ル・クルーゼで簡単! あめ色玉ねぎ

シチューものには欠かせないあめ色玉ねぎ。  わかっちゃいるけれど、時間と手間がかかるので、あめ色になるまで炒めるのは省略しがちでしたが、平野由紀子さん著「「ル・クルーゼ」で作りたい料理」に載っていたオニオングラタンスープの作り方を参考に、ル・クルーゼとオーブンのあわせ技で、手間をかけないあめ色玉ねぎができました! これは、お勧めです♪

(作り方)
1. オーブンを点火。200℃まで温める。
2. 玉ねぎをみじんぎりにする。
3. ル・クルーゼを熱し、温まったらオリーブオイルを加え、1.を投入。
4. 塩こしょうを少々振りいれ、木べらで炒め、全体に油が回り少ししんなりしてきたら、ふたをせずに、200℃のオーブンの中段に入れる。
5. 15分経ったら、一度お鍋を取り出して全体をかき混ぜ、再びオーブンへ。
6. さらに15分経ったら、もう一度お鍋を取り出して全体をかき混ぜ、オーブンへ。
7. さらに15分~20分(計45~50分)経ったら、お鍋を取り出して(この時の写真は左下)、弱めの中火にかけながら木べらで炒め、「あめ色」にする(右下の写真)。b0123441_8413161.jpgb0123441_8415286.jpg

平野さんレシピでは、7.の工程はありませんが、最後までオーブンにお願いしてしまうのは、こげてしまうリスクがあると思うので、最後は自分の手で色を見ながら炒めた方が失敗がないかな、と思っています。あめの色が濃くなるのは、最後の最後はとっても早いから。

お鍋を取り出すタイミング(15分後、30分後、45~50分後)は、タイマーをかけるなどして正確に守った方がいいと思います。わたしは6で取り出すのが、40分近く経った時になってしまい、少しこげが出来てしまいました。。。

ひとこと
今回は、普通の大きさの玉ねぎ2.5個分を、直径18cmのココットロンドで作りました。最初は底から3cm位あった玉ねぎが、見事に小さくなり写真の通り。
自分の手で最初から最後まで炒めるよりは、時間が長くかかりますが、手間は最初と最後だけ。その間に他のお料理を作ったり、お勉強したりできます。 あ、でも、オーブンから玉ねぎのいい香りが漂ってくるので、お勉強には集中できないかも(笑)。
[PR]

by smthng-new-evrydy | 2008-05-26 12:36 | クッキング