンプルなポタージュで、こしょうは使用せずのお味付け。身体にやさしそうな、ほっとするお味。

- (メイン)蝦夷じかのステーキ:  蝦夷じかのほぼウェルダンのステーキ。びっくりするほどえぐみがなくて、さっぱりとしたお味。適度な食感とやわらかさ、味つけもこしょうは殆どなし。きのことバルサミコベースのソースが華やかさを添える。幅2cm、長さ10cm、高さ1cmほどの、マカロニにチーズを乗せて焼いたスティック状の付け合せが、視覚的にかわいい。

- (メイン)玉ねぎと鯛ポワレのパイ乗せ:  相方チョイス。抜群においしい! 下から、4cm×10cmほどのパイ生地、あめ色直前まで炒めたしゃきしゃき感の残る玉ねぎ、鯛のポワレ、エシャロットを重ね、周りにトマトのクーリとバジルのソースを水玉状に散らしたもの。ソースと玉ねぎとパイ皮を一緒に頂くと、玉ねぎの甘みとバジルのちょっとしたパンチが相まって、溶けそうなおいしさ。

- セルベール・ド・カニュ(リヨン地方の白いチーズ):  フラマージュ・ブラン、エシャロット、シブレット、にんにく、白ワイン、生クリームを合わせたチーズ。パンに付けて頂くのですが、酸味があってさっぱりしているので、別腹?に入ります。もうワインがなかったのが残念。

- (デザート)南瓜のアイス棒仕立て ショコラショーとヘーゼルナッツ:  かぼちゃのアイスが棒アイスになってます。それに温かいチョコレートをかけて頂く。ジャンキーっぽいけれど、アイスがお上品なので、正統派な感じ。遊び心が素敵です。

- (デザート)チョコレートのマカロン ラムレーズンのアイスクリーム添え:  相方チョイス。ラズベリー生地にチョコレートクリームがサンドされてるマカロン。ちょっと大きめ。酸味とクリームの相性がよく、かなり美味しい。どちらかというと、こっちのデザートの方をたくさん頂きたかったな。

- (ワイン) Côtes du Rhône Rouge:  コースについているグラスワイン、追加で頂いたグラスワインとも。軽さの中にタンニンのしっかりしたお味もあって、気軽なランチに合います。


雰囲気 ♪♪
オーナー・シェフのクリストフ・ポコさんが、ブションという長い伝統を持つリヨンのレストランを再現したという店内。1900年代の螺旋階段、スズ製のカウンター、ワイン・カーヴ、アール・デコのライト、樫の木のテーブル、床に敷かれたタイル、壁にはリヨンのイメージを伝える絵。私は2階のお席でしたが、道路側は天井から足許までガラスなので、自然光が入ってとても明るく、開放的な雰囲気。フランス人の家族連れが2グループいて、フランス語が飛び交っていたこともあって、日本ではないみたいな錯覚に陥りそうでした。

サーブ ♪
ふつう

お値段 $
コース、グラスワイン、コーヒー、ガス入りお水で、1人5,500円+消費税。

つぶやき 
ポタージュを頂いているとき、恥ずかしながら私のポタージュもいい線行っているぞ、と思っていたら、相方からご指摘あり! 私のポタージュは、なるべくシンプルに野菜のお味を感じたいという理由で、野菜を水で柔らかくして、ペーストにした後は豆乳と塩コショウでお味付けするだけなのだが、お水の代わりにブイヨンとかコンソメを使ったら、もっと近くなるかも! しかし、エスプレッソ仕立てにする方法は・・・?

パイと玉ねぎのものは、ちょっと研究して、頑張ってまねしてみたいです。

行き方
神楽坂通りから本多横町に入って、10mほどの左手。

ルグドゥノム・ブション・リヨネ(Lugdunum Bouchon Lyonnais)
住所: 新宿区神楽坂4-3-7 海老屋ビル1F
電話: 03-6426-1201
営業時間: 11:30am - 2:30pm、6pm - 10pm、月曜休み(祝の場合営業、翌日休)、第3火曜休み
URL: http://www.lyondelyon.com
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-03-28 18:26 | グルメ | Comments(0)

*東京/神楽坂* 魚料理 "うまい魚 海"

神楽坂通りの毘沙門天の少し手前(飯田橋より)に、毎週土曜にランチの宣伝が出ているお店。おいしいお魚を頂きたい、ということでランチに行ってきました。

お料理 ♪
土曜ランチは、煮魚、焼き魚、お刺身のいずれかを選んで、麦とろご飯とお味噌汁、お漬物がつく定食。
煮魚は鯛、焼き魚は鯖、お刺身はいろいろということで、2人で煮魚定食とお刺身定食をチョイス。

- 鯛の煮魚:  おいしい♪ 味付けは濃い目(見た目の茶色感も濃い)のですが、しょっぱくなく、鯛のお味を生かしていて、ほろっと柔らかい。さすがプロ。
- お刺身:  ふつう。

雰囲気 ♪
お店はビルの2階にあって、打ちっぱなしのコンクリートの内側に木の内装。入って右側はカウンター、左側は半個室っぽくなっていて、いずれも椅子席。カウンターの向こうの調理スペースは広そう。
天井が高く、また窓から柔らかい日光が差し込むので明るい。
きちんとしているが、高級感で緊張するでもない、居心地のいい雰囲気。

サーブ ♪
ふつう

お値段 $
煮魚・焼き魚定食は各1000円、お刺身定食は1200円(いずれも税込み)。

ひとこと
食べログを見ると、伊豆にあるホテルの直営だそうです。
特別感があるお店ではないので、ふだんづかいで。

行き方
神楽坂通りの毘沙門天の2本手前の道を左折。突き当たりの右側のビル。

うまい魚 海
住所: 新宿区神楽坂3-6 神楽坂館 2F
電話: 03-3266-0373
営業時間: 11:30am - 2pm(月 - 金)、11:30am - 3pm(土)、5pm - 11pm(月 - 金)
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-03-27 17:55 | グルメ | Comments(0)

*東京/神楽坂* タパス料理 "El Camino"

今週は4日しかお仕事してないのに、なんだか妙に気分転換をしたい気分だったので、夜10時半頃、以前から気になっていた地元のタパスのお店に行ってきました。(写真はお店のHPより拝借)

お料理 ♪♪
- アボガドとアンチョビの前菜: スライスしたアボガドにアンチョビをのせ、5mm角のトマトを散らしてオリーブオイルをかけたもの。アボガドのとろりをアンチョビの塩気が〆め、ワインを誘う。 これは簡単、お家でまねできる!

- ハモンコロッケ: 長さ3cm、直径2cm位の小さい俵型のクリームコロッケ。ハモンが中にも入っていて、爪楊枝にもついてる。これはごくふつう。

- タコのガリシア風: スライスしたゆでタコにパプリカ、お塩、オリーブオイルをかけたもの、 これも簡単でおいしい! まねします。

- モルシージャ(豚の血の腸詰): スペインにもあるんですね、豚の血の腸詰。アルゼンチンのチョリソ、韓国のスンデ、フランスのブーダン・ノワールに続き、私の好物に仲間入り。渋みのあるBanda Azulがよく合います。

- ガルナッチャ(Garnacha)種100%の赤ワイン
甘みの中にタンニンの渋みが。これは、どこかで味わったことがある、と思ったら、1年以上前のチリ旅行で最初に行ったワイナリー、Laura HartwigのCarmenére 06と同じ味!

- Banda Azul (Rioja), 2008
テンプラニーリョ(Tempranillo)とガルナッチャ(Garnacha)のブレンド。テンプラニーニョは、スペインのぶどうの品種で、主にリオハの赤ワイン用に栽培されているそう。渋みが強いワインで、以前頂いたときはいまいちかなぁ、と思ったのだが、今日のブレンドはかなりよい。少し重め。モルシージャに合うのだ。

- カベルネソービニオンとメルローのブレンド
王道の味。これの方がよりモルシージャに合うかも。

雰囲気 ♪♪
カウンター10席くらい、テーブルは20席分くらい。がやがや、まさにバール。喫煙可なのが玉に傷だが、比較的喚起が良いようで、こちらには煙が来なかった。とてもフレンドリーだけど、馴れ馴れしくもない。いい距離感。

サーブ ♪♪
ふつう。

お値段 $$$
2人で、タパス4皿とグラスワイン3杯で、約7000円。

ひとこと
タパスのレシピ集、よさそうなものを発見! 

El Camino
住所: 新宿区神楽坂3-1 京花ビル2階
電話: 03-3266-0088
営業時間: 6pm - 11pm(月 - 金)、土日祝休み
URL: http://machi.goo.ne.jp/03-3266-0088
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-03-26 23:46 | グルメ | Comments(0)

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of March 26 to April 1
b0123441_14292545.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-03-26 23:28 | Comments(0)

20代でママになる

私が所属する小さい組織の仲間の若手の一人が今週出産してママになった。また、別の若手に、最近おめでたが判明。クリスマスまでにはママになる。

私はまだ娘の立場でしかないから、女性が母親になることが、どんなことなのか、実感としてはわからない。でも、ある友人が、「自分にとっての出産は、いままでしてきたことの中で一番の偉業だし、今後これを超える偉業はできないと思う」と言っていた。言葉を選んで使う彼女が、自分の行為について「偉業」という言葉を敢えて選ぶほどのことなんだって、とてもびっくりしたのを5年以上経ったいまでも鮮烈に覚えてる。それぐらいすごいことなんだ、出産って。

20代って、お仕事も、人生も、まだまだこれからの時期で、どんな方向にでも開花できる時期。それゆえの悩み、不安もあるけれど、そういう時期にいろいろな価値観を持つこと、触れることは、その後の人生にとても大きな意味を持つと思う。プレママの時期を含め、ママになると、それまでは自身でも想像もつかなかったようなことを思い、気がつき、考えるようになると、よく聞く。だから、20代でそういう時期を迎えるのは、30代ではじめてその時期を迎える場合と違う、何かがあるように思う。

残念なことに、私が所属する組織は、まだまだ働くママにはフレンドリーではないから、彼女達が育休明けに復帰した後は、とても大変だと思う。でも、彼女達ならきっとできるし、私はお迎えする側として、組織の人々の意識改革を含めたサポート態勢作りに少しでも力になりたい。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-03-25 23:09 | まじめなお話 | Comments(0)

自分の身体を知るということ

首から肩にかけての硬さがどうもいやぁな感じだなぁと気がつき始め、以前お世話になった気功整体の先生に診て頂こうと思ってはなかなか都合がつかずに数ヶ月。今日久々に行ってきました。なんと、前回ブログに書いて以来だから2年弱ぶり。

先生は私を見るなり、風邪引いてるね、と。本人、全然自覚していなかったのですが、どうもここ数日で風邪菌をもらってしまっているようです。首や肩、背中の、風邪菌を持っていると硬くなる箇所がゴリゴリ。交感神経が興奮しすぎ、内臓弱ってる、身体がめちゃくちゃ冷えてる、と何だかもう大バッテンでした。「いいとこ、一つくらいないですか?」と聞いたところ、「これだけ調子が悪いのに、気の通りがいいことくらい。でも、随分前に、急に走り込みすぎて膝壊したときよりはましだから、大丈夫。」と。ここのところ花粉症っぽい症状が出ていたのも、交感神経が興奮していてアレルギー反応と同じものを示しているだけで、花粉症じゃないよ、とのこと。 なるほど。  

先生の施術を受けていて、左半身がこわばっていて、冷えが溜まっていることとか、身体が凝り固まっていて可動域がとても狭くなっていることも実感。先生曰く、気が張っていて緊張しているから風邪の症状が出ていないけれど、今日の施術でリラックスした後は咳や熱が出たりするかもしれないが、出した方が身体のためにはいいので、温かくしていなさい、と。

自分の身体のことは自分が一番よく知っていなければいけないのに、また少しの変化にも耳を傾けるようにしているつもりなのに、全然わかってないんだなぁ、と反省。20歳代とは違うのだから、もうちょっとこまめに自分の身体と対話して、メンテナンスをしていかないと。

今週の身体の調子を見て、今週末か来週末にもう一度先生に診て頂くことになってます。


東洋中国気功整体院 新橋院
住所: 東京都港区新橋2-10-3 ブラザービル4階
電話: 03-3501-5788
営業時間: 10am - 9pm
URL: http://www17.ocn.ne.jp/~taiyan/seitaiin/seitai.html#sinbasi
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-03-22 19:12 | 美容・健康 | Comments(0)

*東京/神楽坂* 広島お好み焼き料理 "広島っ子"

本多横町を下りて大久保通りにぶつかる手前にある広島お好み焼き屋さん。広島で20年以上名店で、本場の味!という口コミを見て、行ってみました。
このお店、通りからは中が全然見えないので、気になってはいたものの、なんとなく怖くて入れなかったのですが、全然ふつうのお店でした。

お料理 ♪
広島お好み焼きはとても丁寧に作ってくださって、もやしのしゃきしゃきと細め・固めの麺や生地、ソースとの相性◎。ソースはかなり甘めで、個人的にはもうちょっと甘くない方が好きだけど、このくらい甘い方が本場なのかな? あとジャンキーさアップする感じがします。

ちなみに、お好み焼きの具材は、野菜以外などすべて現地から取り寄せ、広島で提供していた味をそのままに再現しているそうです。
(写真はお店のHPより拝借)

雰囲気 ♪
ほんわか、ほのぼのした食堂です。縦長の店内の両端にテレビが置いてあるので、テーブルのどちらに座ってもテレビ見えます。こういうお店って初めて。

サーブ ♪
ふつう。

お値段 $
焼きそば、広島お好み焼きそば玉で、1800円くらい。量的にはこれで充分。

ひとこと
お店の方、おそらくご夫婦と思われるのですが、とぉっても仲良しなお2人で、ほのぼの&ほほえましく、なんだかほっこりしました♪
あと、広島ラーメンとして、トンコツベースの醤油ラーメンは、チャーシュー、モヤシ、ネギとシンプルな盛り付けのラーメンもあるそう。中華料理もおいしいとか。また来ねば!

広島っ子
住所: 東京都新宿区津久戸町1-12
電話: 03-3260-5888
営業時間: 11:30am - 2pm(平日)、5pm - 11pm(平日)、12pm - 10pm(土日祝)、無休
URL: http://hiroshimakko.com/
(2010年3月29日記)
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-03-21 13:14 | グルメ | Comments(0)

Flower in the lobby

Flower in the lobby for the week of March 19 to March 25
b0123441_14325578.jpg

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-03-19 23:32 | Comments(2)

「リーダーの条件」 by 山本昌邦氏

随分前に職場で配布された書類の中から、サッカー界の山本さんのご発言を抜粋。経験に裏打ちされている人の言葉は、ずっしり来る。だからか、スポーツ選手の言葉、好きです。

- 「50歳を過ぎてもいまだに世界の頂点に行きたいとあきらめないでいるのが指導の原動力」
あきらめたら、そこでおしまい。あきらめず挑戦したら、成功しても失敗しても、必ずそれから学ぶものがある、っと思っているので共感。
一方で、時にはあきらめることも必要で、そういう勇気が大切な局面もあるけれど、あきらめの悪い私にはその勇気がない。要はバランスか?

- 「努力する才能が最も重要」
これが才能だ、というのは若い頃にはわからなかったもの。三十も越えるとよくわかる。
どんなに素質が良くても、努力を怠れば、一定以上にはいけない。スポーツ、芸術、勉強、何でもそう。

- リーダーの条件は3つ。
 「一つ目はパーソナリティ、人柄の部分」
 「二つ目は専門知識」
 「三つ目は指導能力」。指導能力というのは、「いかにいい質問をして選手に答えを探してもらうか」。

指導能力のくだり、ずっしり重みがあります。リーダーの条件とも言えるし、よき指導者の条件とも言える。答えは教えるものではなく自ら探すもの。それをサポートするのが指導者の役目、とわかっていながら、なかなか実践は難しい。

- 「選手の力を引き出すには、コーチや監督は、医者・役者・易者でなくてはならない」「医者は、選手の悪いところを見つけ、それを改善していく役割、役者としては、いろんなシチュエーションで選手のモチベーションを最大限に高めるパフォーマンスを行う役割、易者としては、選手の将来を見据え、その選手にとって最も必要なことを行うという役割」
役者の役割が一番難しそうな気がする。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2010-03-14 18:03 | まじめなお話 | Comments(0)