<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

チームの一員として

感慨をもって越した9月末からあっという間に1ヶ月。その間に米国金融界だけではなく世界中の金融界がおかしくなって、様変わりです。

が、仕事のできる営業マンというのは、こういう状況下なりに案件を拾ってくるのですが、当然にして通常時のような取引はできないので、何から何まで異例づくめ。私は営業マンではなく、案件組成を法律面からサポートする側なのですが、最近は初めて取り組む案件の事務フローを整えるところにまでどっぷり関与することが多くなりました。私の所属部署の業務ではないのですが、私にとっても勉強になるし、頼って下さる方がいらっしゃる以上、ひと肌脱ごうじゃないの、と思ってしまう自分。 

チームを組んで1つの目標に進んでいくというのが、個人作業よりも好き、というのは、子供のころからそうで、スポーツについてもチーム物が好き(音楽は個人で、というのが好きですが)。三つ子の魂なんちゃらなのか、この指向は仕事においても同じで、同じ会社の仲間であれ他社とであれ、チームを組んで1つの案件を組成していく作業をとても面白く感じてしまうので、お肌のための睡眠ゴールデンタイムを越した時間まで仕事をしていても、精神的には全く苦にならず、ひと肌♪

いま取り組んでいる案件は今週が交渉の山場。私自身は交渉担当ではないけれど、いろいろな交渉材料を提供することはできるので、なんとかがんばっていきたいと思います。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-29 03:13 | まじめなお話 | Comments(6)

我が家にて 送別ランチ

今月末に日本に帰国するお友達ご家族をお招きして、我が家にて送別ランチ。留学@NY中は、友達の輪を広げようと月1回を目標に、意識してホームパーティーを開いてましたが、LAに来て仕事を始めてからはとんとご無沙汰。久しぶりにお招き。

以前、ご主人だけこちらにいらっしゃるときにご招待したことがあったので、その際とメニューが重ならないよう気をつけて用意したものはこちら↓。

ラタトゥユのゼリー寄せ
オニオングラタンスープ
セロリと柿の和え物
白菜の和え物
牛肉のオレンジ煮
素うどん 梅風味
アイスクリーム

ラタトゥユ、オニオングラタンスープ、オレンジ煮は、ル・クルーゼの得意料理。おうどんは、乾麺を茹でて、お葱、梅干の身を乗せ、かつおだしをかけるのみ。梅の塩気で頂ける、とってもさっぱりした「締め」に。

1歳3ヶ月弱の姫にお洋服をプレゼントしたりしてたお返しか、ル・クルーゼ ココット・ロンド18cmを頂いてしまいました。実は、もう1つ購入しようか迷っていたところだったので、びっくり♪ 我が家3つ目のル・クルーゼとなります。

このご家族とは年齢も近いということで、家族ぐるみでお世話になっていたので、帰国されてしまうのは寂しい・・・。いろいろなよい出会いの中のとても大きな1つでした。帰国後もお付き合いを続けられたらいいな。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-26 18:44 | クッキング | Comments(6)

仕事の合間を縫って旧友と再会 @ LAX

今週火曜から出張でLAに来ていて今日の午後一番の便で帰国する、小学校5年生からの旧友とロサンゼルス国際空港にてお茶。

彼女とは、中学から同じ学校で、大学では同じサークル、と付き合いが長いが、お互いさっぱりしているので、しょっちゅう連絡をとったり会ったりするわけじゃない。そんな彼女と会うのは2年半ぶり。私が留学前に、彼女の当時のお家@熊本県山鹿市 に、1泊2日で遊びに行って以来。そのときは、ご主人がたまたまご友人の結婚式で東京に行っているということで、誰に遠慮するでもなく2人でのんびりおしゃべりしたり、街を案内してもらったり。

彼女は昨日夜まで目一杯お仕事で、日曜の夕方に成田に着いた後で休み無く月曜朝から出社。LA滞在は伸ばせない。このスケジュールで会えるのは、出国前しかない!ということで、空港に参上した私。実は、私もちょっとはまっている仕事があってその後は会社に直行でした。でも、短い間であっても、やっぱりメールや電話ではなく、対面で会って話すことって、とっても大事。とくにむか~しから知っている友人からの一言一言は、どんぴしゃであることが多いし。

ただでさえ華奢なのに、4月から配属になった部署はお仕事がとってもハードで、海外を飛び回っている彼女。大変だけど楽しそうな彼女を見て安心すると同時に、私もがんばろうっ!と力をもらった気がします。

お互いに、がんばろうね♪
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-25 23:30 | わたしについて | Comments(0)

LAで日本語の通じるカイロプラクティックのクリニック

今年の3月に半端なくトレーニングをせずにLAマラソンに強行出場した後くらいから、5km程走ると右ひざ内側が痛むように。でも、月に2-3回、週末走るのも7kmほどなので、毎回ちょっと痛いなぁ、という所で家に帰るし、10km走るレースのときはテーピング効果のあるスパッツを履いているからか殆ど痛まない、ということで、半年ほど放置。

ところが今月始め、ちょっと長めに10kmほど、そのスパッツをはかずに走ったら、走り終わった後がんがん痛くなり、その後のセコイア国立公園でのトレッキングでも最後の方は右膝の同じ箇所がかなり痛い。そしてそれを庇うため、下り道を蟹歩きで歩いたら、翌朝膝裏側中央が腫れる感じで痛い。

さすがにこれは問題だと思い、靭帯痛めていたら大変だよとの友達の忠告もあって、同僚に紹介して頂いたカイロに2回通い、治療と再発防止策を教えて頂きました。スポーツに通じていらっしゃる先生でとてもおススメ。


診察結果
じん帯は大丈夫。走った時の痛みは、大腿の内側の筋肉が膝関節につながる腱に負荷かかっているから。膝裏の痛みは、ヒラメ筋をいためているから。下り坂を蟹歩きって膝に変な負担がかかる。

処置としては、マッサージ、ストレッチのほか、超音波で痛みを分散させた後(これ、スポーツ治療では当たり前のことらしいです)、低周波を10分ほど両大腿筋に通しました。カイロというと、ポキッゴリッというイメージがあったのですが、皆無。


再発予防策① 大腿筋の柔軟性向上
1) 下に座って両足の足裏を合わせ足が離れないように手で持ちながら、膝を開く。肘で膝をゆくり押し広げる。
2) 側面を下にして横になり、上側の足の膝を曲げ足首をお尻につける。その後、膝を身体の後ろ方向に徐々に持っていく。


再発予防策② 大腿筋の強化
1) 壁を使う方法
スクワットと違い、膝に負担なく大腿筋全体が鍛わる。

- 壁にぴったり背中をつけてたつ。
- 一歩分両足を前に出す。
- つま先が見えなくなるくらいまで膝を曲げる。
- つま先を上に上げる → 大腿筋全体を使うので、筋力強化になる。
  これを1分キープできるように、が最初の目標。最終的には3分。

2) バランスボール
- ハムストリング: 仰向けになり足を上げてバランスボールを膝下に。かかとでバランスボールを押さえる。軽く何度も & 強く何回か。
- 内側大腿筋:  仰向けになり足を上げて内腿でバランスボールを挟む。

3) 水泳
- ビート版を立てて持ち(抵抗を作る)、足にはフィンをつけて前に進む。太ももの強化。
- 上半身の強化もマラソンには大事。手にパドルをつけて手だけで進む練習。


再発予防策③ 走った後
痛みを感じなくても、しばらくは走った後アイシングした方がよい。
痛い時は、必ずアイシング。痛みが無くなったら暖めてよい。


反省
セコイアから帰ってきた日、普段はシャワーなのに、湯船に浸かってしまったので、炎症がひどくなったみたい。冷やさなきゃいけなかったのに!
日本にいたら、いつもの整体師の先生に診て頂くのに、と思うだけで、とくに専門の先生に診て頂かずに放置したのもよくない。柔軟体操だけでもしておくべきでした。


クリニックの紹介
Torranceのミツワの南隣のモール内にある、2人の先生で開業していらっしゃるクリニック。私はTerry先生という方にお世話になりましたが、スポーツのことを良くご存知で上記のような具体的なアドバイスをしてくださいました。全て日本語です。PPO対応。

I-110をCarson St.の出口で出て西方面に進み、Western Aveを過ぎたらすぐのモール。このモールには日本語のDVDビデオ屋さん等もあります。


East West Chiropractic & Acutherapy Clinic
住所: 1757 W Carson St Ste G, Torrance, CA 90501
電話: (310) 328-3363
営業時間: 8am- pm(月 - 土)
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-24 23:37 | スポーツ | Comments(0)

LASIK後 術後2回目診察 & これまでの目の調子メモ

LASIK手術を受けて2週間。基本的に快調です。 月曜に2回目の診察を受けたので、それまでの目の調子と診察結果をメモします。

1.診察までの目の調子メモ

10月 8日(水)  手術直後で0.5位の実感。2時間半後で0.8位の実感。
10月 9日(木)  起床時1.0の実感。右目のみ、白っぽい光を見ると一定の正方形の角および変の真ん中(つまり8点)に3原色の光が見える。左目にはこの症状なし。室内灯をまぶしく感じるが、帰宅の運転時にはまぶしさは感じず。PC使用は少しつらい。
10月10日(金)  PC使用しても目が疲れない。右目の3原色の光の症状は継続。
10月11日(土)  涙成分の目薬を差すと5分ほど視力が落ちる傾向あり。午後5時過ぎから就寝まで、右目の視力が0.8位に落ちている実感。
10月12日(日)  涙成分の目薬を差すと5分ほど視力が落ちる傾向あり。
10月13日(月) 視力は安定。今日から炎症止めの目薬と抗生物質の目薬ストップ。
10月14日(火)  左目の表面(おそらくフラップ)がたまに痛む。まぶたの上から軽く手が当たってしまう時とか。 視力は安定。涙成分の目薬忘れがち・・・。
10月15日(水)  左目の症状継続。
10月16日(木)  左目の症状が、手が当たらない場合でもたまに痛むように。翌日の診察予約を試みるも空きがなく断念。
10月17日(金)  左目の症状が水曜と同じレベルに。右目の3原色の光の症状は術後ずっと継続。
10月18日(土)  金曜と同じ。
10月19日(日)  土曜と同じ。
10月20日(月)  術後2回目の診察。


2.診察結果

- 目の状態は非常によいし、フラップも問題なし。視力は、術後翌日と同じで両目とも1.0。
- 目が痛く感じるのは、ドライアイになっているから。目薬をちゃんと2時間ごとにさすこと。
- また、目の下半分が帯状に乾燥している。これは、睡眠中に目を完全には閉じていないからなので、これから3ヶ月ほど、睡眠直前に下まぶたに薬を塗ること。
- 冬に向かって乾燥度が増すので、目薬はしっかりさすこと!!


3.ひとこと

全然ドライアイになっていないと思っていたら、なんとドライだったみたい。自覚していないって怖いですね。
睡眠中にいわゆる半目だったとは、知りませんでした。確かにお薬つけたら、翌日起きたとき、目がラクでした。いままで、朝はいつも目が痛かったのですが(かれこれ10年ほどかなぁ。。。)、どうもそれは乾燥のせいのようです。
目薬をちゃんと2時間ごとにさすようにしてから、左目の痛み、なくなりました。右目の3原色の光はいまなお健在ですが・・・。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-22 23:30 | Los Angeles(上記以外) | Comments(0)

LASIK体験記

LASIKを受けるぞ、と一大決心をした私は、LAにある数あるクリニックのうち、L.A. Sightという、UCLA近くのクリニックで受けてきました。

以下、手術前日、当日、翌日の体験記をまとめてみました。当日は全身がちがちに緊張して、いま思い出しても緊張しますが、手術が成功した今、受けてよかったと改めて思っています。


手術前日(10月7日)
食事は普通に。コンタクトレンズは最低でも24時間は外して手術に臨むこと。
アイメイクは禁止。
なお、コンサルテーションの前は3日間はコンタクトレンズを外しておく必要があります。私はなるべくいい状態の角膜で手術に臨みたかったので、コンサルテーション後もコンタクトレンズを装用せず、結果として10日程、コンタクトレンズの装用を止めました。

手術当日(10月8日)
1. 注意事項
手術前にあまり食べ過ぎないこと。当日はアルコール、アイメイクとも禁止。
術後直後はまだ視力は回復しないので、必ず家まで送ってくれる人を手配すること。
手術前に全てのお化粧を落とし、ローション等も塗らないこと(レーザーに反応してシミになってしまう虞があるそう)。

2. クリニック到着
15時の予約だったが、10分ほど早く到着。受付にいると、手術が終わり満面の笑みで手術室から出てくる患者さんを見かける。それでもがちがちに凍っている私を見て、ドクターが「大丈夫だよ~」とハグ。人間、不思議なもので、信頼している人にハグされると少し落ち着くものです。

コンサルテーション時にあまり視力が出なかったので、再度、度の検査。その結果、コンサルテーション時に示された度数よりも低いレンズで、1.0の視力が出ることが判明(これまで使っていたコンタクトレンズより少し強い度数)。

少し暗いお部屋に通され、精神安定剤の錠剤を飲み、麻酔用の目薬を何種類かさした後、カウチでリラックスするよう言われて15分。手術中、一定程度、視界が真っ暗になって何も見えなくなるけれど、それは普通のことだから心配しないように、との注意。 えっ? 何も見えなくなるって?? と緊張が走る私。

3. 手術室へ
予定の15時半を過ぎ、手術室へ入る。ドクター、検査技師さん2人、助手さん2人の計5人で手術を担当。手術の一部始終は手術と同時に大きなスクリーンに映し付き添いの人が見ることができ、またそれををDVDに録画しているので、後で自分で見ることも可能。

手術台に横になると、クマのぬいぐるみと毛布を渡されました。ぬいぐるみでちょっとリラックス。でもやっぱりがちがち。

4. フラップ作成
私はレンズの度が強い割に角膜が薄いので、レーザーでフラップを作成する方法を選択。

まず右目から。左目にアイパッチのようなものをつけて目を覆い、右目にはまぶたを閉じられないようにするため、眼球にガバっとリングをはめる。麻酔をしているので痛くはないが、押さえつけられることへの不快感は感じる。 しかし何より・・・・、視界が徐々に真っ暗になり、あせりました。何にも見えません。ドクターに、「何も見えないんですけど」というと、「大丈夫、正常だよー」と。視界が戻らないんじゃないか、という恐怖で、「あぁ、終わった・・・。」と思いました(←短絡的・・)。が、徐々に、フラップ作成の機械が放つ光(4箇所に白い蛍光灯が2本ずつ並んでいるように見えました)がぼんやりと。特に痛みもにおいも感じずに終了。 リングを外すと、徐々に視界が正常に戻りました。

次に左目。さっきと同じことを繰り返しますが、フラップ作成中、若干ピリッと痛い感じがして、緊張。目が見えないのも同様。

これらのフラップ作成はあっという間でした。両目で5分以内と思われます。

5. レーザー照射
まず右目から。左目を覆い、右目にリングをはめるところまでは同じ。また見えなくなり、またドクターに「見えないよー」と訴えるということを繰り返します。その間に目を刷毛のようなものでなでてます。多分消毒中。先ほどよりは早く視界がぼんやり復活してきて、今度は、緑色の光が一点見え、フラップをあけると視界がものすごくぼんやりになり、緑色の光に加えて見える赤い光(円状)が見えてきます。 ではレーザーを照射するよ、との声と同時に、ドクターが私の顔を軽く抑え、レーザー照射。赤い光と緑の点が見えるだけですが、髪の毛がこげたようなにおいが軽く漂ってくるので、レーザーで角膜が焼かれているのがわかります。勿論痛みはないです。 私は度が強いので、30秒近く照射。ラスト15秒になるとカウントを始めてくれるので、安心です。 終わるや否や、刷毛でなでなで(その都度、赤い円状の光の形がハケを動かす方向にびにょーんと伸びて見える)、フラップを戻して刷毛で再びなでなで。何種類もの目薬を投入されて終了。 フラップを戻した段階で、明らかにさっきより天井がよく見えるのを感じる。

次に左目。右と同じことを繰り返します。フラップ作成中、若干ピリッと痛かったので、レーザー痛かったらどうしよう、と実は不安でしたが、全く痛みなし。

両目で10分くらいかな。

6. First Look
天井を両目で見上げると、術前と明らかに違う。窓の外を見てごらんといわれて除いてみると、4車線の道路の向こう側にあるビルの看板がよく見える(この段階で視力0.5はあると思います)。つい15分ほど前には「終わった。。。」とか思っていた私が、手術の成功を実感してニコニコ顔に(←単純。。。)。

7. 手術後検査
目の表面を見て、フラップの状態をチェック。良好。
翌朝起きるまで、目の保護用ゴーグルを装用するよう指示され、終了。ゴーグルは、ホコリから目を守り、また物がぶつかるのを防ぐためのもの。

8. 家路
手術直後よりもどんどんはっきりと周りが見える! それが嬉しくてあちこち見回したいのですが、あまり目を使わない方がいいというのと、太陽でまぶしかったので、基本的には目を閉じて帰宅。

9. 自宅にて
手術2時間後位に、麻酔が切れてきたのか、ちょっとちくっと痛い。まつげが目の中に入った時くらいのちくっと感。緊張疲れか、6時前に一旦入眠。9時頃起きて夕飯を軽く済ませて再び熟睡。9時頃には0.8くらい見えてました。

手術翌日(10月9日)
12時間たっぷり睡眠し、朝6時に起床。昨夜は手術後、目の周りを触るのが怖く、なんとなく目薬がまつげに張り付いた感があったのだが、朝は顔を洗ってよいので、洗い外を見る。 見える!!!!

自ら車を運転してクリニックへ行き、以下の通りの目薬点眼指示(a)(b)を受け、次回診察は10日~2週間後でOKとの診察。手術で角膜を走る神経を切断しているため、目が乾いたと感じることができないため、神経が回復するまで(b)が必要とのこと。目が乾いたな、と感じてからでは遅い、ので要注意。

(a) 最初の4日間は、1日3回、炎症止と抗生物質を1滴ずつ点眼。
(b) 手術後8週間、2時間おきに、涙成分の目薬を1滴ずつ点眼。飛行機に乗る場合は30分ごと。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-18 23:12 | Los Angeles(上記以外) | Comments(0)

セコイア国立公園(Sequoia National Park)旅行 2日目ドライブ

b0123441_15302122.gifトレッキングの後は、右の地図の赤線を北西方向にドライブ。

まっすぐ帰るには時間が早かったので、Overlookというキングスキャニオン方面の眺めがよいポイントを過ぎて1マイル弱で右側に現れる横道(地図でいうと、赤線がGrant Grove Village近くで真横になっているあたりで北上し黒線にぶつかるまでの細い道)を入ることに。

右手前方にキングズキャニオン国立公園の山々を見ながら、ゆっくりドライブ。

しばらく進むと、Hume Lakeという湖に到着。
ここはキャンプ場、ガソリンスタンド等があり家族連れで大賑わいでした。この濃い水の色、北の方の秋の湖という感じです。全然風景が違うのではありますが、十数年前に修学旅行で行った十和田湖を思い出してしまいました。
b0123441_440347.jpgb0123441_4374873.jpg

Hume Lakeを過ぎてさらに北上し、地図でいう黒線にぶつかったところで、左折して帰路へ。Grant Grove Villageを通過し、CA-180に入り、公園を後にします。

帰りは、CA-180をひたすら西進し、Fresnoに向かいCA-99に入り南下しましたが、CA-99は北西から南東方面に伸びており、CA-180にて西進+CA-99で南下よりも、CA-180の途中でCA-63を南下してVisalia市に向かった方が距離的には短かったのではないかと思います(三角形の2辺と1辺の比較、みたいなイメージです)。


トレイル巡りもドライブも、ともに大好きな山に囲まれ、何千年も生きている巨大なセコイアに包み込まれ、とても清々しい気持ちになったセコイア国立公園旅行でした!
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-12 23:18 | 旅行(米国内) | Comments(0)

セコイア国立公園(Sequoia National Park)旅行 2日目トレッキング

普段はお寝坊さんな私、そして旅行中もその傾向の強い私でも、1泊2日の旅行ときたらそうは言っていられない。
ということで、朝ご飯前のトレッキングからスタート。

1.General Sherman Treeへ
b0123441_493648.jpg世界で最も体積の大きい樹木といわれるGeneral Sherman Tree。このセコイアは駐車場からも比較的近くアクセスがいいので、人が多くなる前の時間に行こう、と朝7時にロッジを出発。

ロッジからGenerals Highwayを南下し、Lodgepole Visitor Centerを過ぎて2マイル弱で現れるWalverton方面への道を左折。0.5マイル程進むと右側にSherman Tree方面への道が見えるので右折。7時半頃、駐車場に一番乗りで到着。

General Sherman Treeまでは全て舗装されており、階段と下り坂でどんどん下に下りる。高さ84m、地面の幹の周囲33m、樹齢2200年の木は、さすがに威風堂々としていました。


b0123441_417047.jpg2.Congress Trail
General Sherman Treeから南側に伸びるトレイル。これも途中までは舗装されているなだらかな登り。1マイル弱歩くと、かつての大統領の名前のついたセコイアや上院、下院といったセコイアが並び、とてもかわいらしい地帯です。

一周した後、再びGeneral Sherman Treeを経由して駐車場に戻りました。計2時間弱。

3.朝食を済ませ、Little Baldyへ
b0123441_4221235.jpg10時までというロッジの朝食にぎりぎり駆け込んで、ベーグルやジュース、ヨーグルトを頂き、チェックアウトを済ませた後、Generals Highwayを4マイルほど北上。車3-4台分程度の小さな駐車場しかないトレイル口を見つけ、停車。一路、Little Baldy(標高8044ft / 2452m)へ。ガイドブック等には載っておらず、地図だけを頼りに登りましたが、これはあたりでした!

登りはじめは、そこそこの斜面ですが、針葉樹に囲まれた道は山登り気分。15分ほどすると途中から石ころ道に変わります。さらに20分ほどすると一旦平らな道になり、木もまばらで太陽の光が気持ちのいいお散歩道。そんな道を6-7分ほど歩くと最後のちょっとした登り。ここで一気に視界が開ける! 頂上に大きな石があるので、勿論そこに上って景色を眺めながら日向ほっこ。

とそこで、シカのカップルを発見、角の感じからして、まだ生まれて1年か2年しか経っていないかな、と思われるシカさん。いずれも写真中央に写っています(左側の写真が彼女、右側が彼氏です)。
こちらを警戒しつつも、マイペースに草を食みながら、私達の前を通過していきました。b0123441_4222667.jpgb0123441_4223696.jpg
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-12 23:06 | 旅行(米国内) | Comments(0)

セコイア国立公園(Sequoia National Park)旅行 Wuksachi Lodge

本日のお宿は、セコイア国立公園内にある唯一のロッジ、Wuksachi Lodge

b0123441_4542787.jpg写真に写っているのはWuksachi Lodgeのダイニングとチェックイン・チェックアウトをするところで、実際に泊まるのはここから歩いて3分ほどのところにある3棟のロッジ。駐車場はこの写真のすぐそばとロッジのそばの両方にあります。ロッジはそれぞれ2階建で全102室。

お部屋のタイプはスタンダード、デラックス、スーペリアの3種。私はスタンダードにしましたが、クイーンサイズのベッドが2つ、小さい丸机にいす2つ、テレビ、冷蔵庫完備。とっても広いです。水周り、暖房、ベッドともに◎です。もっと山小屋っぽいところを想像していたので、拍子抜けしました(部屋に戻るなりバタンキューだったため、お部屋やロッジの写真がありません・・・)。

予約サイトでは、AAA会員用の割引価格が用意されていて、5~10ドル割引となります。なおチェックイン時にAAA会員証の呈示が必要となるので忘れずに!。

まわりにレストラン等はないので、お食事はLodgepole Visiter CenterかStony Creek Villageのスーパーマーケットで調達するかこちらのダイニングで頂くかのいずれか。私達は、こちらでディナーを頂きました。

お料理 ♪♪
私はPrime Rib、相方はPork Chopの炭火焼を頂きましたが、いずれもソース等で味をごまかすことなく、お肉のお味をしっかり生かして、普通においしかった!山小屋としては出来過ぎなくらい。

雰囲気 ♪♪
ダイニングの天井は高く、奥に石造りの大きな暖炉があって、スキー場のロッジのおしゃれ目レストランという感じ。ご年配のご夫婦やご友人グループが半分くらい、子連れ家族が全体の3分の1といった感じ。全90席。

サーブ ♪
人数の割りにスタッフが少ないためか、予約の時間に行ってもなかなか気付いてもらえなかったり、パンを置くお皿が濡れていたり、取替えをお願いしたらついぞ替えのお皿が出てこなかったり、とサーブはいまいち。しかし、なぜか男女とも美系揃いだったなぁ。。

お値段 $$
2人で、本日のスープLargeサイズ、メインを上記2品、ビール小瓶1本、グラスワイン1杯を頂き、約85ドル(税チップ込)。

Wuksachi Lodge
営業時間: 7:30am - 10am、11:30am - 2:30pm、6pm - 10pm(予約制)
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-11 23:01 | 旅行(米国内) | Comments(0)

セコイア国立公園(Sequoia National Park)旅行 1日目トレッキング

お昼前にGiant Forest Museum(標高6409ft / 1954m)に到着。ランチを持参していなかったことに気が付き、4マイル先のLodgepole Visiter Centerへ。ホットドッグで腹ごしらえし、併設されたスーパーマーケットでエネルギーバーを買い込んで、再びMuseumへ戻り、いざトレッキングに出発! この日は7マイル弱、4時間。

1.Moro Rock Trail
Museumから南側に1.4マイル伸びるトレイル。とても緩やかで、セコイアに囲まれた山の中を歩きます。山火事のためか、片面が黒こげになっている木、倒木等も多く、下草も殆ど枯れているため、風景は限りなく茶系。小さなリスが自分の頭と同じくらいの大きさの木の実を必死にくわえて全力疾走しているのを見ながら、のんびり歩を進めます。

トレイルの上方には、並行して道路も走っていて、1.4マイルの終点は駐車場。ここから300段程の石段を登り、つい先ほどドライブしながら眺めていた不思議な形をした石、Moro Rock(標高6,725ft / 2,050m)に登ります。なんとこの階段、1910年代に木造の階段が作られ、その後石段を作ったとか。Moro Rockは写真のような景色が見られる程高いところ。そんな時代に階段を作った先人の好奇心と勇気に脱帽です。
(左側の写真は、Moro Rockの西側、ドライブで通ってきたところ。右側の写真はMoro Rock東側遠方にあるお城みたいに見えるCastle Rocks。)
b0123441_102830100.jpgb0123441_10291421.jpg

b0123441_1450753.jpgMoro Rockに登ることだけに興味があれば、トレイル歩きを省略して、車で駐車場まで行き、そこから300段の石段を登るというのも一案。
でも! トレイルの途中で、Roosevelt Treeという名のついたセコイアを見るため、往復0.2マイルの寄り道をした時、大人のクマさんに遭遇。のんびり草を食んでいるのか探し物をしているのか、のっそのっそしていて、こちらには気が付いていない様子でしたが、かなり大きなクマでした。こういう動物との出会いを期待するなら、トレイルを歩くことをお薦めします♪

2.Sugar Pine Trailを歩きBobcat Pointへ
300段の石段を下りた後、まだまだ時間も体力も余裕があったので、Museumにそのまま戻るのではなく、東方面に向かいぐるっと反時計回りにMuseumに戻ることに。

b0123441_1029225.jpgそこでMoro Rockの駐車場脇から始まるSugar Pine Trailを東進。川に向かってどんどん高度を下げ、川をわたってからは徐々に登ること計1マイル弱。川が近いため湿度が比較的高いのか、暖かいのか、このトレイルは緑の下草が生え、木々にもコケが生えていて、緑な風景。山火事による黒こげも見かけません。

再び川を渡ってからの0.2マイルは、山の頂上付近よろしく、一気に駆け上がり、壮大な眺めのBobcat Pointに到着。この写真は西側の風景で、右上に少し移っているのがMoro Rockです。

ここで少しのんびりしていたら、午後3時をまわっていたこともあり、雲が増え風も出てきました。


3.Crescent Meadow
b0123441_1435103.jpgb0123441_10293324.jpgSuger Pine Trailをくだると、Crescent Meadowという、左の写真のようなちょっとした草原が南北方向に伸びています。草原の周りを囲むようにトレイルが整備されているのですが、今回は東側を北上するルート(約1マイル)を選択。

というのは、落雷で焼け焦げ、真ん中が突き抜けて煙突状になっているChimney Treeを見るため。右の写真は、Chimney Treeの中から撮った写真です。もっと早い時間に来ていたら、青空をバックに素敵な風景だろうと想像しますが、夕方のこの感じも水墨画っぽくてなかなか渋く趣がありました。

4.Huckleberry Trail、Alta Trailを経てMuseumへ
Chimney Treeのあたりで雪がちらほらら舞い始め、雲の量も増えてきたので、残るMuseumまでの2.5マイル弱を怒涛の勢いで歩きました。アップダウンは緩やか。

最後の方で、トレイル近くにいたらしき小熊ちゃんが、話しながら歩いている私達に遠くから気がついてそそくさと山に帰っていく後ろ姿を見かけました。

※クマは、至近距離で人間に対峙するとびっくりして立ち向かってくるが、ある程度の距離で人間を察知すると自ら逃げるそうです。
 なお、クマ生息地帯に出入りする際には食料を持たないことが基本です。どうしても持つ場合には何重にもZip Lockに入れてに空腹のクマさんににおいを察知されないようにする必要があります。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-11 22:50 | 旅行(米国内) | Comments(0)