泡盛 「菊の露 島の匠」(宮古島 海宝館限定)

b0123441_9565056.jpg両親が去年はまっていた泡盛、宮古島の「島の匠」。去年6月に一時帰国した際にも実家でちびちび飲み、これはおいしいということで、1本お土産にもらって米国大陸に再上陸。しばらく飾っていましたが、先日やっと開けました!

泡盛とは
焼酎のルーツともいわれる国内最古の蒸留酒。タイ米(インディカ米)と黒麹菌で麹を作り、これにお水と酵母を加えて発酵させ、単式蒸留機で蒸留する。基本的には500年前からこの方法で造られているそう。 ちなみに、焼酎は、米と白麹菌で麹を作り、これにお水と酵母を加えて発酵させ(一次仕込み)、次に芋や麦等を加えて発酵させる(二次仕込み)。

沖縄県泡盛PR普及委員会のWebsiteより要約)


「菊之露 島の匠」
約600年前に隆起して出来た珊瑚礁の島、宮古島でのみ作られている古酒。9年ものです。
宮古島の水は、隆起珊瑚礁の自然のフィルターを通じて、ミネラルを多く含む、弱アルカリ性。これが泡盛の仕込み水として最高の水質なんだとか。菊之露は、500年の伝統に基いて作られているそうです。

9年も熟成させているだけあって、舌触りはまろやか。米が原料なので香りもきつくなく、するすると飲めてしまうおいしさ。宮古島の黒糖をツマミに飲むもよし、ちょっとジャンキーなものをツマミにするもよし。アルコール分37%。

なお、宮古では、黒糖を泡盛の中に入れて飲むそうです。これ、飲みやすくていくらでも飲んでしまい、酔っ払いますので要注意!

ひとこと
両親はそれほどはお酒を飲まないので、5本送って頂いたのよ、と聞いた時は、一体、飲み終わるのに何年かかるやら、と思っていましたが、あまりのおいしさに、2人でかなりの速度で飲んでしまったそう。5本のうち1本は私がもらってしまったし・・・。そろそろ、2nd roundに入っているのかも!

購入方法
FAXにて、以下のところ宛に注文。5本以上であれば、日本国内なら送料無料で送って下さいます。
島の匠 2,310円(税込)
黒糖    500円(税込)

宮古島海宝館
〒906-0101 沖縄県宮古島市城辺字保良591-1
TEL 0980-77-2323 FAX 0980-77-2010
http://www.kaihoukan.co.jp
E-mail info-web@kaihoukan.co.jp
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2009-03-09 23:49 | グルメ