カテゴリ:クッキング( 62 )

ドライトマトとチーズのパン(HB使用)

●オリジナルレシピ from なおさん●
材料
ドライトマト  10g
チーズ    80g
強力粉   250g
全粒粉    30g
塩     小さじ3/4
水+戻し汁  200g
ドライイースト  小さじ1.5

作り方
1. ドライトマトを戻す。水を入れて30秒レンジにかける。5mm角に切り、HBのレーズンボックスに入れる。
2. チーズは1cm角のサイコロ状に切り、HBのレーズンボックスに入れる。
3. その他の材料を全て窯に入れ、スイッチオン(レーズン別・粗混ぜ・焼き加減標準で2時間で完成)。
4. 焼きあがったら窯をHBから出して窯ごと2分、その後窯から出してクーラーの上で40分冷ます。生温かいうちに袋に入れるとふんわりする。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2016-09-26 17:19 | クッキング

ワカモレ

●オリジナルレシピ from なおさん●
材料
アボカド  1個
ライム   1/4個
塩こしょう
オリーブオイル 小さじ1弱

作り方
1. アボカドを半分に切り、中で切って皮をはがす
2. 全ての材料を混ぜる。できた後、種を入れておくと、変色しにくい
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2016-09-26 17:12 | クッキング

ひょうたんかぼちゃスープ

●オリジナルレシピ from なおさん●
材料
かぼちゃ  750g (半分強)
玉ねぎ   1個
わけぎ   1束
オリーブ油 大匙1
塩     小さじ2/3

作り方
1. かぼちゃ、玉ねぎを適当な大きさに切る(後で崩れるので適当でOK)
2. かぼちゃ、玉ねぎを鍋に入れひたひたの水で強火でスタート、沸騰したら中弱火。さわるとくたっと崩れるまでひたすらぐつぐつ。
3. 崩れたら塩で味つけ。
4. 器によそい、オリーブオイル、塩こしょう(分量外)、ねぎをちらして完成。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2016-09-26 17:10 | クッキング

ねぎ豚

●オリジナルレシピ from なおさん●
材料
豚バラ  1.5kg
紹興酒  100cc
しょうゆ  100cc
水    300cc
ねぎ   3束

作り方
1. お肉を塊のままひたひたの水で自ら茹でる。強火でスタート、沸騰したら弱くし、ボコボコを維持しながら蓋をずらして40分。下ゆで後、大きめのブロックに切る。
2. ねぎは、10cm長さに切り鍋に敷く。
3. ブロックに切ったお肉をのせ、その他の材料を入れ、ふたをして強火。沸騰したら中弱火で30分。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2016-09-26 17:05 | クッキング

塩豚

材料
豚の塊肉  好きな分量
塩     肉の重量の2.5%→1.5%


作り方
1. 豚肉に塩をすり込み、ラップかビニール袋に入れて3日から5日おく
2. 表面を軽く洗って、ひたひたの水とともにルクルーゼに入れ中火にかけ、沸騰したら、あくをとって弱火にして30分くらい茹でる。


教えて頂いたレシピは2.5%の塩だったが、かなり塩辛いので、1.5%でOK。5mm幅にスライスして焼いても美味しい(なぜか、食感はしゃきしゃき感が加わる)。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2016-07-30 19:28 | クッキング

お豆の煮方とサイエンス

お肉お魚大好きな私ですが、そろそろ年齢的にタンパク質摂取は動物性ばかりでなく植物性も増やしていかねば、と、最近、まだ定期的にとは言えないものの、豆料理をしています。せっかく食べるなら、お味も栄養素も最高を狙いたい所。レシピを調べる程、お豆の煮方にも諸説あり、科学的に分析していたものを探してみたら、私のニーズにぴったりのもの、ありました! 

  「豆の基本的調理法に関する諸説を検証(その1)」 豆類時報 No.70 2013.3 (公財)日本豆類協会 

<要約>
1.茹でムラ
ゆでこぼしが一番柔らかく均一。差し水の効果はよくわからない。

2.栄養素
戻し汁への溶出はごくわずか
ゆでこぼしへの溶出は、カリウム・VB6で1割弱認められる程度
⇒溶出はゆでこぼし後のタイミング。茹でた後の茹で汁には相当程度の栄養素あり

3.抗酸化成分
戻し汁に過半、ゆでると66%溶出 
⇒ゆでこぼしはかなりのロス、アク取りではロス限定的

小豆等、渋みの強い豆は、味の面から  ゆでこぼし した方がよいが
一般論としては、アク取りにとどめるべき


<自分なりのまとめ>

- 栄養素残存・抗酸化活性を最大化するには、戻し汁は捨てずそのまま茹で、アク取りする、差し水不要、ゆでこぼししない

- アクが強い豆(小豆、金時豆)の場合、味の観点から、ゆでこぼしする

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2016-06-20 06:13 | クッキング

Appeltaart美味しくできました♪

オランダ名物Appeltaart。お店によって、リンゴの切り方、甘さ、レーズンの有無、生地の食感等全て違うこのお菓子。いろいろとレシピを調べて美味しかったこちらのレシピを元に、少しシンプルにして作ってみたら絶品!

材料 (パウンド型大1個 or 12cm丸型1個)b0123441_20044306.jpeg
= ケーキ生地 =
薄力粉  150g
BP    5g
砂糖  75g
バター 90g
卵 1/2個
塩 ひとつまみ

= フィリング =
りんご 3個弱
レモン汁 適量
砂糖  35g
シナモンパウダー  大匙1/2
パン粉    大匙1/2

作り方
1. 生地を作る。
(1) 薄力粉、BP、砂糖をふるいにかける。
(2) バター、卵、塩を加え、ナイフ2本を使ってバターを切るようにして、ぼそぼそとした生地になるまで混ぜる。
(3) 生地を手で一つにまとめて直方体にし、ラップに包んで冷蔵庫に入れて寝かす。

2. フィリングを作る
(1) りんごをいちょう切りにし、生地で使ったボウル(洗わなくてよい)に入れる。 ※いちょう切りだと食べる際に崩れにくい
(2) りんごにシナモンパウダーと砂糖、レモン汁を加え、炒め物の要領でよく混ぜる。

3. 成形
(1)冷蔵庫で少し落ち着いた生地を、5mm ぐらいの厚さにスライスする。飾りに4分の1ぐらい残して、クッキングシートを引いた型の内側全体に、生地を貼り付ける。
(2) 生地を敷きつめた底全体に広がるように、パン粉を振り入れる。
 ※パン粉が水分を吸うので生地がサクッとする
(3) リンゴを入れて、表面を馴らす。
(4)残りの生地を細く切り、ケーキの上で交差するリボンのように飾る。

4.175度のオーブンで60分焼く

焼いた当日はサクサクの生地とふんわりのフィリングの組み合わせが絶妙です。これだけ砂糖が入っていても、甘さ控えめに感じてしまう。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2016-03-07 19:19 | クッキング

豚の角煮 手抜き蒸しバージョン

「蒸し」の美味しさに目覚めているこの頃。角煮も蒸して作れると聞いて、ネットでいろいろ調べて作ってみました。時間さえあれば、基本放置でとてもおいしいやわらかほろ~っな角煮が作れて大満足。お弁当のおかずにもなります♪

材料
豚の塊肉        8cm×5cm×3cmが5つ取れる位の塊肉
お酒           70cc
砂糖           大さじ1
しょうゆ         大さじ2

作り方
1. お肉をボウルに入れ、中火で1時間半蒸す(たっぷりの湯気が出るギリギリの強さ。強火は×)
2. 別のボウルに砂糖を入れ、お湯50ccで溶いて、お酒を加える
3. 2.のボウルに1.のお肉を入れ、さらにひたひたになる位のお湯を加え、さらに40分蒸す
4. しょうゆを加え、落し蓋をしてさらに5分蒸し、火を止めて冷めるまでおく。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2015-07-21 18:13 | クッキング

マフィンあれこれ

さっとできる手作りおやつのレパートリーを増やそう計画の一環で、マフィンにもトライ。私自身、母が必ずパウンドケーキかカップケーキを焼いて常備していた家庭で育ったので、子どもにこういうものを食べさせるのはある意味憧れの一つ。でも、やっぱり食べるものはヘルシーなものがよいよね、ということで、砂糖や油の量など、気にしつつレシピサーチ。追加レシピある都度、投稿日時も更新/ 記載順も変更しています。


Cpicon 簡単☆基本のプレーンマフィン by nyonta
 卵1個
 砂糖70g → 50g
 牛乳 55g
 薄力粉110g
 ベーキングパウダー 3g
 サラダ油 30g
 バター 30g

→我が家のマフィン型でも6個。
(アレンジ)
- これに煮りんごをトッピングして、fan付きオーブンで175度15分で焼き上がり。バターの風味があって、でもバター100%でないからか軽いのもあって、とても美味しい。
- 砂糖を40gに減らして、バナナ2/3本をブロック状に切ったものを小麦粉と同時に混ぜ、型に入れた後、残りバナナを輪切りにしたものをトッピング。fan付きオーブンで175度25分で焼き上がり。子どもに好評♪
→砂糖を40gに減らして、レーズン30gと茹でたサツマイモ適当を小麦粉と同時に混ぜる。fan付オーブン160度で●分。

春を呼ぶ☆生いちごとクリームチーズのマフィン
 卵1個
 砂糖50g → 30g
 牛乳大さじ2
 薄力粉100g
 ベーキングパウダー小さじ1
 バター50g
 いちご(ヘタをとって)80~100g
 クリームチーズ50g
 グラニュー糖 (お好みで)適宜

→生のいちごなので果汁が出てくる分しっとりするが、クリームチーズがいい仕事をするのか、ぐちゅぐちゅにはならない。バターの風味も生きて美味しい♪


Cpicon 簡単すぎる!!味は本格♫りんごマフィン by sweet_dolphin530

 卵1個
 砂糖 大さじ5→大さじ3
 薄力粉 大さじ5
 サラダ油 大さじ4 →オリーブオイルと菜種油を半量ずつ
 ラム酒(あれば)大さじ1/2
 シナモン(あれば)少々
 りんご(薄いいちょう切り)1/2個

→これにレーズン少々を加えて、fan付きオーブンで175度15分で焼き上がり。りんごからの水分でちょっと生焼けっぽく感じなくもないが、この手間でこの味は、かなりお得感あり。そんなに膨らまないので(作り方からして想像通り)、生地を型にけっこうたくさんいれても大丈夫。今回は我が家の型で5個で作ったが、小さ目だったので、4個がちょうどよいように思う。

→2回目に倍量で作って6個。生りんごの代わりに、砂糖大さじ1で電子レンジで加熱した洋梨1個とレーズンを入れたら、今回は結構膨らんだ


Cpicon ノンオイルノンエッグ☆豆乳バナナマフィン by めいふぁん
 薄力粉 110g
 強力粉 35g
 ベーキングパウダー 小さじ2
 塩3つまみ
 バナナ(中) 1本
 メープルシロップ 大さじ4 → 砂糖 大さじ2
 豆乳(牛乳、水でもOK) 100cc

→豆乳がなかったので、牛乳で。甘味を砂糖にした分、液体が少なくなったため、生地が固めで焼き上がりも固め。ノンオイルなので、紙製カップに生地がたくさんくっついてしまう。BPが多いので苦味が残るので、要改善。ノンオイルは魅力ありだけど、結構難しそう。

Cpicon 洗い物最小限!サラダ油で基本のマフィン by 凛子*
 薄力粉 120g
 サラダ油 50g
 砂糖 50g → 30g
 卵1個
 牛乳 50g
 ベーキングパウダー 小さじ1

→表面サクサク、中はしっとりに出来上がりました。ちょっと油が多めに感じるけれど。我が家のマフィン型で5個分。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2015-06-29 19:37 | クッキング

納豆作りに挑戦

1回目:2/26Thus蒸し&納豆菌入れ、27Fri~熟成
 - 納豆菌がついた状態の「白っぽい膜がかかった感じ」がよくわからず、20時間ほど発酵させていた
 - 保温はルクルーゼをオーブンで温め、中にゆたぽん、蓋はずらして、タオル不使用で、オーブン内。
 - 3/2M朝 初試食。豆が立っている感じ。香り、味は納豆だが、豆の中まで熟成していない感じ。3/6F少しずつ熟成進んだ気もするが、もうちょっと。今度は2週間熟成させよう。

2回目:3/2M蒸し&納豆菌入れ、3Tue~熟成
 - 保温は、ルクルーゼに少量お湯を入れてガスで点火して温め、中にゆたぽん、蓋をしてタオルでくるみ、オーブンへ。数時間おきに、ルクルーゼとゆたぽんの温め直し、オーブン50度へあげる
 - 蓋をしていたためか、発酵が遅い気がする
 - 3/9M朝 豆が立っている度合いは前回より低い気がするが、中まで熟成していない感じは残る。

3回目:3/9M蒸し&納豆菌入れ、10Tue~熟成
 - 納豆の量をこれまでの10-15粒程度から倍増(パックの1/5程度)
 - 保温は、ルクルーゼに少量お湯を入れてガスで点火して温め、中にゆたぽん、蓋をずらしてタオルで鍋を巻き(上部にはかけない)、50度に熱したオーブンへ。数時間置きに温め直しは2回目に同じ。18時間程度たった段階での白い膜の感じと香りはこれまでで最多だが、真ん中辺り(蓋がかかってしまっているところ)が薄かったので、ルクルーゼ無でゆたぽんのみで数時間追加
 -酸素が十分だったようで、発酵は問題なし。大事に少しずつ食べていたら、食べ始めから2週間弱でカビをはやしてしまった。小分け要


ということで、試行錯誤の結果、今のところのコツは以下の通り。
- 大豆は2時間蒸してやわらかく。1時間半以降の30分で随分変わる
- オーブンを100度近くまで熱して殺菌と保温を兼ねる。天板の上に、タオル、ゆたぽん、納豆を入れた容器の順に入れて、数時間ごとにゆたぽん温め直し、2回に1回はオーブンも加熱。
- 熟成度合いが浅いうちに食べる分と、熟成を待つ分とを容器を分けて、やたらと雑菌が入らないように。蓋も1週間弱で熱湯消毒。

[PR]

by smthng-new-evrydy | 2015-06-01 11:07 | クッキング