カテゴリ:Los Angeles(上記以外)( 36 )

LASIK 術後1年経過

昨年10月8日、Los AngelesのクリニックでLASIK手術を受けて、気が付けば1年経過しました。術後直後の経過は順調で、その後の3ヶ月ごとの定期チェックでも問題なしと診断。自覚症状としても、何らトラブルなく過ごしています。

LASIK手術前は、朝起きてからメガネやコンタクトをするまで、夜寝る前は視力0.1以下の世界だったし、日中もどうしても目が疲れた時は裸眼になって目を休めていたのに、術後は、朝から晩まで視力がよく全て見えてしまうという状態に慣れないこともあったけれど、1ヶ月もしないうちに慣れたような気がします。

人間、すぐに新しい環境に慣れるようで、約20年間もコンタクト生活をしてきたのに、いまやそんな生活をしていたのをすっかり忘れてしまうくらい、自然に過ごしています。どんなスポーツをするときも、お昼寝するときも、何をするにも、コンタクトを気にしなくてよいって、こんなにラクなことなのね、と、1年以上経ったことを認識した今日、改めて思いました。

と同時に、LASIKにより目がよくなったわけではなくて、角膜にレンズを作っただけの話で、私の目が疲れ知らずになったとか、強くなったってことではないってことを、改めて肝に銘じなければと思いました。というのも、目を酷使する日が何日も続くと、あるとき、一定時間、何も見えなくなってしまうのですが、ここのところ、そういう事態になる頻度が上がっているので。よく見えるのをいいことに以前より酷使してしまっているんだろうと思います。  反省。。。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-10-25 01:21 | Los Angeles(上記以外) | Comments(0)

車を手放しました。

帰国まであと1週間を切り、まだ車の買い手が見つからなかったので、業者さんに車を売ってきました。私の車は、VWの赤のNew Beetle。一般論としては車種にあまり興味のない私ですが、New Beetleは日本にいた時から興味のある車だったので、去年この車を持っている友人が帰国すると聞いた時に、すぐに手を上げて譲って頂いたもの。できることなら手放したくないけれど、東京での生活では車を使わないので泣く泣く売ることに。

2002年式と古いのですが、私が3人目のオーナーで、前のオーナー達(2人とも日本人女性)があまり乗っておらず、私も通勤に使う程度なので、44000マイル弱とマイレージが少なく、事故暦がなく、メンテナンスもしっかりしてきた車。日本以外にいると、どうしても日本人同士だと信頼感を持ちやすいということもあって、できたら日本人の方にお譲りしたかったのですが、マイレージが少ないゆえどうしてもお値段が高くついてしまい、なかなか見つかりませんでした。

で、仕方なく、CarMaxという中古車取り扱い店に買取をして頂いたのですが、メカニックの人曰く、非常にいい状態の車なので、strong offerを出します、とのことで、思ったよりも随分高く買い取っていただきました。


USでは中古車の個人売買が日本と比べ物にならないくらい一般的に行われており、その際に価格決定の目安によく使われるのが、Bluebookというもの。これでは、車種、マイレージ、地域、車の状態等を指定して、業者に売る / から買う場合、個人売買の場合等のお値段を知ることができます。お手数料等があるので、当然、業者に売る場合よりも個人売買の場合の方がいいプライスになります。

ところが。

今回、CarMaxでは、Bluebookの個人売買の場合のプライスよりもいいofferを出して頂けました。勿論、Bluebookの業者に売る場合よりもいいoffer。車種にもよるのかもしれませんが、こういうこともあるので、車の売却をお考えの方は、一度、査定に出してofferを出して頂くとよいかもしれません。

ご参考情報
CarMaxのHP → http://www.carmax.com/
Bluebook → http://www.kbb.com/
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-06-28 18:10 | Los Angeles(上記以外) | Comments(0)

PCCの生涯教育プログラム お勧め!

地元のカレッジ、Pasadena City Collegeが主催する生涯教育プログラム。誰でも授業料さえお支払いすれば受講できるもので、プログラム内容は、スポーツ、語学、音楽、芸術、勉強計と多岐に渡り、授業時間も平日の昼間から週末の夜まで様々。
※プログラム内容については、こちらご参照。

春夏秋冬、それぞれにプログラムが発表され、我が家は隣の市ということもあって、プログラムが書かれた冊子がポストに投函されます。平日の昼間は勿論、夜も現実的ではないので、週末のプログラムを中心に参加を検討してきましたが、新しいことを少しでもやってみよう!との思いを新たにした今年から、以下の3つのプログラムに参加しています。

この3つは、私が記憶する限り、春夏秋冬、どのタームでも開催されています。お値段がお安いので、受講する前は正直どうかなぁ、と思っていましたが、先生方がとっても丁寧に教えて下さるので、お勧めです! なお語学クラスは、かなり宿題もあって、大変なようですが、その分、力になるようです。


以下、感想です。

①1月~3月 指圧 (土曜午前1時間半×6回、授業料59ドル)
西洋人に、"Japanese Shiatsu"を教わるのは不思議な感じでしたが、習ったとおりにすると、それなりの効果が身体に現れ、全身の指圧をした翌日に走ると、身体にエネルギーがたっぷりあることが実感でき(身体が軽く、前に進む力がいつもより強く沸いてくる)なかなかよかったです。2人で参加したので復習を兼ねて家で練習できました。

②4月~5月 初心者向けゴルフ (土曜午前1時間×5回、授業料89ドル)
クラブすら持ったことの無い人でもOKと聞いていて、友人もこれに参加してコースを回れるようになった、とのことだったので、物は試しで参加。スニーカーをはいてくればよく、クラブもボールも全て授業料込。まだ1回しいか授業に出ていないですが、10人限定なので、先生が一人一人丁寧に見てくださり、なかなかよい!

③4月~6月 サルサ (土曜午後1時間×8回、授業料79ドル)
4月後半から始まるもの。これも相方と2人で申し込み。高校卒業以来すっかりダンスから離れてしまったけど、やっぱり踊りたい!、と思い、思い切ってチャレンジ。足がこんがらがりそうですが、これも家で練習できるので上達できるはず?! 楽しみです。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-04-10 23:18 | Los Angeles(上記以外) | Comments(0)

近所の公園でBBQ!

夏のように気持ちよく晴れ渡った日曜日。
通勤時に通る道から見えて、気になっていた近所の公園、Ernest Debs Regional Parkにて、BBQができるということで、行って来ました。 LAに住み始めて1年半もたつのに、公園でBBQって初めて。

b0123441_12104960.jpgこちらの人はたいてい、グリルで直接お肉を焼いていますが、ずっと外にあるグリルだし、洗ってあるわけでもなさそうなので、私は、お菓子を焼く用の使い捨ての型に穴を開けて使いました。これで充分焼けるし、お野菜が下に落ちることもない。

いやぁ、それにしてもアウトドアの食事っておいしい! 食事の後は木陰でお昼寝。その後、少し公園内をお散歩。

お隣の机には、スーパーから直接やってきた風の家族4人。子供2人は遊んで待っていて、両親がテーブルをキッチンさながらに使ってサラダを料理しながら、BBQでとうもろこしを焼き、お肉を焼き、別途持参した卓上用コンロでトルティーヤを焼き、楽しそうにランチしていました。

この公園、入場料も駐車料金も利用料もかかりません。コストゼロです。こういうのを手軽に味わえるって、贅沢な楽しみだなぁと思いました。


ERNEST E. DEBS REGIONAL PARK
b0123441_12111825.jpg住所: 4235 Monterey Road, Los Angeles, CA 90032
電話: (213) 847-3989
開園時間: 日の出から日没まで
URL: http://www.laparks.org/dos/parks/facility/debsEERegionalPk.htm
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-04-05 20:46 | Los Angeles(上記以外) | Comments(0)

カリフォルニア州 消費税アップ 4月1日から

カリフォルニア州において、4月1日から、1%ポイント、消費税が増税となります。 その結果、ロサンゼルス市内をはじめ、ロサンゼルス郡の殆どのところで、消費税は、9.25%になります。 ほぼ1割もSales Taxに取られるなんて! このTaxが何に使われているのやら。

最近、パトカーに止められている車をよく見かけます。これも罰金集めか?と思ってしまったり。

Governmentの財政が苦しいのもわかりますけどね。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-04-02 02:40 | Los Angeles(上記以外) | Comments(2)

ガール・スカウト・クッキー

職場の同僚から昨日、「明日は娘のガール・スカウトのお手伝いで、○○スーパーでのクッキー売りに1時~3時の2時間、付き合うのよ~。お暇だったらのぞいてね!」とお声がけ頂きました。 米国では、日本よりもガール・スカウトの活動がさかんで、よく親御さんたちから「クッキー売らなきゃ!」というのは前から耳にしていたので、米国文化の一端、という気がしていて、興味がありました。 そこで、さっそく行ってみました、○○スーパー。

ガール・スカウトのクッキーって、てっきり、お母さん達が手作りしたものを学園祭チックに売るのかと思い込んでいたのですが、違いました。なんと、全米共通で、ガールスカウト協会が手配した2社が焼いたクッキーを、各ガールスカウトに所属する少女達が売るというもの。クッキーはいつでも売っていいわけではなく、一定の定められた期間内のみ。
b0123441_15443385.jpg
ガールスカウト毎に、どれだけの資金を集めるか、どこでどうやって売るか、1箱あたりのお値段はどうするか、等、みんなで考えて決めて、実際に売り、収益金はそのガールスカウトの行事に使うそうです。単なる資金集めというのではなく、計画を立て実行に移し検証する、まさにPlan, Do & Seeの実践の場なのだそうです♪

同僚から指定された○○スーパーに少し早めに着いたら、同僚のお嬢さんの属するのとは別のガールスカウトがクッキーを売っていて、1箱12ドル! せっかくなので同僚のお嬢さんから買いたかったので、2時頃に改めて寄ったら1箱4ドル。 こんなにも値段設定が違っていていいのか、と思いながらも、おススメのフレーバーはこれよ、とか、お釣りはちゃんと用意しているわよ、とか、まぁおませさんながらもかわいらしい少女達。

私は、Dulce de LecheとSamoasの2種類を購入。お味の方は、まぁ普通の米国のクッキーって感じです。でも、彼女達の社会勉強にお役に立てた可と思うと、なんだか嬉しい。オンラインで予約して買うこともできるようですが、できたら直接彼女達から買った方が何かと楽しい気がします。

その他、クッキーについては、こちら
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-07 23:19 | Los Angeles(上記以外) | Comments(0)

Figueroa Produce Market

今年の夏にオープンした、お野菜が新鮮でお安い、一押しマーケット、Figueroa Produce Marketのご紹介。

b0123441_1041057.jpgここは、トップクオリティの商品を安価に提供しよう!をモットーに4人の若者が作ったお店。家族向けのお店を標榜しているため、大人だけの嗜好品であるアルコール類やタバコの取り扱いはありません。
店内はとても清潔で、明るく、スタッフの感じもとてもよいです。

お店の広さは日本の小型スーパー位ですが、デリには常時2人、レジに1~2人のほか、店内に「泳いでる」スタッフが2~3人はいます。「泳いでる」スタッフは、お野菜への水遣りや床の掃除、商品の点検、顧客対応係。果物は、試食品もおいてありますし、商品そのものをとってスタッフが試食を薦めてくれます。

野菜&果物
仕入れ基準にかなったもののみを仕入れるということで、いつも同じものが店頭に並んでいるわけではありませんが、キャベツやじゃがいも、玉ねぎ、トマト、各種ハーブ等のほか、白菜や日本のお茄子、大根等の和食に合うお野菜も並んでいます。今の季節はかぼちゃもたくさん。

これらのお野菜や果物の鮮度は、農家の方が直接売るFarmer's Marketと同じまたはそれ以上。不覚にも冷蔵庫で長期保存してしまっても元気いっぱいの野菜たちは、本当に新鮮そのもの。 そして、とってもお安い。

創立者のモットーがまさに実現されています。平日夕方に開催される地元のFarmer's Marketにも、職場の近くで昼間に開催されるFarmer's Marketにもなかなか行けず、やむなくスーパーでお野菜を調達していた私ですが、いまはすっかりこちらに乗り換えました。

お肉
主に鶏肉と牛肉。豚肉は少なめです。価格はリーズナブル。
今日、Rib Eye(5ドル強/lb)を購入し、ステーキを焼いてみました。少しだけ筋がありましたが、脂身も赤身も、お肉の味がしっかりとしていて、普段使いにいい感じ。おもてなしには、もう少しいいお肉の方がいいかな、とは思いますが・・・。

魚介類
種類・数は少ないですが、サーモン、ティラピア等が少し。海に近いわけではないので鮮度はわかりませんが、ティラピアの一尾ものを見る限り、目が済んでいたので、古くはなさそう。

乳製品
いろいろな種類のチーズがあります。その他ヨーグルト、牛乳等も豊富。これもまだチャレンジしてません。

ナッツ、ドライフルーツ、その他乾物
とってもとってもお安いです。そしておいしい。
なんでも、お店で大袋で仕入れたものを小分けにパックしているとか。スーパーで同じものを買う場合の半額です。

輸入食品
アジア系から南米系から欧州系まで、いろいろなものがあります。なぜか練りわさびもありました。どういう基準で商品を選んでいるのかはわかりませんが、見ていると面白い。先日はイタリア産のアンチョビを試しましたが、おいしかった!

その他
パン類、シリアルや米類、クッキー等のお菓子類、砂糖や小麦粉等も取り扱っていますが、これらのお値段はスーパーと同じくらい。

b0123441_1035691.jpg行き方
- 車の場合
CA-110のYork Blvd出口を出て、York Blvdを北西方向に0.3マイル進み、右手にある99セントショップの看板があるモール。駐車場の入り口はYork Blvd沿いのFigueroa St.の手前。Figueroa St.の角まで進んでしまったら、右折してすぐ右手にも駐車場の入り口あり。

- 電車の場合
Gold LineのHighland Park駅を降りてAvenue 57を南東方向に歩きFigueroa St.に出たら左折しひたすら前進。York Blvd.との交差点の北東にあるモール内。


Figueroa Produce Market
住所: 6312 North Figueroa Street, Los Angeles, CA 90042
電話: (323) 255-3663
営業時間: 7am - 9am(月 - 土)、8am - 7pm(日)
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-11-15 23:58 | Los Angeles(上記以外) | Comments(2)

LASIK後 術後2回目診察 & これまでの目の調子メモ

LASIK手術を受けて2週間。基本的に快調です。 月曜に2回目の診察を受けたので、それまでの目の調子と診察結果をメモします。

1.診察までの目の調子メモ

10月 8日(水)  手術直後で0.5位の実感。2時間半後で0.8位の実感。
10月 9日(木)  起床時1.0の実感。右目のみ、白っぽい光を見ると一定の正方形の角および変の真ん中(つまり8点)に3原色の光が見える。左目にはこの症状なし。室内灯をまぶしく感じるが、帰宅の運転時にはまぶしさは感じず。PC使用は少しつらい。
10月10日(金)  PC使用しても目が疲れない。右目の3原色の光の症状は継続。
10月11日(土)  涙成分の目薬を差すと5分ほど視力が落ちる傾向あり。午後5時過ぎから就寝まで、右目の視力が0.8位に落ちている実感。
10月12日(日)  涙成分の目薬を差すと5分ほど視力が落ちる傾向あり。
10月13日(月) 視力は安定。今日から炎症止めの目薬と抗生物質の目薬ストップ。
10月14日(火)  左目の表面(おそらくフラップ)がたまに痛む。まぶたの上から軽く手が当たってしまう時とか。 視力は安定。涙成分の目薬忘れがち・・・。
10月15日(水)  左目の症状継続。
10月16日(木)  左目の症状が、手が当たらない場合でもたまに痛むように。翌日の診察予約を試みるも空きがなく断念。
10月17日(金)  左目の症状が水曜と同じレベルに。右目の3原色の光の症状は術後ずっと継続。
10月18日(土)  金曜と同じ。
10月19日(日)  土曜と同じ。
10月20日(月)  術後2回目の診察。


2.診察結果

- 目の状態は非常によいし、フラップも問題なし。視力は、術後翌日と同じで両目とも1.0。
- 目が痛く感じるのは、ドライアイになっているから。目薬をちゃんと2時間ごとにさすこと。
- また、目の下半分が帯状に乾燥している。これは、睡眠中に目を完全には閉じていないからなので、これから3ヶ月ほど、睡眠直前に下まぶたに薬を塗ること。
- 冬に向かって乾燥度が増すので、目薬はしっかりさすこと!!


3.ひとこと

全然ドライアイになっていないと思っていたら、なんとドライだったみたい。自覚していないって怖いですね。
睡眠中にいわゆる半目だったとは、知りませんでした。確かにお薬つけたら、翌日起きたとき、目がラクでした。いままで、朝はいつも目が痛かったのですが(かれこれ10年ほどかなぁ。。。)、どうもそれは乾燥のせいのようです。
目薬をちゃんと2時間ごとにさすようにしてから、左目の痛み、なくなりました。右目の3原色の光はいまなお健在ですが・・・。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-22 23:30 | Los Angeles(上記以外) | Comments(0)

LASIK体験記

LASIKを受けるぞ、と一大決心をした私は、LAにある数あるクリニックのうち、L.A. Sightという、UCLA近くのクリニックで受けてきました。

以下、手術前日、当日、翌日の体験記をまとめてみました。当日は全身がちがちに緊張して、いま思い出しても緊張しますが、手術が成功した今、受けてよかったと改めて思っています。


手術前日(10月7日)
食事は普通に。コンタクトレンズは最低でも24時間は外して手術に臨むこと。
アイメイクは禁止。
なお、コンサルテーションの前は3日間はコンタクトレンズを外しておく必要があります。私はなるべくいい状態の角膜で手術に臨みたかったので、コンサルテーション後もコンタクトレンズを装用せず、結果として10日程、コンタクトレンズの装用を止めました。

手術当日(10月8日)
1. 注意事項
手術前にあまり食べ過ぎないこと。当日はアルコール、アイメイクとも禁止。
術後直後はまだ視力は回復しないので、必ず家まで送ってくれる人を手配すること。
手術前に全てのお化粧を落とし、ローション等も塗らないこと(レーザーに反応してシミになってしまう虞があるそう)。

2. クリニック到着
15時の予約だったが、10分ほど早く到着。受付にいると、手術が終わり満面の笑みで手術室から出てくる患者さんを見かける。それでもがちがちに凍っている私を見て、ドクターが「大丈夫だよ~」とハグ。人間、不思議なもので、信頼している人にハグされると少し落ち着くものです。

コンサルテーション時にあまり視力が出なかったので、再度、度の検査。その結果、コンサルテーション時に示された度数よりも低いレンズで、1.0の視力が出ることが判明(これまで使っていたコンタクトレンズより少し強い度数)。

少し暗いお部屋に通され、精神安定剤の錠剤を飲み、麻酔用の目薬を何種類かさした後、カウチでリラックスするよう言われて15分。手術中、一定程度、視界が真っ暗になって何も見えなくなるけれど、それは普通のことだから心配しないように、との注意。 えっ? 何も見えなくなるって?? と緊張が走る私。

3. 手術室へ
予定の15時半を過ぎ、手術室へ入る。ドクター、検査技師さん2人、助手さん2人の計5人で手術を担当。手術の一部始終は手術と同時に大きなスクリーンに映し付き添いの人が見ることができ、またそれををDVDに録画しているので、後で自分で見ることも可能。

手術台に横になると、クマのぬいぐるみと毛布を渡されました。ぬいぐるみでちょっとリラックス。でもやっぱりがちがち。

4. フラップ作成
私はレンズの度が強い割に角膜が薄いので、レーザーでフラップを作成する方法を選択。

まず右目から。左目にアイパッチのようなものをつけて目を覆い、右目にはまぶたを閉じられないようにするため、眼球にガバっとリングをはめる。麻酔をしているので痛くはないが、押さえつけられることへの不快感は感じる。 しかし何より・・・・、視界が徐々に真っ暗になり、あせりました。何にも見えません。ドクターに、「何も見えないんですけど」というと、「大丈夫、正常だよー」と。視界が戻らないんじゃないか、という恐怖で、「あぁ、終わった・・・。」と思いました(←短絡的・・)。が、徐々に、フラップ作成の機械が放つ光(4箇所に白い蛍光灯が2本ずつ並んでいるように見えました)がぼんやりと。特に痛みもにおいも感じずに終了。 リングを外すと、徐々に視界が正常に戻りました。

次に左目。さっきと同じことを繰り返しますが、フラップ作成中、若干ピリッと痛い感じがして、緊張。目が見えないのも同様。

これらのフラップ作成はあっという間でした。両目で5分以内と思われます。

5. レーザー照射
まず右目から。左目を覆い、右目にリングをはめるところまでは同じ。また見えなくなり、またドクターに「見えないよー」と訴えるということを繰り返します。その間に目を刷毛のようなものでなでてます。多分消毒中。先ほどよりは早く視界がぼんやり復活してきて、今度は、緑色の光が一点見え、フラップをあけると視界がものすごくぼんやりになり、緑色の光に加えて見える赤い光(円状)が見えてきます。 ではレーザーを照射するよ、との声と同時に、ドクターが私の顔を軽く抑え、レーザー照射。赤い光と緑の点が見えるだけですが、髪の毛がこげたようなにおいが軽く漂ってくるので、レーザーで角膜が焼かれているのがわかります。勿論痛みはないです。 私は度が強いので、30秒近く照射。ラスト15秒になるとカウントを始めてくれるので、安心です。 終わるや否や、刷毛でなでなで(その都度、赤い円状の光の形がハケを動かす方向にびにょーんと伸びて見える)、フラップを戻して刷毛で再びなでなで。何種類もの目薬を投入されて終了。 フラップを戻した段階で、明らかにさっきより天井がよく見えるのを感じる。

次に左目。右と同じことを繰り返します。フラップ作成中、若干ピリッと痛かったので、レーザー痛かったらどうしよう、と実は不安でしたが、全く痛みなし。

両目で10分くらいかな。

6. First Look
天井を両目で見上げると、術前と明らかに違う。窓の外を見てごらんといわれて除いてみると、4車線の道路の向こう側にあるビルの看板がよく見える(この段階で視力0.5はあると思います)。つい15分ほど前には「終わった。。。」とか思っていた私が、手術の成功を実感してニコニコ顔に(←単純。。。)。

7. 手術後検査
目の表面を見て、フラップの状態をチェック。良好。
翌朝起きるまで、目の保護用ゴーグルを装用するよう指示され、終了。ゴーグルは、ホコリから目を守り、また物がぶつかるのを防ぐためのもの。

8. 家路
手術直後よりもどんどんはっきりと周りが見える! それが嬉しくてあちこち見回したいのですが、あまり目を使わない方がいいというのと、太陽でまぶしかったので、基本的には目を閉じて帰宅。

9. 自宅にて
手術2時間後位に、麻酔が切れてきたのか、ちょっとちくっと痛い。まつげが目の中に入った時くらいのちくっと感。緊張疲れか、6時前に一旦入眠。9時頃起きて夕飯を軽く済ませて再び熟睡。9時頃には0.8くらい見えてました。

手術翌日(10月9日)
12時間たっぷり睡眠し、朝6時に起床。昨夜は手術後、目の周りを触るのが怖く、なんとなく目薬がまつげに張り付いた感があったのだが、朝は顔を洗ってよいので、洗い外を見る。 見える!!!!

自ら車を運転してクリニックへ行き、以下の通りの目薬点眼指示(a)(b)を受け、次回診察は10日~2週間後でOKとの診察。手術で角膜を走る神経を切断しているため、目が乾いたと感じることができないため、神経が回復するまで(b)が必要とのこと。目が乾いたな、と感じてからでは遅い、ので要注意。

(a) 最初の4日間は、1日3回、炎症止と抗生物質を1滴ずつ点眼。
(b) 手術後8週間、2時間おきに、涙成分の目薬を1滴ずつ点眼。飛行機に乗る場合は30分ごと。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-18 23:12 | Los Angeles(上記以外) | Comments(0)

LASIK速報

8日午後3時半過ぎから約15分ほどのLASIK手術を受け、直後の検査を受けた後、家族に迎えに来てもらい帰宅。その時点でかなり視力が上がっていました。術前に精神安定剤のようなものを渡されて飲んだせいか、手術で緊張して疲れたせいか、帰宅後11時間ほど爆睡。

今朝、さすがに睡眠をとりすぎて5時に起床。視力はばっちり。コンタクトを装用したとき以上に見えている実感。朝一番の検査のため、自分で1時間10分ほど車を運転してクリニックへ。午前8時半からの検査を受け、経過良好とのこと、しばらく目薬とお友達になることに。

まだ翌日ということで、あまり目を使わない(とくに文章を読む際の目の動きはよくないらしい)方がいいということ、そうは言っても仕事は仕事で、午前10時から10時間ほど目をいつも通り酷使したので、帰宅後のPCはなるべく控えたいので、詳細は後日書きます。

取り急ぎ、経過良好につきご報告でした♪
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-10-09 22:08 | Los Angeles(上記以外) | Comments(4)