<   2009年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

3月末も無事に。

今月半ばには不安に思っていたこともありましたが、3月末も無事に越えることができました。必ず末までに終えなければならない案件、お客様の事情ほかにより来月に持ち越しになった案件、等、いろいろありますが、大勢は先週のうちに判明していたので、昨日今日は比較的落ち着いて過ごしました。

下期も、金融情勢の変化、米国政権の交代、日本の法律改正、日米でのいろいろな制度の新設等を受け、私自身のお仕事も、いつにも増して定型とは程遠く、ウルトラ応用編みたいなものが多かったですが、1つ1つの対応をする中で、社内外の人とのネットワーックが広く深くなって、仲良しさんが増えたことが、この下期の収穫の1つでもあります。

2009年度もまた、私にっとて変化が必要な年度になりそうです。
心身の健康第一で、頑張ります。

明日はオフィスの同僚と、2008年度打ち上げ&2009年度決起大会 です♪
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-31 23:35 | まじめなお話

世界フィギュアスケート選手権 エキシビション

今月22日から、LAダウンタウンにあるステープルズセンターにて開催されていた、2009年世界フィギュアスケート選手権。特に女子フィギュアスケートとペアが好きな私にとっては願ってもないチャンスなので、チケットを取ってエキシビションを見てきました!

出場者はメダリストに限らず、米国地元の選手も。午後2時から2時間半のエキシビションのうち、前半1時間は、メダリスト以外、休憩と地元スケートチームのショーをはさんでメダリストの演技。

以下、ど素人ながらスケートファンとして感想。

浅田真央ちゃん
b0123441_0504410.jpg鮮やかな赤と黒の衣装でタンゴを。4位に終って内心は悔しくて仕方がないのだろうけれど、堂々と笑顔で舞う姿は立派。
ただ、You Tubeで今大会のSPやFreeの演技と、数年前の演技を見て、今日のタンゴを見て思うのは、以前のような、身体の芯から手足頭が伸びて身体の内部からのびのび舞っていた彼女のよさが、隠れてしまっているような感じ。
表現力を磨くべく、手足の使い方の研究をしているんだろうけれど、それが却って、手は肩から、足は股関節から、頭は首からだけ動かすことにつながっているような。だからスケートの滑りも以前ほどはない気が。 
大人になったということなのかもしれないけれど、彼女のナチュラルな舞いの復活を願う。


安藤美姫ちゃん
b0123441_0514355.jpg銅メダリスト。黒を基調とし、スカートのすその方だけ少し赤の入った衣装。
音楽はボレロがかかったので、これは難しそうと直感したのだが、申し訳ないけれど、プログラム構成に山がなく、間延び感あり。ジャンプもスピンも少なかったので、もしかしたら体調がイマイチだったのかな。


Yuna Kimちゃん
b0123441_0531370.jpg金メダリスト。氷上の彼女はとにかく大人っぽい。
SPやFreeの時はアイメイクをしっかりしっかりして目力を強調していたけれど、今日はナチュラルに。10頭身くらいか、と思うほど、頭が小さくて、手足が長く、そしてアジア人特有の細さ。お人形のようでいて力強く、大人びた舞い。垢抜けています。


More
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-29 23:56 | スポーツ

お腹にやさしい鶏のスープ

昨日のマラソンのように、身体を激しく動かした後は胃腸の機能も弱っているはず。でも栄養もとらないと、ということで、昨夜はお腹にやさしい&手間のかからないスープを作りました。

材料 2人分
鶏もも肉     適量
大根        適量
にんじん      適量
セロリ       10cmくらい (なくてもOK)
ごぼう       10cmくらい
ローリエ      1枚 (なくてもOK)
塩コショウ

作り方
1. お肉とお野菜を適当な大きさに切る。私は大きめごろごろが好きなので、大きめ。
2. ル・クルーゼに、ごぼう以外のお野菜とお肉を適当に入れ、ひたひたになるくらいまでお水を投入。ローリエを加えてふたをして点火。
3. 沸騰したら、あくをとり、ふたをとったまま弱火でことこと20分。
4. その間にごぼうを下ゆでする。
5. 20分たった3.に下ゆでしたごぼうを加えて、さらに10分。
6. 塩こしょうで味付け。

ひとこと
お大根がとても柔らかく、スープをしっかり吸っておいしくなります。

平野由希子さんによるル・クルーゼのレシピ本によれば、ふたをとってことことすることで、透明なきれいなスープが取れるそうです。

料理酒やおしょうゆを少しでも加えると、こくが出そうですが、今回はなるべくシンプルに行きたかったので、塩こしょうだけにしてみました。身体が温まりました♪
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-23 23:57 | クッキング

パサデナ・マラソン (ハーフ)

東京では3月22日に東京マラソンが行われたそうですが、私は、地元のマラソン、Pasadena Marathonのハーフを走ってきました。

パサデナ・シティ・カレッジ(PCC)がスタート&ゴールで、我が家の近所を通り、アメフト場であるRose Bowlの周囲まで走ってPCCに戻ってくるコース。結構なアップダウンがあります。

例によってトレーニングができていないので、フルマラソンは断念。ハーフを(歩かずに)ちゃんと走りきることを目指しての参加。6時半スタートのところ、5時半過ぎに自宅を出て、6時頃駐車場に到着。着替え・ストレッチを軽く済ませて、会場までウォーミングアップを兼ねて走り、6時15分頃到着。

そして結果は、以下の通り♪

Overall:     1330 out of 2866
Women:     525 out of 1601
F 30-34:     103 out of 254
Age/Grade:   47.34% Place: 1406
10 Km:     1:03:23 Pace: 10:12/mile
Finish:     2:19:30 Pace: 10:39/mile

Tag Time:   2:19:30
Gun Time: 2:21:08

天気予報では、軽く雨、ということだったのですが、スタート前はどしゃぶり。一旦小ぶりになり殆どあがったと思ったら、10kmを過ぎたあたりで再びどしゃぶり。これは罰ゲームか、というくらい、ひどかった。。。でも、これは雨でも走る練習になる、と思い聞かせて走る、走る。

ハーフに挑戦したのは、おそらく2002年とか2003年に日本で、が最後。その後は、10kmとかフルマラソンのみだったが、今まで10kmは余裕で歩かずに走れても、それ以上になると15km過ぎくらいから走り続けられなくなって歩いては走り、になってしまっていた。原因は、オーバーペースだと思っていたので、今日はゆっくり目に最初から最後まで走ることを心がけ、できました! 息があがらない速さだったので、心肺機能には問題なかったのですが、やはり右ひざがまず痛みだし、次に左ひざ、そして股関節に痛みがきてしまいましたが、身体はkeep goingの体制になっていたのか、だらだら坂もものともせず、完「走」に成功。

こうやって長く走れる距離を徐々に伸ばしていって、フルマラソンも完「走」できるようになりたい!
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-22 16:11 | スポーツ

*LA/San Gabriel* ベトナム料理 "Golden Deli"

San Gabrielのミツワの近くにある、いつも大行列のベトナム料理店、Golden Deliのご紹介です。ここは、お昼時に行くととても混んでいるので、10:30am位にいくか、2:30pmに行くのをお勧めします。

お料理 ♪
b0123441_1344113.jpgおなじみPhoのほか、Bunといってスープが無く春巻きやお野菜を甘めのソースで頂くメニューもあります。Phoは具を選ぶことができ、生のビーフをいれたものや、魚介のものなどあります。スープは、塩気が濃い目ですが、同時にサーブされるお野菜(生のバジル、コリアンダー、もやし等)とライムを入れると少し良いです。麺の量は多いので、男性にも満足な量だと思います。  なお、このお店にはこちらは、他にベトナムコーヒーやサンドイッチもあります。

雰囲気 ♪
食堂風。

サーブ ♪
普通。お箸、スプーン等はテーブルにおいてあるお箸立て等から自分で取ります。

お値段 $
1メニュー7ドル位(税チップ込)。  メニューとお値段の詳細はこちらから。
※このリンク先に掲載されているお値段は少し以前のものと思われます。現在の価格は、1ドル増し位です。

ひとこと
お昼時はいつもとっても混みあい、30分は待たないといけないので、なかなか行くチャンスが少ないお店です。今日は久しぶりに昼の3時頃に行ったので、ほぼ並ばずに入れました♪

b0123441_13463495.jpgGolden Deli
住所:815 W. Las Tunas Dr., San Gabriel, CA 91776
電話: (626)308-0803
営業時間: 9:30am - 9pm(月火木)、9:30am - 10pm(金)、9am - 10pm(土)、9am - 9:30pm(日)、水曜休み
URL: http://www.goldendelirestaurant.com/GD_Home.html
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-21 16:08 | グルメ

"Bottle Shock" (2008)

年末年始の南米旅行の行きのLAN航空内にて、相方が見ておもしろかったという映画。Napa ValleyにあるChateau MontelenaのChardonnayが、1976年のパリでのテイスティングにて、見事優勝した、という実話に基いたお話。これを気に、ヨーロッパにおいて、カリフォルニアワインのクオリティが認められるきっかけとなります。

なお、これの赤ワイン版は、去年12月に訪れたStag's Leapsのワイン。それと重ね合わせてこの映画を見ていました。

ぶどう畑、ワインの樽の保管庫、醸造中のワインのテイスティングの仕方等、vineyard or wineryに行かなくても、この映画から窺うことができます。

当時の飛行機には、手荷物にてワインを1人1本しか持ち込めなかったそうですが、26本を持ち込もうとした主人公は、チェックインカウンターにて同じ便に乗る人に協力を願い出て、25人が協力した結果フランスに持ち帰ることができました。 よい時代ですね。

これを見るとムショウにワインを飲みたくなります。ワイン好きには必見の映画かと。 Netflixで借りられます。

※ Chateau Montelenaは、現存するワイナリー。http://www.montelena.com/
※ 映画に出てくるワインの作り手Gustavoは、1996年にGustavoThraceというワイナリーを開いています。 

Bottle Shock (2008)
URL: http://www.bottleshockthemovie.com/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-20 23:24

「初恋の人からの手紙」

最近ちょこっと流行っている、「初恋の人からの手紙」、やってみました。

結果は以下の通り。なかなかよく出来てますね。面白いので自分の分析結果を青字で書き込んでみました。本当の初恋の彼はどんなお手紙くれるんでしょうね。

- - - - - - -
Makko、元気?
もうそろそろダイエットは終わったかな?今ごろMakkoは理想体型になっていることと思います。
→いえいえ、終わるどころか、有言不実行です・・・。

Makkoが「もっと私に興味を持ってくれる人と付き合う」と言い捨てて別れたあの日から、もう19年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

この手紙を書いたのは、特に用事や理由があるわけではないんだ。ただ昨日友達と会ってMakkoの話題が出たから、ひさびさに思ったままでも何か書いてみようと思って。びっくりさせたかな。

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、ひどい恋愛をしていたなぁと思います。基本的にモテたし人気者だったMakkoに対し、おれは地味で日陰の存在だったから、いつもジトジトして迷惑をかけていましたね。おれに「堂々としてよ。いいところもたくさんあるんだから」と勇気付けながら、だんだんと距離を置いていったMakkoが今でも忘れられません。
→そんな感じ悪いこと言う彼女、いるか?

あ、そういえばMakkoからしてみれば、おれは初恋の相手なのかな?付き合った当初はやけにMakkoが不安げだったのをよく覚えています。「手はつないだほうがいいの?」「週に何回会えばいいの?」って、正直うるさい(笑)
→例示されたようなことは言わなかったけれど、確かにそんなようなことを聞いていたのかも。

まだ付き合い始めのラブラブだったころ、Makkoは「もう彼氏は人生に一人いれば充分」などと言っていましたよね。嘘つけと思ったけど、嬉しかったなぁ・・・。ま、結果を見てみても、完全に嘘だったけど(笑)。

全体的に言えば、おれはMakkoと付き合えてよかったと思っています。だいぶ自由人なMakkoに疲れたところはあったけど、おかげでかなり精神力が鍛えられました。
→相方によれば、今なお、意味不明な行動が多いらしい。それを面白がってるようですが。

いろいろ書いたけど、おれはMakkoが大好きでした。これからもMakkoらしさを大切に、そろそろサインペンでアイライン描くのはやめて(笑)、新しい誰かと幸せになってください。
→そういうことしそうなタイプなのか、私。。。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 誕生日にあげたシルバーリング、オークションに出したって本当ですか?
→いえいえ、そんなことしませんよ。私の歴史の一面ですから!

分析結果
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-19 23:55 | わたしについて

ビーフのすっきりスープ

ル・クルーゼとオーブンお任せの、超手抜きスープです。

材料 2人分
ビーフ        3cm×3cm×2cmを4つ
じゃがいも      大1個
玉ねぎ        1個
お水         100ccくらい
お酒         100ccくらい

作り方
1. オーブンを華氏275度(摂氏130度くらい)温める。ル・クルーゼを温める。
2. ビーフを、ル・クルーゼで6面焼き色をつける。じゃがいもを適当な大きさに切る(お肉と同じくらいの大きさ)。
3. お水とお酒を加え、じゃがいもを加え蓋をする。
4. 沸騰したら、ふたをしたままオーブンにいれ1時間。その後火を消して冷めるまで放置。
5. ル・クルーゼを火にかけ、4等分の串切りにした玉ねぎを追加。沸騰したら弱火にし、ふたをしたままコトコト。玉ねぎに火が通ったらできあがり。

ひとこと
お肉に塩コショウしたり、3.でローリエを加えたりすると、よりしっかり味になりますが、上記の通りの調味料無しでも、とても旨みのあるスープになります。お酒のおかげかな。

私はいつも、3.までを前日寝る前か当日朝に、会社から帰宅してから4.をしています。

オーブンに入れる代わりに、弱火でことことでもOK。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-18 23:13 | クッキング

梅干とかつおだしの組み合わせ

私が小学生の頃から母が梅干作りを始め、それ以来母は毎年梅干を作る。せっかく手間ひまかけて作るのだから良質の梅を使おうということで、毎年果肉ふくよかな南高梅で作っており、米国に来るときにスーツケースにたくさん忍ばせて持ってきた。

梅干は熱々の白いご飯と一緒でも、おにぎりに入れてもおいしいのですが、私がはまっているのがかつおだしとの組み合わせ。


1.お野菜との和え物に
お大根やセロリの塩もみや、ゆでキャベツに、ほぐした果肉を50ccくらいのかつおだしと馴染ませたもので和える。
梅干のすっぱさがお出汁で緩和されるので、梅干の主張ばかりが目立つこともなく、でもやっぱり梅干なので元気が出ます。


2.かつおだしのおうどんの具に
先月我が家を訪れた両親に、好評だったおうどん。ゆでた乾麺をおどんぶりにいれ、その上に酒蒸しした鶏行くお葱、わかめとともに梅干の果肉をのせ、かつおだしをかけてできあがり。 塩気は、梅干と酒蒸しの鶏のみだからこそ、お出汁との調和が生きるのかも。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-17 23:24 | クッキング

BNP Paribas Open 2009

金曜にお休みをとれることになったので、去年に引き続き、テニスの試合を見に、Indian Wellsに行ってきました!

スポンサーが去年のPacific LifeからBNP Paribasに変わったため、名称もBNP Paribas Open担っています。金融危機の中でスポンサーを降りるところが続出するのはよくわかる一方、スポンサー無しでは成り立たないので、BNP Paribasに感謝感謝。

去年の経験から、General Seating(前から6列目くらいより上の席に座れる自由席)でも、かなり近くで試合を見られることがわかっていたので、今年は金曜と土曜の2日分、それを購入(1枚1日35ドル)。このチケットではメインスタジアムには入れないけれど、それでよければ、お薦めです。

去年は、デジタル一眼でスポーツ写真を撮る練習をしましたが、今年はそこまでの気合が入らなかったので、コンパクトカメラでちょこっと撮影。ブレブレなものも多いですが、テニス愛好者の方にすると、ぶれていてもフォーム等が勉強になるそうなので、アップしてみました(↓)。BNP Paribas Open 2009

去年の経験から、練習用コートでは、トップ選手の練習をすぐそばで見られてかなりお得、とわかっていたので、練習用コートもチェック。ジョコビッチ、ツォンガ、サフィン、ヤンコビッチ、杉山、森田などの各選手を見かけました。また、その日に試合のない選手たちが、芝生でサッカー等で興じている姿も。テニス選手がサッカーボールを蹴っている姿、なかなかびっくりです。

以下、見た試合について、ど素人の門外漢感想を備忘録がてらメモしてみました。

Friday, March 13
前日の帰りが遅かったこともあって、お昼頃家を出発。道路も込んだので到着したのは夕方。練習用コートでトップ中のトップ選手たちを見ていたらあっという間に時間がなくなり、見られた試合は数少なく・・。

- [4] V Zvonareva (RUS) d Y Chan (TPE) 62 62
少ししか見ていないが、ストロークの打ち合いで、あまり変化なし。互いに、仕掛けないタイプだったようです。

- [19] A Chakvetadze (RUS) d E Makarova (RUS) 63 75
ひどい風邪を引いていたらしいAnnaだけでなく、相手選手もちょっとかったるそうな試合運び。

Saturday, March 14
- [7] A Radwanska (POL) d S Stosur (AUS) 36 63 75
第1セットはStosurの圧勝で、これは番狂わせありか、と思うくらいだったが、第2セットはミスが続きRadwanskaが取る。やはり上位の選手というのは、安定感が違う。

- [23] R Gasquet (FRA) d M Llodra (FRA) 64 60
フランス勢同士。ちょっとだけ見ましたが、Gasquetの方が断然勢いが押していたので、スコアについて、さもありなん、な感じ。

- [30] D Hantuchova (SVK) d Y Wickmayer (BEL) 57 63 76(4)
第1セットはWickmayerの勢い勝ち。肩幅が恐ろしく広く、サーブが男子並みの120mileを出す選手。一方の、杉山愛選手とダブルスのペアを組んでいるHantuchovaは、体格は華奢だしサーブも80mile位と速くはないが、タイミングのつかみ方とむらのないプレイで、第2セットは危なげなく取る。第3セット、タイブレークに持ち込めば、サーブのいいWickmayerに有利かと思ったが、自爆したのか、サーブがあまり入らず。ここも危なげなくHantuchovaが取る。

Radwanska v Stosurに続き、こちらも第1セットでは番狂わせありか、と思ったが結局、上位選手が勝つというパターン。難しいんですね。

- [8] G Simon (FRA) d Y Lu (TPE) 57 64 64
ここのところ急上昇中という台湾のLu。強いストロークと積極的なネットプレイで、試合運びは変化に富んでいて期待大な選手。第1セットを取られたSimonは、かなり本気を出していたようで、第2セット第3セットは、ポイントを取られたり1stサーブを失敗したりするごとに、自分を叱咤しているらしき言葉を叫んでいた。二人とも足が速く縦横無尽にコートを走り回る。

試合結果としてはランキング通りSimonが勝ったが、Luの攻めの試合運びに、観客からの惜しみない拍手が続き、試合後の退場時は特にすごかったです。

- [17] F Gonzalez (CHI) d L Hewitt (AUS) 46 62 63
午後10時半過ぎから始まったこの試合。人気選手同士ということでとても盛り上がる。第1セットのみ観戦したが、Hewittは殆どミスがない一方、Gonzalezは気合が入りすぎているようで、スピンを掛けすぎ。でも2人ともコートの隅から隅まで使う選手で、且つスピードも速いので、非常にダイナミック。Gonさん、気合が入りすぎもいいとこで、ラケットを叩きつけて割ってゆがませていました。でも、勝ったようで何より。

TIPS
- 上記の通り、メインスタジアムに入ることにこだわらないのであれば、General Seatingのコストパフォーマンスは高い!
- 敷地内に入る際に荷物チェックがありますが、ペットボトルは開封済みでも持ち込みOK。
- 日中はノースリーブでも暑いくらいですが、日没後は恐ろしく寒いので、防寒の用意が必須。私はスキーの時と同じくらい着込み、ベンチにはフリース地の毛布を引き、足にも同じくフリース地の毛布をかけました。


お泊り
丸1日試合を見て、部屋に帰ってきたらもう休むだけになるのは、去年の経験からわかっていたので、Luxuary hotelではなく、今回はリーズナブルなところにしました。ベッドもよく、枕は2種類おいてあってて堅さを選べる等、なかなか快適でした。

Holiday Inn Express
PALM DESERT-RANCHO MIRAGE/GOLF

74675 HIGHWAY 111
PALM DESERT, CA 92260 UNITED STATES
Hotel Front Desk: 1-760-3404303
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-15 19:25 | スポーツ